『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の海外の反応!!

ノイタミナ

ノイタミナ作品で多くの大人たちが感動した作品『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』。

海外でも感動したとの声が多く聞かれています。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の海外の反応

愛する人の死に向き合うことは簡単ではない

友人や愛する人の死に向き合うことは、あなたが何歳であっても簡単ではなく、誰もがさまざまな方法で彼らの喪失に対処します。大人は、痛みを和らげるために旅に出たり、仕事に身を投じたり、他の方法を見つけてある意味麻痺状態に陥ります。残念ながら、子供はまだこのような方法を身につけていません。また、多くの場合、湧きおこる感情的な混乱に真に対処することができません。死、悲しみ、親しい人の喪失に対処することを学ぶのは少し奇妙に思えるかもしれませんが、本質的には『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』で描かれていることがすべてです。

成熟することを学んでいくティーンエイジャーの物語

『あの花』は過去のトラウマに対峙し、その過程で成熟することを学んでいくティーンエイジャーの物語です。プロットはうまく構成されており、物語のしばしば穏やかなトーンで語られます。残念ながら、ストーリーはある程度の予測可能です。じんたん、めんま、およびその他の「超平和バスターズ」との関係に過去の物語も交えながら表現しています。記憶へのこれらの旅は、キャラクター間の現在関係の状態に対するコントラストとして機能し、過去10年間にそれぞれのキャラクターがどれだけ変化したかを強調します。このコントラストはビジュアルにも反映されており、ほぼすべての超平和バスターズの外見に顕著な違いがありますが、実際には時間が流れたことをより顕著にする工夫です。覚えておくべき重要なことは、特に何らかのトラウマを受けた場合、人々はしばしば個人の歴史と記憶をロマンチックにすることがあり、記憶の中のキラキラした印象とは対照的に、現在のトーンを暗くすることでこれを果たしています。

台詞に重点が置かれています

『あの花』はキャラクター主導の作品であるため、台詞に重点が置かれており、フラッシュバックシーンでの会話に少し奇妙に見える場合があります。ありがたいことに、このシリーズは非常に才能のある声優が努めており、主要キャラクターには、現在と過去で別の声優が出演していることに注意してください。子供を演じる声優はすべて大人であるため、非常に才能があっても、時々いくつかの問題があることは残念です。現在、これは業界の標準的な慣行ですが、ジブリのようなスタジオは、子供が大人よりも演じる能力がはるかに高いことを何度も証明しています。

リアリズムを描写することに重点を置いています

キャラクターにある程度のリアリズムを与えようとする試みと、キャラクターをもっともらしいものとして描写することに重点を置いています。しかし、それをバランスよく維持させることは、かなり難しい挑戦です。物語の各人物について覚えておくべき重要なことの1つは、彼らが人生の中で特定の決定的な瞬間を経験していることであり、それによりキャラクターが最初から個性のある人物として描かれることです。超平和バスターズの現在のバージョンとフラッシュバックの過去の自己を比較すると、特徴付けの強さはさらに明白です。ただし、特定の状況に対する解決策を見つけるのが難しい場合があり、キャラクターを目立たせるためにイベントが起こっているように見えることがあります。

驚くほどシンプルでありながらも少し感傷的

『あの花』は、驚くほどシンプルでありながらも少し感傷的であり、過去のトラウマに対処する際の子どもや青年の心象を良く描いています。その点で、過去数年間で最も驚くべきタイトルの1つです。『あの花』に最も近い作品はおそらく『東京マグニチュード8.0』でしょう。これは、子供が愛する人の突然の喪失に対処する際の困難を強調しているからです。

実際に楽しんだかどうかは難しいです

このシリーズを実際に楽しんだかどうかを言うのは難しいです。一方では本当に面白い瞬間がいくつかありますが、もう一方では、シリーズは価値がほとんどない問題を扱っています(子供たちが感情的な傷跡を大げさに扱っています)。実際、シリーズはキャラクターとイベントをわずかにロマンチックに描いていますが、物語を貫くリアリズムの絶え間ない要素がこのアニメを他の多くのものとは区別しています。『あの花』は、完全にオリジナルのアニメがどれだけ優れているかを示す素晴らしい例です。

素晴らしい作品であることを否定できない

『あの花』が素晴らしい作品であることを否定することはできません。アニメーションからサウンド、特性評価からストーリーまで、すべてが高品質の作品であり、視覚的および感情的に満足のいく体験を提供します。このアニメは、観るのが楽しいか楽しくないかという議論のポイントをはるかに超えています。

キャラクターの内面を鏡のように見ることができる

キャラクターは最初のエピソードで非常に見事に描かれているので、あなたは彼らの内面を鏡のように見ることができます。彼らのすべてがその夏の日​​以降に動いたことを示しているにもかかわらず、彼らの表情はそうではないと言っています。

とても感動的で記憶に残るシリーズです

「あの花」は青春/純愛シリーズとしてはかなり一般的です。実際、このショーの前提は、「死んだ少女が生き返り、記憶を遡る」というもので「今、会いにゆきます」のそれと同じですが、少女はまだずっと若いということを除いて、主人公は彼女を見ることができます。そして最終的には、「世界の中心で愛をさけぶ」タイプのストーリーに変わります。それでも、プロットデバイス、効果的なフラッシュバック、非常に強力なプレゼンテーションの興味深い使用法があります。キャラクターとつながることができれば、とても感動的で記憶に残るシリーズです。

すべての人にも関係している物語

 これが私だけでなく、ほとんどが成人期まで成長しているすべての人にも関係している物語だと感じました。あの頃は人生がどれほど素晴らしく、シンプルで、問題がなかったことを思い出してください。しかし、人々が変わるだけでなく、周りの環境や考え方も変わります。あなたは古い友人や家族との関係を失います。そんなことを思いながら観ていました。

スポンサーリンク

おわりに

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の海外の反応でした。

  • 愛する人の死に向き合うことは簡単ではない
  • 成熟することを学んでいくティーンエイジャーの物語
  • 台詞に重点が置かれています
  • リアリズムを描写することに重点を置いています
  • 驚くほどシンプルでありながらも少し感傷的
  • 実際に楽しんだかどうかは難しいです
  • 素晴らしい作品であることを否定できない
  • キャラクターの内面を鏡のように見ることができる
  • とても感動的で記憶に残るシリーズです
  • すべての人にも関係している物語

などの声が聞かれています。

「ノイタミナ」作品の海外の反応まとめ
コアなファンの多い深夜アニメ枠「ノイタミナ」。 その「ノイタミナ」作品の海外の反応をまとめてみました。 「ノイタミナ」作品の海外の反応
ノイタミナ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました