【進撃の巨人】海外で人気の巨人は?!「九つの巨人」ランキング

未分類

1800年以上むかし、エルディア人の祖先であるユミル・フリッツは「大地の悪魔」と契約して「始祖の巨人」の力を得ました。

その名の通り悪魔のような強大な力を手に入れたユミル・フリッツでしたが、彼女は巨人の力を授かった13年後にこの世を去ります。

しかし、ユミル・フリッツは自分の死後に脳力が子孫たちに受け継がれるように、自身の巨人を九つに分けたのです。

その巨人が「始祖の巨人」「進撃の巨人」「超大型巨人」「鎧の巨人」「女型の巨人」「獣の巨人」「顎の巨人」「車力の巨人」「戦鎚の巨人」の九つです。

このユミルより受け継がれた九つの巨人は、それぞれに突出した能力を持っているのです。

そこで、海外のアニメレビューサイトで人気の巨人を調べ、それをもとにランキングを作成してみました。

それでは海外で人気の巨人ランキングをみていきましょう。

海外で人気の巨人ランキング

9位 車力の巨人

車力の巨人は、九つの巨人の中で唯一の四足歩行の巨人です。

そのため、素早い動きが可能となり、砲撃を積んで移動式の砲台として後方支援にあたります。

また、車力の巨人の一番の特徴は巨人可能持続力です。

車力の巨人の継承者のピークは、2ヶ月の間巨人の姿でいることもありました。

しかし、巨人として一番の見所である接近戦は得意ではなく、海外でもあまり注目される巨人ではないようです。

それでは海外の反応をみてみましょう。

車力の巨人の正体があの可愛いピークだとは、誰も思わないよな。

・四足歩行がなんか気持ち悪い。

・ピークは頭がいいよな。

・この巨人の見た目から、あの可愛い女の子が出てきたときは本気で驚いたよ!

8位 顎の巨人

他の九つの巨人に比べると小柄な巨人です。動きが素早く、爪や牙で相手を攻撃します。

車力の巨人と同様、肉弾戦はあまり得意ではないので8位とあまり人気は振るわないようです。

・ユミルはあまり強い巨人ではなかったけど、ガリアートの顎の巨人は強いな。

7位 超大型巨人

体長60mの超大型巨人は、壁の高さをも超える高さを誇ります。

第1巻で衝撃的だった壁から超大型巨人が顔を出すシーンは、もはや『進撃の巨人』のアイコンにもなっています。

その破壊力は凄まじく、周囲のものを粉々に破壊してしまいます。

反面、動きは緩慢で持続力も少なくなっています。

・まさしく破壊神!

・超大型巨人の変身のシーンって、原爆みたいだよな。

・初めて『進撃の巨人』を観て、この超大型巨人がかっこよすぎて、すぐにこの作品のファンになったよ!

6位 戦鎚の巨人

戦槌の巨人は代々タイバー家が継承してきた巨人です。

硬質化の能力に特化した巨人で、様々な武器を硬質化の能力で生み出します。

また、本体の人間は巨人のうなじではなく、離れた場所からから紐のような物を通して巨人を遠隔操作しています。

エレンが戦鎚を奪い、その能力を使いこなして戦闘しているシーンは、やはり海外でも話題になっていました。

・戦鎚の巨人、強すぎて絶対勝てないと思ったけど、エレンがそれ以上に強かった!

・遠隔操作ってずるくね?

・まさかこの能力をエレンが使いこなすとは…

5位 女型の巨人

巨人といえば男性型の巨人がほとんどですが、そのなかでもめずらしい女性型の巨人です。

全身は筋肉質で動きも素早く、持久力にも優れています。

狭い範囲ではありますが無垢の巨人を呼び寄せる事もでき、汎用性に優れた巨人ということができます。

しかしその反面、特出した能力がないことが弱点ではあります。

そのため、アニのような格闘に優れた者が継承することで、巨人の能力を最大限引き出すことができるのです。

同じく接近戦を得意とするエレンの進撃の巨人との格闘戦は、『進撃の巨人』史上でも名勝負の一つに数えられています。

海外の反応も好意的なものが多くみられています。

・アニかわいい!

・アニが女型だって見破ったアルミンもすごいよな。

・女型対進撃の格闘シーンがやっぱり一番かっこいい!

4位 鎧の巨人

全身を硬質化で覆い、波の攻撃ではびくともしない鎧の肉体を持っています。

防御力はもちろんのこと、全身を硬質化したタックルの破壊力は絶大で、ウォール・マリアの防護壁を難なく突破しています。

しかし、関節までは硬質化することができず、エレンに関節技で追い込まれる場面もありました。

海外では、エレンとの肉弾戦で力と力のぶつかり合いが話題になっていました。

・今でこそ、よく見ると鎧の巨人ってライナーの顔にそっくりだよな。でも、初めて出てきたときはまさかライナーだとは夢にも思わなかったよ。

・鎧の巨人って実は最強じゃないか?弱いのはライナーの心。

・この無骨な感じがたまらない。

3位 獣の巨人

まだまだ謎の多い巨人です。

他の巨人のように人間型ではなく、猿のような容姿をした巨人です。

はるか遠くから遠投で石などを投擲して敵を壊滅させます。

ジークの脊椎液を口にした人間を巨人に変えることができるのですが、その能力はジーク特有のものであり、獣の巨人の能力はまだまだ未知の領域です。

・獣の巨人を初めて観たときは衝撃だった!言葉を話したときはもう終わりかとも思った。

・とにかく初登場シーンがトラウマ。必死で戦おうとしているミケを簡単に殺しちゃった。

・ジークのあのひょうひょうとした感じが好き。

2位 進撃の巨人

かつての進撃の巨人継承者であるクルーガーは、進撃の巨人を「いついかなる時代においても自由を求めて進み続けた 自由のために戦った」巨人と称しています。

しかし、これといった能力はまだみられていません。

もしかすると、エレンのように自由を求める人間に継承されるものなのかもしれません。

エレンの進撃の巨人は、アニやライナーなどと白熱の肉弾戦を繰り広げるなど、派手な戦闘シーンが海外でも人気があるようです。

・エレンの巨人が一番イケメン!

・やっぱりエレンといえば格闘シーンだよな!派手でかっこいい!

・最初は弱かったエレンも、今じゃ最強の巨人だよな。一人で九つの巨人集めちゃうんじゃないか。

1位 始祖の巨人

始祖の巨人は全てのエルディア人を支配する巨人です。

始祖の巨人とエルディア人は「道」と呼ばれるものでつながっており、能力を使ってエルディア人の記憶を改ざんすることもできます。

それは「座標」とよばれ、全てのエルディア人のを支配できる能力なのです。

実際、エレンが王家の血を引くダイナ・フリッツの巨人に接触した瞬間、周囲の無垢の巨人を操って見せたことがあります。

あのエレンが巨人を操ったシーンが、海外の反応でもっとも反響が大きかったシーンでした。

・座標の力を初めて発動したときのエレンの驚き!

・やっぱりミカサを助けた座標発動のシーンが進撃史上最高!

おわりに

海外で人気の巨人ランキングでした。

やはり海外では派手な格闘シーンが多い巨人が人気だったようです。

【海外の反応】『進撃の巨人』の海外で人気のシーン7選!!
日本では大人気の『進撃の巨人』ですが、その人気は日本に留まらず海外にも広がっています。 ストーリーの面白さや複雑な設定など、海外のファンも多い作品です。 そこで今回は、『進撃の巨人』のなかでも、海外で人気のシーンを集めてみました...

コメント

タイトルとURLをコピーしました