『アキラ』の海外の反応は?!日本のアニメを世界に知らしめた作品!!

未分類

日本でもコアなファンが多い『アキラ』。

海外でも、日本のアニメを世界に知らしめた作品として有名です。

特に、1980年代に制作されたとは思えないほどクオリティの高い作品に、海外の評価も高くなっています。

日本を代表するアニメ『アキラ』の海外の反応をお届けします。

『アキラ』の海外の反応

非常に高度なアニメーション

この映画は1988年に作成されたことを覚えておく必要があります。正確に批判する場合は、これを考慮する必要があります。このアニメは、1990年代初頭に始まったアニメファンダム(アニメの国際的なコミュニティ)の第2波の先駆けと考えられています。アメリカ西部でのアニメの人気の高まりをリードしました。この映画が成功した理由の1つは、非常に高度なアニメーションの品質でした。当時、ほとんどのアニメは、キャラクターの口だけを動かして顔を動かさないようにするなど、動きが制限された悪名高いものでした。『アキラ』は細心の注意を払った詳細なシーン、会話と口の動きが合ったアニメーションでこの傾向を打ち破りました。 そして映画の160,000以上のアニメーションセルで実現される超流動的な動き。さらに映画の注目すべきモチーフには、若者文化、非行、精神的な認識、社会不安、および核破壊の歴史的な亡霊と戦後の日本の経済復興と比較した将来の不確実性が描かれます。

16万以上のアニメーションセル

技術的には、これはTMSエンターテインメントのプロダクションであり、このアニメ映画は大友克洋(同じ名前の漫画を作成した)が監督しています。明らかな理由の1つとして、画期的なアニメでもあります。1988年、アニメーションは皆を驚かせました。『アキラ』を初めて見たとき、私は感動しました。私はそれを見る前に1988年に作られたことを知っていましたが、80年代後半に作られたと信じることはほとんど難しいと思います。なめらかななアニメーションがあり、アクションシーンは激しく描かれます。映画の最初の15分間のバイクチェイスシーンが大好きです。もしあなたがウィキペディアでこの映画を調べていなかったなら、私はあなたにそのことを伝えます。このアニメ映画には、2時間の体験を通して16万以上のアニメーションセルがあります。この映画の制作には多大な労力が費やされました。この映画は地獄のような努力の成果です。

完璧にはほど遠い作品だが、観るに値する作品

『アキラ』は非常に物議を醸す作品ですが、注目に値するものです。それは決して簡単なアニメではなく、簡単なレビューの対象でもありません。しかし、映画とそのクリエイターが発揮する野心と影響力は、作品全体を評価することに繋がります。他のほぼすべての独創的な作品と同様に、アキラは完璧にはほど遠い作品のため、多くの人々がそれを良い映画とさえ考えていません。ただし、観るに値する作品です。

文句なしの古典的なアニメ

私は長年アニメを見てきましたが、アキラは私が今までに見たことのない最高の作品の一つだと言わざるを得ません。アニメーションとアクションの連続は、これまでに登場したいくつかのアニメと比較して非常によく描かれています。ペース配分はほぼ完璧で、絵と音楽は、あなたが本当にその世界にいるような気にさせます。古典にはそれなりの理由がちゃんとあり、アキラは文句なしの古典的なアニメです。

なぜ支持されるかわからない

『アキラ』は、大友克洋の同名の漫画シリーズが原作の映画です。この映画は、その母国である日本以外でも大成功を収め、これまでに制作された史上最高のアニメの1つとして告知されています。この映画を初めて見たのは2007年で、もう一度見たいとは思いません。私は「クラシック」アニメをあまりうまく理解できない傾向がありますが、なぜこの映画がアニメの「素晴らしい」例として支持されているのか、今でもわかりません。この映画の素晴らしい点は、アクション映画で撮影してはいけないことを教えてくれることです。

問題は物語のあいまいさです

多くの場合、『アキラ』は古典として歓迎され、私はその賞賛がどこから来ているのかを理解することができます。この種の終末論的なアニメは常に称賛を集めるようです。『アキラ』の主な問題は、物語のあいまいさです。私はこのような抽象的で哲学的な物語の最大のファンではありませんが、『アキラ』もストーリーがハッキリとせず、それが私の混乱をさらに悪化させています。私は友人と一緒に見ていましたが、彼は漫画を読んで蓄積した知識を使って何が起こっているのかを絶えず私に説明しなければなりませんでした。私自身の見解は、このようなアニメはそれ自体で理解できるものでなくてはならないということです。何が起こっているかを理解するためだけに漫画を読む必要はないはずです。

説明のない映画です

『アキラ』は興味深いアイデア満載です。映画のテクノロジーへの恐怖、階級闘争などのテーマがあります。しかし、残念ながらそれらのテーマが実際に深く探求されることはめったにありません。中でほのめかされただけです。私たちは、暴力の衝撃的な使用以外に、なぜそれが関連するのか、なぜ彼らに共感したり敵意を抱くべきなのかを教えられません。精神的な力や政府の陰謀などを提示したとき、映画は実質を持たずに肥大化したように感じます。『アキラ』は説明のない映画です。精神的な子供たち、そして権力、アキラ、それはすべて必要最低限​​のものであり、ストーリーを続けるには少なすぎます。すべての関連性は確立されません。

ディズニーに匹敵する流動的なアニメーション

ほとんどの人がおそらく最初に気付くのは、この映画のアニメーションです。なぜなら、この映画は非常に高品質だからです。日本のアニメーションは、「固まったアニメーション」と批判されることがあります。日本のアニメクリエイターは一般的に、例えばアメリカのアニメクリエイターが通常行うような動きの流動性を目指していません。加えて、日本のアニメクリエイターは、会話の場面でキャラクターに静的な表情をさせるなど、しばしば罪を犯します。公平を期すために、多くの日本アニメのアートは、アメリカのアニメーションで通常見られるものよりも少し繊細です。ただし、動きの滑らかさはありません。それに比べ、『アキラ』のすべてのシーンには、少なくとも私の意見ですが、ディズニーのそれに匹敵する非常に詳細で流動的なアニメーションが含まれているため、これらの日本アニメの批判を『アキラ』に適用することはできません。

映画の大半のシーンが夜の場面という事実

『アキラ』のアニメーションが特に印象的である理由の1つは、映画の大半のシーンが夜の場面という事実です。さて、これは普通の人にとって重要なポイントとは思えないかもしれないので、説明させてください。実写映画の撮影に取り組んでいる人と同様に、アニメーターは、夜に行われるシーンに取り組んでいる間、照明に対処するか、少なくとも照明の効果を描く必要があります。これは、アニメーターが影を描くことを心配する必要があるだけでなく、シーンで想定される照明に背景を合わせるために、より多くの色を使用する必要があるため、アニメーションがより複雑になる可能性を意味しています。このため、多くのアニメーターは、夜に行われるシーンの描写を避けようとします。しかし、『アキラ』に取り組んでいるアニメーターは、簡単な方法を採用するのではなく、工程が増えようとも夜のすべてのシーンがリアルな照明が描写されるよう色付けされ、結果が本当に驚くべきものであることを確認しました。この理由から、私はこの作品のアニメ化に取り組んだ人々に最高の敬意を払っています。

破壊に関する映画です

『アキラ』は多くのものに関する映画ですが、何よりも破壊に関する映画です。映画の中では、多くの人間の命、身体の部分、友情、都市、政府、社会の破壊を目撃することができます。ちょっと見ている間、あなたはあなたのまさしくその目の前で映画のプロットが破壊されるのを見ることができると主張するかもしれません。しかし、これほど多くの破壊に関する映画が美しいアニメーションの制作、非常にリアルで共感的なキャラクターの作成、そして間違いなくアニメの国際的なコミュニティの形成ににつながったというのは皮肉です。おそらくフェニックスのように、『アキラ』は死と破壊から新しい生命と思考が生まれることを証明する映画です。アキラは完璧な映画ではありません。だからこそ、美しい映画といえるのです。

おわりに

『アキラ』の海外の反応をお届けしました。

  • 非常に高度なアニメーション
  • 16万以上のアニメーションセル
  • 完璧にはほど遠い作品だが、観るに値する作品
  • 文句なしの古典的なアニメ
  • なぜ支持されるかわからない
  • 問題は物語のあいまいさです
  • 説明のない映画です
  • ディズニーに匹敵する流動的なアニメーション
  • 映画の大半のシーンが夜の場面という事実
  • 破壊に関する映画です

などの声が聞かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました