【海外の反応】『のだめカンタービレ』は音楽が本格的と海外で話題に!!

ノイタミナ

本格的なクラシック音楽が話題となったアニメ『のだめカンタービレ』。

クラシック音楽ファンの人もファンじゃない人も楽しめるアニメとそて、海外でも話題となっています。

『のだめカンタービレ』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『のだめカンタービレ』の海外の反応

アニメが原作を超えてきます

現在、多くの人が漫画に忠実であるという理由で「鋼の錬金術師:ブラザーフッド」シリーズについて絶賛していますが、多くの人が忘れているようですが他にも原作に忠実な漫画は存在します。例えば『げんしけん』『エア・ギア』『史上最強の弟子ケンイチ』『のだめカンタービレ』などがあります。これに加えて、『ブリーチ』『ナルト』『ワンピース』などの長い間続いているアニメの多くは、一般的にメインストーリーは漫画に忠実ですが、アニメオリジナルの物語や意味のないエピソードも提供する傾向があります。元のマンガに忠実なアニメの多くは、特に原作が良い場合、アニメの出来もかなりまともである傾向にあります。そして『のだめカンタービレ』のような音楽を題材にした場合、アニメが原作を超えてきます。これは他のアニメではあまり起こりませんが、『のだめカンタービレ』は音楽がしっかりと演奏されているため奇跡的にこの現象がおこりました。

本格的な音楽とユーモアの掛け合わせ

私がこのシリーズに魅了された理由の1つは、クラシック音楽が好きだからですが、それでも『のだめカンタービレ』をこれほど楽しめるとは驚きました。このシリーズは、クラシック音楽は安定した演奏で適切に使用され、典、コメディはその緊張と緩和にとてもタイミング良く使用されています。ユーモアの多くは、音楽、特にのだめの悪名高い「おなら体操」の知識がなくても簡単に楽しめます。クラシック音楽とコメディのこの奇妙だがうまく掛け合わされた組み合わせは、他の作品とは違う味わいがあります。

音楽を割愛することに消極的である姿勢が立派

クラシック音楽に焦点を当てたシリーズとして、サウンド部門は、ラフマニノフからバッハまで、有名なマエストロの多くを活用しています。キャラクターが演技や練習をしていないときは、松谷卓が有名な作曲のビンテージクラシックトーンとシームレスに調和するスコアを提供すると同時に、コメディシーン用にさまざまなアップテンポで軽快なトラックを提供します。シリーズが進行し、オーケストラと大規模なパフォーマンスを導入する際に、スタッフが長い楽曲を使用することをためらわないことに特に注目に値します。『のだめカンタービレ』のエピソードは22分間ですが、オーケストラのパフォーマンスを主題とするエピソードでは、多くの場合、その半分または3分の1の時間が演奏シーンのみで構成されます。スタッフの献身と音楽を割愛することに消極的であることは立派です。楽曲を長時間再生できるようにすることで、視聴者は音楽の美しさと体験を得ることができます。音楽は『のだめカンタービレ』では慎重に取り扱われ、完璧に演奏されます。

【PR】人気のアニメが見放題!!「dアニメストア」

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

インスピレーションとノスタルジーの両方

私はクラシック音楽の長年のファン、アマチュアピアニスト、かつてのクラリネット奏者として、『のだめカンタービレ』はインスピレーションとノスタルジーの両方でした。ピアノをもっと弾きたいと思うようになり、学校でバンドやオーケストラを演奏するのが本当に懐かしくなりました。それは教育的であり、クラシックミュージシャンの世界とキャリアについて知ることができ、感動的であり、それを個性的なキャラクターたちが可能にしています。それは時に陽気で非常に馬鹿げたものでしたが、一線を越えて作品をだめにすることはなかったと思います。クラシック音楽のファンではない人にとっても、このシリーズは楽しむことができると思います。クラシックファンである人にとっては、間違いなくこのシリーズをお見逃しなく。

音楽があなたの静脈を駆け抜けるのを感じてください

このアニメを本当に評価するには、音楽要素の美しい流れとユーモアの混合を理解する必要があります。キャラクターは、音楽への情熱とユニークな背景なしでは輝きません。漫画と違い、アニメーションでは、絵と音楽のシンクロがなければ傑作にはなりません。 時々目を閉じて、音楽があなたの静脈を駆け抜けるのを感じてください。織りなす音楽と混ぜ合わさったキャラクターの感情を想像すると、必ず鳥肌が立つでしょう。

音楽に不満はない

アニメのような音と映像が無限の可能性を示す媒体は、シューベルトやベートーベンの時代を超越した交響曲を扱うのに最適だと思いますが、悲しいかな、『のだめ』はアニメーション予算の関係で短期間で終わります。数え切れないほどの静止フレームのパンと、扱いにくいCGは、シーンの品質を損ないます。ちあきとのだめのパフォーマンス中に画面を見るのではなく、目を閉じて聞き入る方が本当に良いです。パフォーマンスシーンの外では、アニメーションは十分に立派ですが、それは控えめで、当たり障りがなく、視覚的な印象を残すものはありません。しかし、『のだめカンタービレ』の最も強い側面は音楽であり、間違いなくそうであるはずです。これは音楽を中心に展開する作品であり、品質の低いものを使用するのは恥ずかしいことです。音楽で不満を言うことはほとんどありません。

演奏者の手が音楽の音にフィットしている点は驚き

一見したところ、この作画に対する私の印象は「ハチミツとクローバー」ででした。チェックすると、両方のアニメーションに同じアニメーター、同じスタッフがいます。特に明るい色の使用は驚くべきものでした。欠点は、キャラクターの顔を区別できないことです。一部のマイナーキャラクターは同じ顔の特徴を持っているため、誰が誰であるかが判別が難しくなります。アニメーションで私が気に入っているのは、演奏者の手が音楽の音にフィットしていることです。それは、演奏者がピアノに座って、バイオリンを演奏し、オーケストラで演奏する人々がランダムに動いているというアニメーションではなく、音楽を奏でる演奏者の手は正確に演奏しています。ミュージシャンの目を欺くことはできません。アニメーションと音楽のタイミングを合わせるのはとても難しいでのですが、見事に成し遂げています。

魔法にかけらているようでした

さまざまな国で何度も映画にリメイクされたアニメ『のだめカンタービレ』の優れた点、それは美しさです。やや未熟な主人公2人の成長は、関係だけでなく、性格においても巧みに描かれています。さらに、モーツァルト、ベートーヴェン、バッハ、ラフマニノフ、ドビュッシー、シューベルト作曲による傑作を含む、非常に美しいクラシック音楽が追加されています。この音楽は、シリーズに情景と楽しさを追加するだけでなく、音楽がシリーズのキャラクターや関係に(人々)にどのように影響するかが楽しめます。私は有名な魔術師のライブパフォーマンスコンサートにいるかのように感じました。気分は、魔法にかけらているようでした。

音楽を知らない人も置き去りにしない

私はこの作品について非常に心配していた。結局、私は『のだめカンタービレ』を観るのを2週間も見送りました。音楽、特にクラシックについて私はまったく何も知らないからです。楽器が何であるか、完璧に演奏できるようになるまでにどれくらいの時間がかかったかなどは、私には関係ありません。『のだめカンタービレ』を知ったとき、私は興味をそそられましたが、ためらいました。これはクラシック音楽、楽器、オーケストラに関する知識が必要なアニメだと思いました。ところが、私は最初のエピソードを観てすぐに夢中になり、1日半かけてすべてのエピソードを観終えました。必要だと思っていた音楽の知識が必要ではないことを、喜んで見つけました。このアニメが最も得意とするのは、音楽の世界についてすべてを伝えることですが、あなたを置き去りにするわけではありません。あなたが2年生で練習するように作られたフルートを知らない場合、それは実際には問題ではありません。このアニメは、ミュージシャンだけが複雑さを理解できるようなハイカラーを目指していないということです。

スポンサーリンク

おわりに

『のだめカンタービレ』の海外の反応をお届けしました。

  • アニメが原作を超えてきます
  • 本格的な音楽とユーモアの掛け合わせ
  • 音楽を割愛することに消極的である姿勢が立派
  • インスピレーションとノスタルジの両方
  • 音楽があなたの静脈を駆け抜けるのを感じてください
  • 音楽に不満はない
  • 演奏者の手が音楽の音にフィットしている点は驚き
  • 魔法にかけらているようでした
  • 音楽を知らない人も置き去りにしない

などの声が聞かれていました。

「ノイタミナ」作品の海外の反応まとめ
コアなファンの多い深夜アニメ枠「ノイタミナ」。 その「ノイタミナ」作品の海外の反応をまとめてみました。 「ノイタミナ」作品の海外の反応
ノイタミナ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました