『銀魂』の海外の反応!キャラクターが素晴らしいと話題に!!

少年ジャンプ

少年ジャンプで不動の地位を得たギャグ漫画『銀魂』。

大いに笑えてときに泣ける『銀魂』は、言語や文化の違う海外でも大人気の作品です。

『銀魂』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『銀魂』の海外の反応

コメディは最良の方法です

激しいアクションに加えて、コメディは人々が作品を見続けるようにする最良の方法の1つです。視聴者を最初の数エピソードに引き込むことは、プロデューサーが毎シーズンやろうとしていることです。パロディーやコメディのやり方でよく知られている作品で面白いことから始めなければ、視聴者が見続ける理由はありません。つまり、誰もが知っているドラゴンボールのパロディは最良の方法です。

キャラクターは申し分ない

キャラクターは申し分なく、これがこのアニメを素晴らしいものにしている決定要因です。ここには、コメディー目的だけでなく、驚くほど考え抜かれたキャラクターがいます。そのキャラクターたちにはサイドストーリーも充実しています。これは、アニメに慣れるまで時間がかかる原因でもあり、キャラクターを知っていく時間でもあります。キャラクターほとんどすべてに好感が持て、記憶に残り、何よりも面白いです。

笑い転げた

時間がかかり、60エピソードで笑い転げ、140エピソードで私はほとんど笑い死にますが、それだけの価値がありました。銀魂は、201のエピソードを通じて一貫して、いや、増加するエンターテイメントのレベルを維持しています。常に陽気で、字幕なしで日本語を理解できた場合、または進行中のすべてのパロディを理解するためにもっとアニメを見た場合は、さらに良くなります。基本的な少年ジャンプ、ジブリ映画、エヴァンゲリオン、ドラえもん、またはガンダムの知識は、あなたが笑うことができるジョークのスペクトルを大幅に強化します。それがなくても、西洋の聴衆の一部として、私はジョークの大部分で笑い泣き叫ぶことに気づきました。

観終わると悲しくなる

このアニメは私を大声で笑わせます。文字通り。私は笑って椅子からほとんど落ちてしまうことがありました。エピソードが終わったとき、私はいつも少し悲しいです。なぜなら、エピソード中はとても笑ったからです。

唯一無二のアニメ!

『銀魂』は史上最高のアニメです。『銀魂』は非常にユニークで型にはまらないので、それが独自のカテゴリーに分類されると感じているからです。このアニメは、特定のカテゴリで競合するものはありません。このアニメがこれまでに制作された唯一のアニメだからです。これはすべてのアニメの最高ではありません。これは『銀魂』です。でも、他のすべてのアニメと一緒にまとめないでください!たとえそれらが素晴らしいとしても、みんなが夢中になっていても、傑作であるとしても、その間違いをしないでください。このアニメをとても高く評価している私自身には、他にもお気に入りがあります。これは『銀魂』であり、比較の必要はありません。

深刻なシーンは違和感

『銀魂』には繰り返し登場するキャラクターが大勢いますが、複雑なキャラクターに関してはほとんどありません。それらのほとんどは1つまたは2つのジョークに使用され、ほとんどそれだけです。コメディ作品の場合、それは何の問題もないと言うでしょう。良いコメディの可能性を提供するダイナミクスがあり、それを利用できる限り、かなりのキャラクターの数を持つことができます。問題は、より深刻なエピソードです。このキャストは、シリーズにそれほど深刻なストーリーがない場合は無難ですが、深刻なシーンでは、すぐに緊張感がなくなり、完全に場違いではないにしても、かなり違和感が生じます。

独自でユニークで魅力的

シリーズの最も魅力的な側面の1つは、間違いなくキャラクターです。彼らは想像力に富み、記憶に残る多様な人物たちであり、それぞれが独自でユニークで魅力的です。主人公は信じられないほどの熱意を持ち、それは『銀魂』の背後にある本当の原動力です。作者の素晴らしい創造性は、物語と同じようにキャラクターに輝いており、アニメのスタッフがソース素材を完全に理解し、それを実現するための揺るぎない献身していることが明らかになります。

このアニメは期待を裏切らない

キャラクターは、銀魂などのエピソードシリーズで最も重要な機能の1つであり、これはこのアニメが期待を裏切らない領域の1つです。すべてのキャラクターにはユニークな癖があり、面白く、少数の「アーキタイプ」があります。このアニメに登場するキャラクターはパロディーです。たとえば、新八の姉である妙は、典型的な「甘いお姉さん」の姿をしています。キャラクターですが、彼女は実際にシリーズ全体で最も暴力的なキャラクターの一人ですが、「独善的」はありません。すべてのキャラクターは、いかに無作法で、奇妙で、実に奇妙な人物であっても、愛嬌のある人々です。

涙を誘うこともある

友人に勧められたとき、私は銀魂を見始めました。彼女はそれが陽気なアニメであり、銀魂を見ながら笑わなかった人は魂もユーモアも持っていないと言いました。私は銀魂を観てみましたが、ジョークでノンストップで笑うことはあまり期待していませんでしたし、アニメの毎秒を楽しむことも期待していませんでした。しかし、その期待はいい意味で裏切られました。銀魂はコメディに焦点を当てていますが、ティッシュボックスを片付けないでください。涙を誘う時もあり、涙が頬に落ちてしまいます。

銀魂はあなたのためのアニメ

最初は、このアニメを観るという考えに非常に懐疑的でした。ご覧のとおり、銀魂を見るには、日本のポップカルチャーと言語についての深い知識が必要です(ショーには注釈や言及がありません)。それにもかかわらず、あなたが大笑いする人であれば、銀魂はあなたのためのアニメです。

スポンサーリンク

おわりに

『銀魂』の海外の反応をお届けしました。

  • コメディは最良の方法です
  • キャラクターは申し分ない
  • 笑い転げた
  • 観終わると悲しくなる
  • 唯一無二のアニメ!
  • 深刻なシーンは違和感
  • 独自でユニークで魅力的
  • このアニメは期待を裏切らない
  • 涙を誘うこともある
  • 銀魂はあなたのためのアニメ

という海外の声が聞かれていました。

少年ジャンプ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました