海外では『エヴァンゲリオン破』に昔からのファンも納得?!【海外の反応】

未分類

エヴァの新劇場版第2段『エヴァンゲリオン破』。

オリジナルストーリーの総集編だった『序』とは異なり、『破』は新劇場版オリジナルのストーリーが賛否を呼んでいます。

もちろん、海外でも大反響の『エヴァンゲリオン破』、海外の反応を調べてみました。

『エヴァンゲリオン破』の海外の反応

非常に重要な質問を提起します

『エヴァンゲリオン破』は非常に重要な質問を提起します。なぜこの映画を見ているのか、そもそもアニメーションを見ているのか、ストーリーテリングに魅了されているのか、あなたが見ているものの教訓を通して、人として自分自身を改善しようとしているのか。あなたがこの映画を観たくなるのは、あなたが実生活の中で、実際に誰かであるかという存在から逃れようとしているからでしょうか。これに加えて、最初にこの質問を自問する必要が最も高い人々にアピールするために、慎重に構築されたエンターテイメントの形で質問を提起します。それは確かに、現実逃避の危険な領域に行き過ぎないように、常に頭の後ろに置いておきたい質問です。

長年のファンにとっても、新しい視聴者にとっても新鮮

『エヴァンゲリオン破』は、映画に不可欠な雰囲気を与えるカリスマ的な存在のアスカが紹介され、シンジやレイなどの確立されたキャラクターが大幅に成長します。さらに、古くからのシリーズのファンのためには、オリジナルの展開もあります。完全に新しいキャラクター-マリ-も闘いに加わります。彼女の動機の多くはミステリーに包まれており、これによりオリジナルシリーズを観ていたファンにとっても、先の展開に飽きずに楽しめます。さらに、彼女の存在は、コミカルな存在としてエキサイティングな新しい要素を加えます。オリジナルのキャラクターたちも、ほぼ15年前に確立されたキャラクターにもかかわらず、『エヴァ破』では非常に新鮮で予測不可能なキャラクターとして再登場します。これらエヴァンゲリオンシリーズのおなじみのキャラクターが、新しい解釈、新しいバージョンで描かれることで、長年のファンにとっても、新しい視聴者にとっても新鮮なものになります。

エヴァンゲリオンに恋をした理由を思い起こさせる

『エヴァンゲリオン破』は、聴覚と視覚を同時に満たしてくれる作品です。新劇場版『序』に続く2番目の映画であり、すべての面で最初の作品を上回っています。その一方で、新旧両方のファンにとってもスリリングな新しい方向性で物語を描いています。リメイクは庵野と彼のチームにとって苦悩の連続だったでしょう。その代わりに、彼らは私たちの愛するエヴァンゲリオンの世界を再現し、15年後に新しい解釈を提供してくれました。『エヴァ破』は、エヴァンゲリオンを絶対的で並外れた作品として世界中のファンに畏敬の念を抱かせ、そもそも私たちがエヴァンゲリオンに恋をした理由を思い起こさせます。

複雑なキャラクターを再構築することはできなかった

元のシリーズの魅力的なキャラクターはすべて、ある種のステレオタイプの代替バージョンになったと言えます。かつて彼らに与えられた心理的苦悩の痕跡は残っていません。『エヴァ破』は、キャラクターを単純化しただけでなく、ある種の翻訳作品のような違和感を与えます。もちろん、これは映画であり、このような短い時間内で複雑なキャラクターを再構築することはできません。

キャラクターの相互作用も再構築されている

映画はアクションシーンから始まり、予告編を観たときから予想されたように、映画全体でもかなりのアクションがありました。作品のバランスをとるために、キャラクターの相互作用も再構築され、アスカやマリのようなキャラクターがさらに肉付けされています。アスカは、ツンデレに磨きがかかり、はるかに好感が持てました。レイはさらに笑顔になり、シンジの思いやりが明らかになります。マリはクレイジーで、加持は予想外に長い登場時間で、テレビシリーズよりも大きな役割を果たしているようです。

「逃避」という解決策

シンジは映画の最後で、レイを救うことが目的で、自分の人生や世界の運命を気にかけないことを叫んでいます。心に強く訴えるように見えるかもしれませんが、そうではありません。レイは、アニメ自体を代表する複数のシンボルの1つです。オリジナルのシリーズでは、レイは決して人間化されませんでした。彼女は常に生気のない人形で、シンジがいくら望んでも、彼の空想を実現することはできませんでした。そのため、シンジは現実世界に直面しなければなりませんでした。彼自身が本当に何であるかという問いに直面し、自分自身の根深い問題が生じました。しかし、「逃避」という解決策があります。シンジは、彼が空想に生きる方法を選び、他者とのジレンマに苦しむ必要がなくなりました。シンジはヘッドフォンを着け、彼の周りの実際の人々の音とは対照的に、彼自身のヘッドセットのなだめるような音楽だけを聞きます。たとえシンジが不必要な子供であっても、エヴァは彼を必要であると感じさせ、彼が特別だと感じさせてくれます。レイは、実際には人間ではなく、無気力なクローンです。レイはシンジが望むものを彼に与えてくれるので、シンジは彼に近づきたい実際の人々を無視してしまいます。レイは無条件にシンジを愛し、彼のために何でもします。彼女は本物ではありませんが、シンジが自分のファンタジーを生き抜くことができるので、シンジはレイを救い、彼女を守ることに夢中になります。シンジはレイに夢中になればなるほど、現実から離れていき、ファンタジーの中に没入していくのです。

「リビルド」と呼ばれる正当な理由がある

オリジナルシリーズのコピーであった最初の映画とは異なり、『エヴァンゲリオン破』は「リプレイ」ではなく「リビルド」と呼ばれる正当な理由があります。シリーズのファンは、オリジナルのストーリーからさらに多くの新設定が導入されているので、驚きを覚えています。懐かしい記憶の旅を期待している人は間違いなくおなじみのシーンを楽しむことも出来ますが、予想外の場所にデジャヴが起こり、旅はさらに興味深いものになります。

以前のように私は興奮しなかった

私は「キューブ型」の使徒が素晴らしい発展を遂げ、映画を価値あるものにした『エヴァ序』が好きでした。『エヴァンゲリオン破』は本当に貧しかった…新しいキャラクターを紹介し、他の人を殺し…他のすべてを繰り返した…オリジナルのアニメシリーズでゼルエルのエピソードを見たとき、それは私にとってシリーズの最高峰でした。しかし、『エヴァンゲリオン破』のゼルエルはほとんど見られない…以前のように私は興奮しなかった…彼らは元のコンセプトをただのがらくたに歪めたようだった。

おわりに

『エヴァンゲリオン破』の海外の反応をお届けしました。

  • 非常に重要な質問を提起します
  • 長年のファンにとっても、新しい視聴者にとっても新鮮
  • エヴァンゲリオンに恋をした理由を思い起こさせる
  • 複雑なキャラクターを再構築することはできなかった
  • キャラクターの相互作用も再構築されている
  • 「逃避」という解決策
  • 「リビルド」と呼ばれる正当な理由がある
  • 以前のように私は興奮しなかった

などの声が聞かれていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました