【海外の反応】『天空の城ラピュタ』は久石譲の音楽が素晴らしいと話題に!!

スタジオ・ジブリ

スタジオジブリの初期の代表作『天空の城ラピュタ』。

日本でも大人気の作品ですが、海外のジブリファンにも人気の作品です。

それでは『天空の城ラピュタ』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『天空の城ラピュタ』の海外の反応

エキサイティングな2時間を過ごしたい人にうってつけ

エキサイティングな2時間を過ごしたい人にとって、『天空の城ラピュタ』はうってつけです。アートワークは、後の宮崎の映画のように壮観ではありませんが、想像力豊かなキャラクターや場所、信じられないほどエキサイティングなアクションシーン、息をのむようなフライトシーンなど、観るのに十分なほど幻想的で豪華です。そして、この物語に登場するキャラクターは宮崎の他の作品ほど複雑ではありませんが、それぞれは映画が終わった後も視聴者の記憶に残る忘れられない魅力的な性格を持っています。特に、ドーラは素晴らしいキャラクターで、息子たちに命令を叫び、シータを保護するなど、私の一番好きなキャラクターです。

2時間の映画の中で常に楽しさと集中力を保っている

アニメのファンは、この映画をGainaxのSFアドベンチャーシリーズ『ふしぎの海のナディア』とよく比較しています。結局のところ、両方の作品は似たようなストーリーとキャラクターの要素を共有しています。それらは両方とも宮崎自身のアイディアから作られたものだからです。両者の違いは、ストーリー展開にあります。ナディアは、大部分は魅力的でしたが、途中で間違った方向に展開し、印象的な結末をもたらしたにもかかわらず、主要なプロットから逸れてしまい漫画的なナンセンスに変わりました。一方、『天空の城ラピュタ』は、2時間の映画の中で常に楽しさと集中力を保ち、優れています。

英語吹き替え版もおすすめ

純粋主義者はおそらく元の日本語版を観ることを好むでしょうが、私は宮崎の映画を英語吹き替えで見ることに何も悪いことはないと思います。『天空の城ラピュタ』も例外ではありません。とはいえ、この映画には2種類の吹き替え版があります。数年前に未知の会社「Streamline」によってリリースされたに吹き替えば版は、1989年に短期間でリリースされたが、急いで制作されひどく演技された吹き替えだったため、すぐに消えてしまいました。その後、1998年にディズニーが製作した最新バージョンは、オールスターの声優と、興味深いことに、映画の作曲家である久石譲によるシアトル音楽オ​​ーケストラによる再録音された楽曲を使用していることが特徴です。どちらがより良いバージョンであるかは、議論の余地はありません。ジェームス・ヴァン・デル・ビークのパズーは元のキャラクターよりもかなり成熟しているのに対し、アンナ・パキンのシータは時々奇妙なアクセントで話します(実際にキャラクターには合っています)。とはいえ、どちらも全体的に良い仕事をしており、全体を通してかなり信頼できる役を演じています。しかし、この英語吹替版が本当に楽しいのは、特にクロリスリーチマンのドーラとマークハミルのムスカが、本当にはまり役だからです。この英語吹替版を見る理由はこの2つです。もう1つの理由は、久石譲による前述の再録された楽曲のためです。オリジナルの日本版のいくつかの非常に静かなシーンを新たな音楽で埋めてくれています(特にドラゴンが嵐の雲を通るシーン)。全体的な作り直しは素晴らしく、特に巨神兵が要塞を破壊し、最後にクライマックスの瞬間を迎えます。ここで、久石はビジュアルにマッチした彼の音楽作成し、汎用性と天才を示しています。(元の日本語のトラックはDVDにあり、元の変更されていない楽曲で完了します。)

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

世界で最高のアニメ作品

『天空の城ラピュタ』は世界で最高のアニメ作品だと思います。正直なところ、このアニメについて嫌いなものは一つもありません。それは、友情、忠誠心、欲望、そして人々の自然とのつながりについての、本当に心躍る冒険物語です。アニメは無邪気に、そして幸福に始まりますが、敵対者の邪悪な野望が明らかになるにつれて、作品はすぐに暗くなります。善と悪のキャラクターはすべて完全に作成されていて、観るのが面白いです。私はこれを小さな子供のように何度も見ていたのを覚えていますが、私はまだ『天空の城ラピュタ』のVCRテープを持っています。この映画をまだ見ていないなら、何歳であろうと、人生で少なくとも数回は見るべきだと思う。

キャラクターや場所が本物であることを願っています

多くの人が、「元気」を宮崎氏の最高の芸術品だと考えています。この点で『天空の城ラピュタ』は他の作品よりはるかに優れていると思います。この映画について話しているときに最初に思い浮かぶのは、音楽です。それは陶酔的で驚異的です。雰囲気に完璧にマッチします。画像と撮影も優れています。他の多くの宮崎映画のように、映画の神秘的で不思議な側面がしばしば脚光を浴びています。ただし、物語で最も強いのは、冒険の雰囲気とトーンです。見終わったら、何か特別な感覚が残るでしょう。君は『ハリー・ポッター』のように、これらのキャラクターや場所が本物であることを願っています。この映画の哲学的な解説もお楽しみください。私が思いつくことができる唯一の欠点は、英語の吹き替えです。英語版は終わり近くでいくつかの音楽にすばらしい変更を加えましたが、声の演技はキャラクターの年齢に対して相応ではありません。私は日本語版をはるかに推奨します。この映画、キャラクター、音楽、イメージ、ストーリー、そして創造性についてのすべてが大好きです。これまでに作られた最高のアニメーション映画ではないかと思います。

非常に複雑なメッセージがあります

『天空の城ラピュタ』には非常に単純なストーリーですが、テクノロジーの発展がもたらした顛末について、非常に複雑なメッセージがあります。この世界のテクノロジーで何ができるかに関わらず(武器、ミサイル、戦車、テクノロジーベースの何かを作るなど)、地球は調和と愛なしに生きることはできません。人類として生き残るためには、過去を手放して、物事を動かし、より良くしなければなりません。

キャラクターが素晴らしいです

キャラクターが素晴らしいです。私はドーラが大好きで、彼女はとてもおもしろいだけでなく、私たちの主人公により多くの信頼を持っている非常に心の深い人です。私はまた、ドーラの海賊の家族が大好きです。彼らは個性と非常に素晴らしいカリスマ性に満ちています。ムスカ大佐は悪役としてショーをもり立てますす。メインヒーローであるシータとパズもこの映画で素晴らしいです。そして彼らの化学反応は映画全体を通して本当にうまくいきます。

アニメーションと音楽が素晴らしい!!

スタジオジブリのアニメーションは目を見張るものがあり、アニメーターが映画にかける努力と想像力が大好きです。ラピュタの土地の細部と構造は息をのむほどです。壮大で、空中に浮かぶ建築物、ラピュタの庭を観ることは本当に素晴らしいことです。私の目には天国のように見えます。キャラクターモデルは表情豊かで、よく描かれたキャラクターでいっぱいです。これは1986年の映画であり、にもかかわらず見栄えがよく見えます。アクションセットは、海賊が飛行船に侵入し、シータがそれらから逃げなければならない場面や、シータを保護しようとしながら巨神兵が目覚め、基地を破壊する場面など、非常にエキサイティングです。久石譲のサウンドトラックも素晴らしいですし。多くの音楽ファンに見落とされていますが、見逃すべきではありません。それを聴くのは息をのむようなもので、映画のムードを作り出します。全体として、『天空の城ラピュタ』は魅力的で素晴らしい、想像力に富んだ作品です。

スポンサーリンク

おわりに

『天空の城ラピュタ』の海外の反応でした。

  • エキサイティングな2時間を過ごしたい人にうってつけ
  • 2時間の映画の中で常に楽しさと集中力を保っている
  • 英語吹き替え版もおすすめ
  • 無料でアニメを見る方法をご紹介!!
  • 世界で最高のアニメ作品
  • キャラクターや場所が本物であることを願っています
  • 非常に複雑なメッセージがあります
  • キャラクターが素晴らしいです
  • アニメーションと音楽が素晴らしい!!

などの声が聞かれていました。

↓ジブリアニメの海外の反応まとめ↓

【海外の反応】海外で人気の「ジブリ映画」7選!!
日本のアニメを世界に知らしめたジブリ映画。 文化や言語の違いを越え、世界中で愛されています。 そんなジブリ映画のなかでも、海外で人気の映画はどの作品でしょうか。 海外で人気のジブリ映画を集めてみました。 海外で人気の「ジ...
スタジオ・ジブリ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました