アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』は原作を見事に再現と話題?!【海外の反応】

未分類

日本では熱狂的なファンの多い『ジョジョの奇妙な冒険』ですが、海外でも熱狂的なファンが多いことで知られています。

『ジョジョの奇妙な冒険』の海外の反応を調べてみました。

『ジョジョの奇妙な冒険』の海外の反応

最初は『北斗の拳』のようでした

漫画が始まった頃には『北斗の拳』のようなアプローチでした。ときどき、あなたは武論尊が『ジョジョの奇妙な冒険』の原作者ではないかと疑問に思うでしょう。なぜなら、スタイルがまったく同じであり、巨大なボディとハードな戦いがあるからです。しかし、荒木がキャラクターの体をよりスリムでカットし始めると、作風は変わりました。その後、彼はカバーの絵のいくつかに水彩画を使用して、より芸術的で独特な外観を与えました。特に変なポーズで。それは、同性愛者やメトロセクシャルというのではなく、おそらく『ジョジョ』がいかに奇妙であるかを冷静で魅力的な方法で作品に反映することを意図しているからだと思います。

荒木のファッションの感覚が本当に好きです

アニメの画風は80年代ですが、現在の漫画「スティール・ボール・ラン」と比較すると、アニメの方がよりスリムでモダンになっています。森川ジョージの『はじめの一歩』のように、『ジョジョの奇妙な冒険』最初から読めば、あなたはスタイルの変化を見ることが出来ます。私は荒木飛呂彦がキャラクターに多様性を与えるファッションの感覚が本当に好きです。日本の高校の制服は、まるで日本のパンクファッションのように描かれています。

「ディオVS承太郎」はナンバーワンです

このアニメが際立っている理由について話をします。それは間違いなく戦いです。最後の戦いは息をのむばかりです。私の大好きなアニメの戦いのなかで、「ディオVS承太郎」はナンバーワンです。それは世界の運命をかけた全面的な戦いです。ただし、ストリートファイターのような武道指向のアニメで見られるように、必ずしも技術的なものではありません。『デスノート』のエルとライトのマインドゲームを肉体的な戦いにしたよう感じです。『ドラゴンボールZ』『ナルト』でこのような戦いを見ることはできません。

直感的でジャンルを超えたストーリーライン

シリーズのストーリーは非常に印象的で、シリーズへのスタンドの導入という興味深い進化もあります。これは、ユーザーの闘志が精神的に具現化された姿です。ストーリーはやや定式化されていますが、シリーズ全体を観てみると破天荒であり、これが『ジョジョの奇妙な冒険』がなぜ優れているのかという理由の1つです。直感的でジャンルを超えたストーリーラインによる素晴らしいシリーズです。

荒木飛呂彦の独特で興味深いアートスタイルを再現

ビジュアルに関しては、荒木飛呂彦の独特で興味深いアートスタイルを模倣するために、アニメの監督が多大な努力を払ってきたことは明らかです。それは成功していると言えますが、華やかなポーズを再現することは常に困難でした。そして、荒木がマンガで見せる目を見張るようなビジュアルも、上手く再現されています。

アニメーションは多くの場合非常に優れている

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ』は、漫画の第3部を改編したもので、ストーリー全体を扱う代わりに、最も記憶に残る戦いのいくつかを選択してアニメーション化しています。アートスタイルは荒木のスタイルをよく再現しており、アニメーションは多くの場合非常に優れています。

『ドラゴンボールZ』のシュールレアリスム版

『ジョジョの奇妙な冒険』は『ドラゴンボールZ』のシュールレアリスム版のようです。退屈な「ファイトアニメーション」の無限ループの代わりに、絶妙な戦闘シーンがあります。その中で、奇妙なキャラクターたちは奇妙な方法で奇妙な力を使います。シリーズの最大の強みは、予想外の衝撃的な奇妙さです。

私の心を吹き飛ばしました

『ジョジョの奇妙な冒険』は私の心を吹き飛ばしました。私は作品についてあまり良い話を聞いていませんでしたが、私は意を決してアニメを観ました。そして私は、くだらない戦いがすべて取り払われた「スターダスト・クルセイダース」という最高の作品に出会いました。

荒木の描く男性的な外観を再現しようと努力しています

原作の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の色と芸術は、私の意見ではひどく見えるアニメ版の外観よりもはるかに鮮やかでユニークです。アニメの色は鈍く、アートスタイルははるかに一般的です。アニメの顔のディテールは、荒木の芸術的な彫りのある男性的な外観を再現しようと努力しています。

スタンド部分が肥大化していて退屈

私は「スターダストクルセーダース」の漫画の大ファンではありませんでした。スタンドは確かに興味深いコンセプトでしたが、スタンドでの戦いが膨大な量だったため、私はその部分だけが肥大化しているように感じており、あえて言えば退屈であることがわかりました。

おわりに

『ジョジョの奇妙な冒険』の海外の反応でした。

  • 最初は『北斗の拳』のようでした
  • 荒木のファッションの感覚が本当に好きです
  • 「ディオVS承太郎」はナンバーワンです
  • 直感的でジャンルを超えたストーリーライン
  • 荒木飛呂彦の独特で興味深いアートスタイルを再現
  • アニメーションは多くの場合非常に優れている
  • 『ドラゴンボールZ』のシュールレアリスム版
  • 私の心を吹き飛ばしました
  • 荒木の描く男性的な外観を再現しようと努力しています
  • スタンド部分が肥大化していて退屈

などの声が聞かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました