『言の葉の庭』の海外の反応は「最小限の表現で最大の効果を生み出している」との声!!

新海誠

『君の名は』『天気の子』などのメガヒットアニメを数多く生み出すアニメクリエーター新海誠。

彼の名は海外でも知られており、ファンも多くいます。

今回はそんな新海誠アニメの中で、『言の葉の庭』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『言の葉の庭』の海外の反応

感動は簡潔で最小限の会話のおかげ

プロット全体は、若い学生と神秘的な大人の女性という2人の主人公の相互の関わりを中心に展開しています。対話は非常に最小限ですが、物語の大部分にとっては非常に重要であり、私たちが主人公から得る洞察は、簡潔で最小限の会話にかかっています。多くの場合、話されたときよりも人間の感情をより強く情熱的に伝えるのは対話の欠如であり、ビジュアルはこれを強化するために信じられないほどの役割を果たします。映画の簡潔さを考えると、すべての要素がプロットに貢献する必要があり、シンプルな動き、風景、音楽、対話など、理由のない要素は存在しません。効果的かつ簡潔に深い感情とその根底にある意図が伝えられているのを見るのは、本当に感動的です。

すべてが少し不自然に感じらる

悲しいことに、この映画は、互いに対する感情が実際に探求されることはめったにありません。ただ彼らは出会い、話し、恋に落ちます。なぜ?関係は、最後に突然の告白までプラトニックなようです。ロマンスは少なくともまずまずですが、もっとできたはずという気持ちを振り払うことはできません。すべてが少し不自然に感じられます。

会話することではなく、しないことです

『言の葉の庭』がそのロマンスを際立たせているのは、おそらく会話です。二人の関係をとても興味深いものにしているのは、会話することではなく、しないことです。会話はシンプルに、そして控えめです。多くの場合、セリフはキャラクター間の日常の会話に限定されます。しかし、それは言葉以上のものを伝えています。何かを伝えようとするとき、それは内省的な独白と詩的な会話に依存しています。それは私たちに考える時間を与えてくれます。会話の謙虚さは、彼らの人生の運命、つまり彼らが一緒に経験する変化をより際立たせます。

雨は『言の葉の庭』の主要なテーマ

雨は物語と美学の両面で『言の葉の庭』の主要なテーマです。ストーリーテリングでは、孤独を表すために雨がよく使われます。しかし『言の葉の庭』では、雨が幸福と平和を象徴しています。映画にふさわしい雰囲気を作り出すことに成功し、視覚よりも体験する場所がここにあることを保証します。それは見つめるのと同じくらい、感じるという経験をわれわれに与えてくれます。

15歳の少年と27歳の女性のロマンス

『言の葉の庭』は、15歳の少年と27歳の女性のロマンスを描いた短編映画です。少年の秋月孝雄は、彼の未来への不安と靴作りへの情熱によって周囲に疎外感を感じています。同時に、雪野百香里もまた大人の社会で道に迷っていると感じています。

恋愛要素は不必要

『言の葉の庭』は、不明瞭な性格描写と陰鬱なドラマによって物語が妨げられています。脚本により重点を置き、少なくとも部分的には今後何年も記憶に残る映画であったかもしれません。本来ならばそれは魅力的なことですが、映画が終わる頃には期待はずれの経験となっています。メロドラマがなくても、キャラクターが生きて呼吸するための余地がもっとあるはずです。結局のところ、美しさはシンプルなかたちで最もよく表現できるのです。

ロマンスは重要なファクターではない

『言の葉の庭』に与えられる最大の誤解は、この46分間の映画に、単純な愛の物語という誤ったラベルを付けることです。この映画は年齢の違いによって生まれる「禁じられた愛」に関するものであるという主張を頻繁に見ますが、作品に混乱した批判がなされるのは、これらの誤ったレンズを通してです。『言の葉の庭』には微妙で複雑で繊細なパーツから成っており、それを理解するためには視覚とその対話に注意を払う必要があるため、はっきりと明示されていません。実際、新海誠自身は「孤独な悲しみ」の物語を書きたいと述べており、ロマンスは間違いなく普遍的ななテーマであるが、『言の葉の庭』に関して言えば、重要なファクターではない。

説明不足は否めない

雨は、主人公が彼女に会うのに必要な条件を最初に表す基本的な側面です。主要テーマを探求するために新海が採用した象徴性に関しては、この映画に対する満足の大部分がここにあるので、それらを見て熟考する方が良いと思います。新海の映画の最も印象的な側面は、雨などの拡張されたメタファーが一貫して使用されるため、映画は短くて感情に満ちています。これらのテーマは、日本の伝統的な愛の概念を探求する現代の社会的文脈で、より大きな物語を手に入れるために、キャラクターの自己探求と合致します。夢を実現したいという孝雄の熱烈な欲求は、年上の、一見洗練された女性によって美しく具現化されていきます。しかし、私が見つけた唯一の重要な問題は、女性の主人公の置かれている状況と、苦境に導いた感情的な理由の欠如でした。私にとってこの不均衡は、最終的なクライマックスをある程度妨げました。

より繊細で本物のアプローチ

『言の葉の庭』は、人間関係を探求する際に、より繊細で本物のアプローチを採用した壮大な映画です。これは単に多くの人がそれを非難するようなほろ苦いロマンスではなく、現代の社会的文脈の中で、孤独と人間が抱く欲望への繊細な旅です。これらすべては、基本的に46分のアニメーションで、あなたの中で共鳴する芸術性がどれだけ満足するかを表しています(ほとんどの新海映画がそうです)。

新海誠作品の明白なテーマは「距離」

新海誠のすべての作品をつなぐ明白なテーマがあるとしたら、それは「距離」です。ほろ苦い愛の物語として、『言の葉の庭』は、新海の他の人気作品、『秒速5センチメートル』、『約束の場所』、『ほしのこえ』と同様の期待を抱かせています。新海は、ゴージャスなアニメーションを使用して、控えめながらも共感性の高いストーリーを語り、『言の葉の庭』は、ラブストーリーと同じくらい感覚がむき出しになっています。

視覚的に魅力的なアニメ

『言の葉の庭』はおそらく私が見た中で最も視覚的に魅力的なアニメですが、物語としては、それは記憶に残るものではなく、新海の他の作品との比較を避けることもできません。とはいえ、ストーリーテリングと完璧なビジュアルの繊細さは、それを絶対に驚くべきものにし、ロマンスジャンルのファンにとってはたまらないものです。

スポンサーリンク

おわりに

『言の葉の庭』の海外の反応でした。

  • 感動は簡潔で最小限の会話のおかげ
  • すべてが少し不自然に感じらる
  • 会話することではなく、しないことです
  • 雨は『言の葉の庭』の主要なテーマ
  • 15歳の少年と27歳の女性のロマンス
  • 恋愛要素は不必要
  • ロマンスは重要なファクターではない
  • 説明不足は否めない
  • より繊細で本物のアプローチ
  • 新海誠作品の明白なテーマは「距離」
  • 視覚的に魅力的なアニメ

などの声が聞かれています。

新海誠
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました