『時をかける少女』の海外の反応は「やっぱり細田守すげー!!」

アニメ映画

細田守監督の原点とも呼べる映画『時をかける少女』。

原作は鬼才・筒井康隆です。さらにアニメ制作はマッドハウスと、豪華な顔ぶれの作品です。

海外でも評判の『時をかける少女』の反応です。

スポンサーリンク

『時をかける少女』の海外の反応

やっぱり細田守すげーー!!

細田守監督の作品は『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』とすべて観てきました。その中でも初期の作品である『時をかける少女』は、すでに細田イズムが完成されており、作品の完成度が半端ないです!やっぱり細田守すげーー!!

未来は容赦なく迫ってくる

一見取るに足らないと思われる行為であっても、そのような行為はしばしば無知や利己心から行われるため、重大な結果を招く可能性があります。そしてその行為が無知や利己心に基づいている場合、めったに良い結果をもたらしません。真琴のいわゆる取るに足りない行為がどれほど運命的であり、彼女の幼稚な信念がどれほど間違っているかを見て、私たちのヒロインはこれを困難な方法で学ばなければなりません。彼女が望むのは、2人の最愛の友人と単に楽しい時間を過ごすことです。真琴は時間を止めて、現在にとどまることを望んでいます。ただし、時間は容赦ありません。未来は容赦なく迫ります。そして、彼女はこれを困難な方法で学ばなければなりません。しかし、彼女は学びます。苦難、死、そして何よりも大切なこと、愛を通して、彼女は未来が避けられるべきものではないことを学びます。むしろそれは大事なことなのです。

シンプルなメッセージ

時をかける少女は美しい映画であり、良いところはたくさんありますが、特に未来に目を向け、現在の変化を受け入れ、そしてあらゆる行為があらゆる結果をもたらすというシンプルなメッセージがあります。そして、そのようなテーマに興味がなくても、この美しい物語はあなたの人生の1時間半を価値があるものにしてくれます。

キャラクターは優れた声優によって完成

キャラクターも非常によく描かれており、優れた声優によって補完されています。千昭はつぶやく傾向がありますが、私は時々彼が何を言っているのかほとんど理解できませんが、実際には彼の性格によく合っています。しかも、彼らは高校生として非常に説得力があり、定番のパターンやタイプに頼ることなく、すべてがとても現実的に作成されているのが大好きです。

このタイプの結末が大好きです

ストーリー自体は非常に単純ですが、キャラクターが一見些細な衝突(そして最後に向かって大きくて心を打つような衝突)を通して成長する様子は、物語に信じられないほどの深みを与えます。そして、エンディングに達したとき、私は映画が終わってほしくありませんでしたが、同時に、エンディングは完璧だと感じました。私はこのタイプの結末が大好きです。私が好きな小説や映画、アニメと同様に、この映画は、別の物語が始まる直前に終了します。

この映画には何の問題もありません

『時をかける少女』は、議論するのが難しい映画です。それは複雑だからではなく、退屈で一般的だからです。これは、タイムトラベルが面白い方法でも創造的な方法でもなく、退屈な方法で使用されるタイムトラベルについての物語です。それは、探偵が実際には影響を及ぼさない小さな謎を解決する物語のようなものです。確かに、主人公はタイムトラベルを行うことができますが、それを引き出すには本当に強いキャラクターが必要です。一般的なキャストではありません。そうは言っても、この映画には何の問題もありません。

最も楽しい映画の一つです

サイエンスフィクションの概念を残しつつも、エンディングで行ったメロドラマ的な誇張されたムードを除いて、映画にはまったく問題はありませんでした。映画全体がどれほど面白くて楽しかったかは驚くべきことであり、ここでの私の言葉では、不必要な誇張を避け、より現実的なものに保ちたいです。全体として、芸術的属性、良い物語、または本当に愛すべき主人公と彼女を取り巻くカリスマ的な人物のためであっても、これは近年、アニメであるかどうかに関係なく、最も楽しい映画の一つです。

細田の監督の成熟度が今よりずっとしっかりしている

興味深いのは、細田の監督の成熟度が今よりずっとしっかりしていることを確認することでした。メランコリックなスタイリッシュさはまだここにありますが、彼のまだ素晴らしい他の映画と比較すると大きな発見があります。彼は叙情的なままですが、おそらく今は以前よりもさらに抑制され、内省的であることがわかります。

感情移入するのはとても簡単

映画のドラマチックなテーマは本質的に少年向けです。つまり、若者の優柔不断さ、未来に目を向けることができないこと、そして無邪気な高校生の恋愛を非常にシンプルに扱っています。この年齢層以上の一部の人々は、この点でためらうかもしれませんが、ノスタルジアの強い感覚のために私は映画を完全に楽しいと感じました。当時の自分の記憶から、これらのキャラクターに感情移入するのはとても簡単であることがわかりました。真琴の感情的な未熟さ、私にはとても馴染みがありました。

将来に直面することがより良いこと

映画の主なテーマは、「時間は誰も待っていない」という線を中心に展開します。映画のロマンチックな側面はおそらくこのテーマを覆い隠すことがありますが、映画のエンディングは強い決定的なモラルを提供します。真琴が現在を守ることへの執着から、彼女は未来に目を向け、「時間は誰も待っていない」というフレーズの意味を本当に理解することができます。このような点でタイムトラベルが使用されているのを見るのは、とても興味深いものでした。タイムトラベルの結果は通常、過去を変えることで未来を変えてしまう危険性の観点から扱われますが、この映画は、現在を変えることを避けようとするためにそれを使用した結果として、生じる結果を扱っています。真琴が楽しんでいる人生の現状を維持するための必死さは、最終的に真琴に、将来に直面することがより良いことを証明しています。

歴史に残るような映画ではい

この映画は歴史に残るようなものではなく、人々のお気に入りのアニメリストの最前線に飛び込むようなものでもありません。それは例外的な映画ではありませんが、よく書かれたドラマを楽しんでいる人なら誰でも、良い映画だと言うと同意するでしょう。どちらかといえば、それはその誠実さと静かな独創性のために記憶される映画です。年配のファンはその未熟なテーマに感動しないかもしれません。おそらく映画の真っ最中にイライラする愚かな行動と多くのロマンチックな展開が詰まっているが、大部分が楽しくて魅力的です。

スポンサーリンク

おわりに

『時をかける少女』の海外の反応をお届けしました。

  • やっぱり細田守すげーー!!
  • 未来は容赦なく迫ってくる
  • シンプルなメッセージ
  • キャラクターは優れた声優によって完成
  • このタイプの結末が大好きです
  • この映画には何の問題もありません
  • 最も楽しい映画の一つです
  • 細田の監督の成熟度が今よりずっとしっかりしている
  • 感情移入するのはとても簡単
  • 将来に直面することがより良いこと
  • 歴史に残るような映画ではない

などの声が聞かれています。

アニメ映画
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

  1.    より:

    この原作が何度もドラマ化されて、日本で根強い人気のあるのを知らないんだろうなあ

  2. なお より:

    > サイエンスフィクションの概念を残しつつも、エンディングで行ったメロドラマ的な誇張されたムードを除いて

    これに集約されます
    残回数であることも気付くのが遅いし、なんかあるときのために残すとかは少しは考えないのでしょうか?
    ラストに感に触るメロドラマを入れて来るのは分かりやすくするためですが、他の作品も同じで細田監督は視聴者の理解力を下にみすぎる傾向があります

タイトルとURLをコピーしました