細田守『サマーウォーズ』の海外の反応は「家族の素晴らしさを思い出した!!」

細田守

細田守監督の初の長編映画となった『サマーウォーズ』。

海外でも話題となっています。

『サマーウォーズ』の海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『サマーウォーズ』の海外の反応

仮想現実ではなく「家族」を描いている

『サマーウォーズ』は、物語の進むペースは非常に適正であり、発生する多数のイベントはある程度うまく機能しています。しかし残念なことに、『サマーウォーズ』を見ているときに、1983年の『War Games』という映画を思い出さずにはいられませんでした。『War Games』は、現実の世界を仮想世界と勘違いした高校生が、知らないうちに核戦争のきっかけをつくってしまうという映画です。高校生たちは、単純に別の「ゲーム」をプレイしていると信じているのです。2つの映画の類似点があっても、『サマーウォーズ』はそれ自体で十分なストーリーであり、『War Games』と同様、仮想現実を題材にしています。しかし、『サマーウォーズ』の本当のテーマは仮想現実ではなく、「家族」です。この映画は「家族」について、とても良く描けています。

驚くべきデザインの1つは、仮想世界です。

『サマーウォーズ』は、設定、背景、キャラクターが『時をかける少女』で使用されているものと非常に似ていますが、この映画のデザインにははるかに創造性と多様性があります。例えば、肌のトーンであり、いくつかのキャラクターはうまい具合に日焼けしています。これに加えて、キャラクター自身の外観もあり、この分野でより現実的なアプローチをとる作品を見るのは本当に素晴らしいことです。驚くべきデザインの1つは、仮想世界です。映画で使用されているCGは非常によくできており、各アバターは非常にユニークで、実世界のユーザーを反映しています。細田監督の別の監督作品であるルイ・ビトンのPRアニメ「スーパーフラット・モノグラム」を見た人は、サマーウォーの仮想世界のデザインがこの短編作品から改作されたため、いくらかの楽しみを感じるかもしれません。

「家族」

この映画全体を要約できる単語は1つだけです。「家族」。この映画全体のコンセプトは、協力的で絆の強い家族を中心に展開されています。あなたにとって家族という言葉は何を意味しますか?地のつながった人々の集まり?この映画は、血縁関係があるかもしれないし、そうでないかもしれないが、死までお互いを本当に支えている家族の真の意味を示しています。それが本当の家族です。

非常に多くの幸福感をもたらしました

映画の最高の部分はエンディングです。悲しいことになったとしても、非常に多くの幸福感をもたらしました。私が最後に期待していたのは、おばあちゃんの葬式でしたが、彼らが見せたのは本当に感動的な誕生日パーティーでした。家族は普通の服装をしていましたが、おばあちゃんを訪ねに来た人は皆(そして彼女は多くの知り合いがいました)、普通の葬儀の服装をしていました。おばあちゃんはいつも家族が笑顔でいることを望み、決して悲しくならないようにしたかったのです。これはとてもかわいらしいものでした。

私の家族をもっと知りたいと思いました

私自身の小さな私生活も、このシリーズの楽しさに影響を与えました。これは個人的な話です…私は大家族の一員です。確かに私はいとこが好きですが、それはさておき、叔父や叔母と話すことにはあまり興味がありません。しかし、私の家族全員が家族の強い絆でつながっていることを知っています。この映画を観て、私の家族をもっと知りたいと思いました。私は今、この映画のおかげで私の家族の歴史にもっと興味を持っています。

特筆すべきはアートワークです

ストーリーとキャラクターは私を感動させることができませんでした。しかし、特筆すべきはアートワークです。このマッドハウスの映画の品質は、他では観られないものです。贅沢なキャラクターデザイン、『東京ゴッドファーザーズ』や『パプリカ』のような他の作品に匹敵します。

特別な作品ではないかも

これは、ディズニーやドリームワークスのアニメーションに間違いなく匹敵します。アクションと冒険があり、映画全体が最初からいくらか展開は予測可能であったにしても、最後まで楽しんで観ることができました。しかし、『サマーウォーズ』から何か特別なものを期待している人たちに関しては、ほとんどの映画と同じように非常に失望するでしょう。

キャラクターが多すぎる

『サマーウォーズ』にはたくさんのキャラクターが登場しますが、これはオリジナルの映画であり、1時間半の間で知らない25のキャラクターを知っていくのは困難です。当然、映画はそれらのすべてに等しく焦点を合わせているわけではなく、ほとんどの場合、25人のうち5人についてしか詳しく描けませんが、他の20人は比較的一般的な性格と動機を与えられています。家族の団結は映画のメッセージであるため、彼らはすべて何らかの形で貢献しています。

よくあるメッセージとも言える

伝統的な日本の家と、超近代的なFacebookやSecond LifeのようなOzの世界。この2つの対照的な設定は、『サマーウォーズ』を思い出深いものにするのに十分です。これらの2つの世界は、この映画のメッセージを明確にします。ただし、残念ながら、私はそのメッセージを、他のアニメから何度も聞いたことがあります。「テクノロジーは悪です。そして、人々はテクノロジーに夢中になりますが、思い出してください。自然、伝統、家族、老人など大切なものを忘れないでください。 」

細田は家族を描かせれば右に出る者はいない

間違いなく、宮崎と新海はすでに日本のアニメーションの重要な存在になっています。そして、宮崎は一般的なファンタジー、非現実性、素晴らしい映像でファンを喜ばせます。新海は、心の中を見事に描き、最も強い人間の感情を表現します。そして、細田守は、決して創造的な人ではなく、古典的なアートスタイルよりも3Dアニメーションを多様しています。ストーリーはやや凡庸で、特別なものは感じられません。アニメーションもジブリや新海には遠く及びません。しかし、「家族」を描かせたとき、細田の右に出るものはありません。

スポンサーリンク

おわりに

『サマーウォーズ』の海外の反応をお届けしました。

  • 仮想現実ではなく「家族」を描いている
  • 驚くべきデザインの1つは、仮想世界です。
  • 「家族」
  • 非常に多くの幸福感をもたらしました
  • 私の家族をもっと知りたいと思いました
  • 特筆すべきはアートワークです
  • 特別な作品ではないかも
  • キャラクターが多すぎる
  • よくあるメッセージとも言える
  • 細田は家族を描かせれば右に出る者はいない

などの声が聞かれていました。

細田守
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました