『グラップラー刃牙』の海外の反応!わかりやすいストーリーが人気の理由?!

テレビアニメ

日本でもコアなファンの多い『グラップラー刃牙』ですが、実は海外でも人気の高い作品となっています。

『グラップラー刃牙』の海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『グラップラー刃牙』の海外の反応

『グラップラー刃牙』にはモノローグや感情的なフラッシュバックはほとんどありませんし、かわいい、笑えることは絶対にありません。代わりに、各エピソードは残忍で、非常に面白い戦いで満たされます。複数の骨が粉砕され、足首が爆発し、目の神経が切断され、3階の窓から投げ出され、ガラスを飲み込んで、 巨大な獣の猿に引き裂かれ、ロープで処刑され、拳や足で何度も踏みつけられた血まみれ顔、バキの典型的なエピソードの一部です。彼はシリーズで戦うほとんどすべての人と友達になり、これらの戦いは単に彼がより強く強くなるためのツールであり、暴力への欲望の産物ではないことを示しています。したがって、純粋なエンターテイメントレベルでは、シリーズは素晴らしいです。オリジナルの攻撃、ユニークな格闘スタイル、独特のユーモアのセンスを交えたノンストップアクションは中毒性があります。

『グラップラー刃牙』は誰もが見るべきアニメです。物語は『るろうに剣心』や『ラブひな』ほど深くはないかもしれませんが、それでもこれは良いアニメです。クールなアニメを見たいなら、『グラップラー刃牙』を試してみてください。最初はくだらないアニメのように思えるかもしれませんが、しだいにもっと観たいと思うでしょう。

素晴らしいのは、すべてのキャラクターがバックストーリーを持っていることであり、彼らは刃牙を倒すことを望んでいるにもかかわらず、バキを含むすべてのキャラクターに共感できる方法で描かれています。私は、あなたがある程度裕次郎に共感できると思っています。このアニメの良い点は、非常にペースが早いということです。

英語版もなかなかいいが、やはり日本語版(英語字幕版)のほうが断然良いと思います。驚くべきことに、日本人キャストの素晴らしさにも関わらず、日本語版にはビッグネームがほとんどないのです。私が知っているる唯一の声優は、もちろん、『天地無用』の天地、そして『ああ私の女神』の森里螢一としてよく知られている刃牙の声優、菊池正美です。菊池は他のアニメのキャラクターと異なるアプローチを与えていると思います。今回は彼のキャラクターは柔らかな心でタフな外観を持ち、彼がキャラクターを非常に説得力をもって描いていると思います。

最初はアニメの絵を見て、考えてみた…いや…しかし、とにかく観て後悔することはなかった。そう、絵はそれほどキュートではありませんが、そのスタイルは、母親の愛とある程度父親に愛を勝ち取ろうとする息子の厳しい話をよく描けています。このアニメの最も興味深い部分は、たとえば、「中国拳法」対「ボクシング」や「ストリートファイト」対「柔道」などの戦いの試合であり、ルールがありません。血が多く流れ、ユニークなアクションがたくさんです。 ストーリーは予測不可能で非常に興味をそそられます。一度観始めたら、止められませんでした。

まず第一に、キャラクターの見た目は目に優しいものではなく、非常に一貫性がありません。たとえば、刃牙は年をとるとまったく別の人のように見えます。ストーリーラインはほとんど存在せず、ファイティングアニメの非常に一般的な流れで進みます(対戦-練習-再度戦う-練習-究極の闘いに勝つ)。見るのが難しいアニメではありません。その方法についてユニークなものはありません。しかし、そうは言っても、エンターテイメントの価値は膨大です。アクションシーンの後にアクションシーンが観られるのは非常に嬉しいです。試合はよく描かれ、 観戦するのはエキサイティング でした(最終的に誰が勝つか知っていたとしても)。格闘アニメを観たことがないなら、これは良いスタートです!

物語は非常にシンプルで、他の多くの格闘や武道のアニメのように、刃牙は最強になりたいと思っています。非常に順応性の高い基本的なストーリーで、より良く魅力的なものものでした。強く生き、そして戦いたいという彼の計り知れない意志は、信じられないほど魅力的です。アクションシーンは非常識で素晴らしいです。ドラマは上手く演じられており、声優は非常に優れています(日本語で観るのが望ましい)。マンガとアニメの両方で描かれる人体が非常に魅力的で強くおすすめできます。

スポンサーリンク

おわりに

『グラップラー刃牙』の海外の反応でした。

シンプルでわかりやすいストーリーが、海外でも人気の理由のようです。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました