『夏目友人帳』の海外の反応は?!心温まるエピソードが海外でも話題に!

テレビアニメ

不思議な雰囲気を持つアニメ『夏目友人帳』。

海外でも人気のアニメです。今回は『夏目友人帳』の海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『夏目友人帳』の海外の反応

英語字幕版が出るのを熱心に待っていました

私はプロモーション画像を見たときから、このアニメを楽しみにしていました。夏目は木の枝に座って足を少し水に触れさせ、彼の側には珍しい猫がいます。私はそのイメージだけで夢中になりました。言うまでもなく、私は『夏目友人帳』の英語字幕版が出るのを熱心に待っていました。アニメが終わった今、私は確かに言うことができます。それは短いが美しい経験であり、私の非常に特別なお気に入りの一つになりました。

何度も見直し、何度も考えさせられました

それぞれの物語は非常によく作られており、夏目が様々な出会いから導き出す深いメッセージを伝えています。夏目が妖怪との絆を手放すことができない理由、妖怪が人間と恋に落ちる理由。夏目友人帳は、日常生活ではあまり見られない美しいほろ苦い作品のコレクションです。それぞれの作品は私に幾分悲しくも温かい気持ちを残し、何度も見直し、何度も考えさせられました。

彼の吐息を感じるような気がします

アニメーションは美しい。かなりシンプルに見えるかもしれませんが、このアニメにはこれ以上完璧なものはありません。実際、そのシンプルさが、私にとっては本当に魅力的なのです。温かみのある色調と記憶に残るデザインにより、ストーリーと雰囲気を大幅にもり立てます。また、夏目が妖怪の名前を返すシーンのたびに、私はこのアニメに夢中になります。彼がページから文字を吹き飛ばすとき、彼の吐息を感じるような気がするからです。

非常に思い出深いもの

妖怪もとても面白いです。ほとんどの妖怪は割り当てられたエピソードにのみ登場しますが、それぞれは非常に思い出深いものです。彼らの性格と内面のトラブルは非常によく考えられているので、わずか20分間しか存在しなかったとは信じられなくなります。

最も印象的で、刺激的なアニメ

『夏目友人帳』は、おそらく私が今まで見た中で最も印象的で、刺激的なアニメです。湧き上がる感情の量は、特にアニメが13のエピソードしかないことを考慮すると、信じられないほど素晴らしいものです。

非常に見事に、非常に美しくまとめられています

各エピソードは非常に見事に、非常に美しくまとめられています。伝えられるメッセージと教訓は、とても感動的です。人生のある時点で、言葉にすることは不可能で、誰にも理解してもらえないと感じることがありませんか?『夏目友人帳』が示すように、孤立が解決策となることはめったにありません。意図的な人間(そしておそらく人間ではないかもしれません)の相互作用を通じて、内面の平和が達成されます。

スピリチュアルな雰囲気を醸し出します

このアニメは、物事がよりスピリチュアルな側面に向けられており、さわやかな感覚を与え、物事を面白くします。背景はほとんどまろやかであり、それは私に『蟲師』のスタイルを思い出させます。色はきれいできれいですが、外観はほとんど柔らかく見えます。その色合いや背景が、よりスピリチュアルな雰囲気を醸し出します。

『蟲師』の海外の反応は?!静かで美しいアニメ!!
『蟲師』はギンコという主人公が「蟲師」として旅をしながら、「蟲」が引き起こす不思議な現象と人々との関わりを描いたアニメです。 とても静かな作品で、短編小説を読んでいるような感覚で観られる作品になっています。 アニメファンからの評...

一般的な少年アクションシリーズではありません

『夏目友人帳』は、一般的な少年アクションシリーズではなく、妖怪のそれぞれの物語を語ることに力を入れています。時折アクションのシーンがありますが、これはあまり重要ではありません。

エピソードのほとんどすべては素晴らしい

エピソードは個々の妖怪に焦点を当てており、ストーリーは複数のエピソードと関連はありません(例外はあります)。エピソードのほとんどすべては素晴らしいものですが、私があまり気に留めなかったものが2つまたは3つあります。第2シーズンはこれらの品質を向上させ、最後の第4シーズンはシリーズで最高傑作と言われています。

キャラクターは非常に現実的で本当に存在するよう

このシリーズは本当にユニークです。すべてのキャラクターは非常に現実的で本当に存在するようです。彼らはそれぞれ独特の個性を持っていますが、それでも自然に感じます。すべてのエピソードで一貫して登場するキャラクターは、夏目自身と、妖怪のボディーガードであるマダラ別名ニャンコ先生だけです。あなたが夏目をもっと知るようになると、彼のことが好きになるでしょう。

プロットに「偶然」が多用されている

『夏目友人帳』についてあえて不満を言うとすれば、ほとんどすべてのエピソードのプロットに「偶然」が多用されているということです。夏目はまったく偶然によってエピソードのプロットに不可欠な何かに遭遇します。それはひどく気になるというものではありませんが、繰り返し行われ、非常に便利な展開です。それにもかかわらず、『夏目友人帳』は素晴らしいシリーズです。第2シーズンと第3シーズンは第1シーズンよりも優れており、第2シーズンは他の2シーズンよりも優れた監督とともに、よく作られたエピソードがたくさんあります。第3シーズンはストーリー全体と夏目の成長がより描かれています。どのシーズンがベストかは、スタイルと好みの問題です。

夏目は最も退屈なキャラクターの一人です

このシリーズの中心的な欠陥を言います。夏目は私が長い間アニメを見てきた中で、最も退屈なキャラクターの一人です。彼は空のプラスチックの箱と同じくらい説得力がありません。少なくとも、木箱は何かを入れることができます。このまったく興味のない主人公がいて、彼に緊張や感情移入を感じることは不可能です。代わりに夏目レイコのほうがよっぽど個性があり、魅力的です。

最も心温まるアニメの1つ

正直言って、この作品は素晴らしいです。見事なほろ苦いエピソード、好感の持てる十分に作られたキャラクター、そして不思議な雰囲気が漂うこの作品は、すべてに秀でています。この作品は、私が今まで見た中で最も心温まるアニメの1つであり、ストーリーが進むにつれて、どんどん良くなりました。

無感情な人でない限り、このアニメを嫌うひとはいない

このアニメはほぼすべての点で素晴​​らしいです。キャラクターはよくできており、ストーリーは心温まるものであり、音楽とアニメーションは素晴らしい雰囲気を作り出しています。正直に言って、アクションのない作品に魅力を感じない人や、ただの無感情な人でない限り、このアニメを嫌うひとはいません。

多くの異なるジャンルが絡み合ったアニメ

これは、アクションを期待している人や、キュートなキャラクターで萌えを期待している人向けのアニメではありません。『夏目友人帳』は、多くの異なるジャンル(ドラマ、悲劇、ファンタジー)が絡み合ったアニメです。ストーリー展開が遅く思えるかもしれませんが、各エピソードはよく作られています。

ユーモアもありますが、同時に悲劇と悲しみもあります

アニメには多くのユーモアがありますが、同時に悲劇と悲しみもあります。各エピソードでは、夏目が新しい状況をどのように扱うかを見るためだけに、アニメをもっと見たいと思いました。各エピソードが放送されたとき、私は本当に次のエピソードを待つことができないことがわかりました。

夏目の強さには畏敬の念をいだきます

このアニメはほろ苦い瞬間に満ちており、一般的に怒りや動揺を感じさせるはずですが、『夏目友人帳』ではそうではありません。奇妙なことに、夏目は人々を憎んでもいいはずですが、夏目は結局彼らをもっと愛するようになりました。彼の強さには畏敬の念をいだきます。

スポンサーリンク

おわりに

『夏目友人帳』の海外の反応をお届けしました。

  • 英語字幕版が出るのを熱心に待っていました
  • 何度も見直し、何度も考えさせられました
  • 彼の吐息を感じるような気がします
  • 非常に思い出深いもの
  • 最も印象的で、刺激的なアニメ
  • 非常に見事に、非常に美しくまとめられています
  • スピリチュアルな雰囲気を醸し出します
  • 一般的な少年アクションシリーズではありません
  • エピソードのほとんどすべては素晴らしい
  • キャラクターは非常に現実的で本当に存在するよう
  • プロットに「偶然」が多用されている
  • 夏目は最も退屈なキャラクターの一人です
  • 最も心温まるアニメの1つ
  • 無感情な人でない限り、このアニメを嫌うひとはいない
  • 多くの異なるジャンルが絡み合ったアニメ
  • ユーモアもありますが、同時に悲劇と悲しみもあります
  • 夏目の強さには畏敬の念をいだきます

などの声が聞かれていました。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました