『コードギアス』は『デスノート』のパクリ?!海外の反応を調べてみた!!

テレビアニメ

ロボットアニメとして捉えられがちなアニメの『コードギアス』ですが、『デスノート』と比較されるくらい面白いストーリーの作品です。

海外でも人気のある作品なので、海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『コードギアス』の海外の反応

王道SFで勝負

このシリーズを見る前に、『コードギアス』は「ロボットアニメでの『デスノート』」と何度も説明されていました。しかし、『コードギアス』を観たあと、私はそう思いませんでした。2つのシリーズの類似性はせいぜい表面的なものであり、なぜ人々が比較をするのかわかりません。一方を嫌うことが他方を嫌うことを意味するとは思いません。しかし、とにかく、『デスノート』とは異なり、『コードギアス』の物語は特に注目に値するものでもユニークでもありません。実際にはかなり単純で、少しお決まりの物語ですらありますが、それがまさにこの作品が非常によくできたシリーズである理由です。あえて奇をてらった物語を展開するのではなく、まさに王道SFで勝負しています。エピソードのペース配分は優れており、焦ったり焦らしたりすることはありません。

『デスノート』の海外の反応は?!やっぱり海外でも大人気!!
日本でも大人気の作品『デスノート』ですが、海外ではどうなのでしょうか。 海外では、『デスノート』を「裁き」とは何か?「正義」とは何か?ととても深いテーマで観ている人々多いようです。 それでは、海外の反応をご紹...

戦闘が最小限のロボットアニメ

『コードギアス』は、おそらくアクション以外の見どころでアピールをする数少ないメカアニメの1つです。戦闘は最小限に抑えられます。主な魅力は、外の侵略者に対する日本のナショナリズム、平和の名のもとに間違いなく流血を引き起こす彼らの行動です。私が楽しんだテーマの1つは、原因と結果のバランスです。キャラクターは常に自分や他人の犠牲者でした。

主人公を人間として探求している

多くの人が『コードギアス』と『デスノート』を比較しました。そなぜそう言われるのかは何となくわかりますが、似ているのは表面上でしかありません。両方のシリーズの主人公は、流血によって世界を変えなければならないと信じる非常に知的で分析的な人間であり、彼らは両方とも何らかの超自然的な力を持っています。しかし、それだけです。それはさておき、彼らは昼と夜のようにキャラクターが異なっています。ルルーシュは夜神月よりもはるかに信用できます。『デスノート』で見ることができたのは、夜神月の知性と分析能力だけでしたが、『コードギアス』では、ルルーシュを人間として探求し、彼の感情的な体験に参加することができます。私は2つの作品の間には本質的な類似点を見つけることができませんでした。したがって、あなたはどちらか一方が好きかもしれませんが、もう一方は好きではないかもしれません。『デスノート』を観て気に入らなくても、あなたは『コードギアス』が好きかもしれません。

サンライズメカにもかかわらず…

一部の人々は、『コードギアス』の成功は、それがサンライズメカであるという事実に起因すると考えています。でも私は個人的に、それがサンライズメカであるという事実にもかかわらず(批判的に)、成功したと思っています。コードギアスは、信じられないような背景を確立し、そこからやる気のある現実的なキャラクターとともに魅力的なプロットを立ち上げました。これは、サンライズが制作した最後のいくつかのガンダムシリーズには欠けていました。最後に、戦闘に使用するマシンではなく、キャラクターとその周囲の人々に焦点を当てるプロットを挿入します。実際、『コードギアス』は作品にロボットが登場するために、メカアニメとしてカテゴライズされてしまっていると言うことができます

核心にせまる問題を扱っている

『コードギアス』のプロットは、世界が複数の超大国に分かれている、好戦的な先住民が彼らの文化的アイデンティティを再確立するために戦っている、など設定はあまりユニークではありませんが、イベントが互いに織り交ぜられる方法は、かなりうまくいっています。コードギアスはまた、他アニメの未来的なプロットが、意図的な回避、またはまったくの無知によって無視されているように見える課題のいくつかを扱っています。政治的/社会学的な観点から、設定と開発は特に魅力的であり、ナショナリズム、人種差別、ジェノサイド、および戦争のルールのトピックに関する問題を聴衆に投げかけています。

CLAMPのキャラクターが秀逸

他のほとんどのアクション/メカアニメと比較した場合、『コードギアス』の最大の強みは、キャラクターとその発展の方法です。サンライズは、キャラクターをデザインするためにCLAMPと契約するという賢明な決定を下しました。CLAMPの作り出したキャラクターは、幅広い観客に視覚的にも感情的にも魅力的に映ります。サイドキャラクターは主人公を引き立たせるためだけに存在するわけではありません。外見上はマイナーなキャラクターでさえ、彼ら自身のストーリーや反応で展開するので、キャラクターを単なる存在として排除することは決してありません。

ロボアニメファンじゃなくても楽しめる!

最初は『コードギアス』のすごさを聞いて、それがロボットアニメだと知ったとき、私はロボアニメの大ファンではないので、作品を見ることに少し抵抗がありました。しかし、私が『コードギアス』を観ると、それがどれほど優れているかに本当に感銘を受けました。

『デスノート』と『ガンダム』の融合

『デスノート』と『ガンダム』が出会う。それにもかかわらず、2つのアニメの融合は、コードギアスの偉大さを過小評価させるだけです。はい、このシリーズには、魅力的なキャラクター、戦闘シーン、流血、わずかなロマンス、そしてステレオタイプのアニメに追加する少し超自然的な展開が詰まっています。

スポンサーリンク

おわりに

『コードギアス』の海外の反応を調べてみました。

  • 王道SFで勝負
  • 戦闘が最小限のロボットアニメ
  • 主人公を人間として探求している
  • サンライズメカにもかかわらず…
  • 核心にせまる問題を扱っている
  • CLAMPのキャラクターが秀逸
  • ロボアニメファンじゃなくても楽しめる!
  • 『デスノート』と『ガンダム』の融合

などの声が聞かれています。

↓海外で人気のアニメランキング↓

【海外の反応】海外で人気のアニメランキングTOP20!!
海外で人気のアニメランキングTOP26!! 26位 モブサイコ100 25位 ハイキュー!! 24位 銀河英雄伝説 23位 3月のライオン 22位 コードギアス 21位 鬼滅の刃 20位 デスノート ...
テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

  1. より:

    放映時期が一緒だっただけでは

タイトルとURLをコピーしました