【海外の反応】『ワンパンマン』を観てアニメの面白さを思い出しました!

テレビアニメ

ウェブ漫画から火がついた『ワンパンマン』は、日本を飛び出し海外にまでその人気は飛び火しています。

『ワンパンマン』の海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『ワンパンマン』の海外の反応

再び私を興奮させてくれた

8歳のとき、私は『ポケモン』にハマりました。私はテレビ放送を一瞬も逃さないように、学校から家まで走って帰っていました。しかし、成長するにつれて、そのような興奮は消え始めます。作品がどれほど良いものであっても、視聴者にそのような興奮を与えることができるアニメ作品はわずかです。20歳になった私は、アニメが再びその興奮を感じさせてくれるとは想像していませんでした。その時、私を興奮させた作品が『ワンパンマン』でした。

シンプルでありながら素晴らしい

ほとんどのアニメでは、通常主人公には何らかの武器がありますが、それはアニメに派手なエフェクトを追加するだけで使用できます。しかし、武器となるものが彼の拳だけというヒーローがいます。戦いは注意深く描かれ、アニメーション化されなければなりませんでした。そして、Madhouseがそれをやってのけました。彼らは視聴者をめったに失望させないことを私は知っています。滑らかな動き、壮観な効果、変な顔、ただし劇的なものは何もありません。シンプルでありながら素晴らしい、それがこのアニメです。マッドハウスは、視聴者にアニメを最大限に楽しんでもらう方法を知っています。

100点中1000点をあげたいです

『ワンパンマン』は傑作です。私は約8年間アニメを見ていました。約400のアニメシリーズを見てきましたが、100点満点のアニメを5つしか知りません。しかし、『ワンパンマン』は100点満点でもいいのですが、私としては100点中1000点をあげたいです。スタジオマッドハウスは、アニメスタジオの先駆者です。日本に行って、このような素晴らしいアニメを作ってくれたことを個人的にお礼したいくらいです。このアニメの監督である夏目真吾が、このアニメを作成するために素晴らしいチームと声優を結集してくれたことに感謝します。

すべてのエピソードで間違いなく楽しめます

『ワンパンマン』は爆発的にヒットしたので、少し過大評価されているように見えるかもしれません。しかし、ウェブ漫画のセンセーションからテレビの大ヒットまで、シリーズは常に成長を続けています。プロデューサーが言及していたように、セカンドシーズンも制作されました。シェイクスピアレベルのストーリーテリングはないかもしれませんが、すべてのエピソードで間違いなく楽しめます。バトル系少年アニメ/漫画のジャンルは古くから存在し、『ワンパンマン』がパロディ的な作品として、どのようにそれをからかうのかを見るのは楽しいことです。

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

実際にアニメ化される日まで待ちきれませんでした

2013年に村田の『ワンパンマン』のマンガを読み始めてから、『ワンパンマン』が実際にアニメ化される日まで待ちきれませんでした。マッドハウスがプロジェクトを立ち上げていると聞いたとき、私の興奮は非常に大きくなりました。さて、最終的にアニメが完成し、私は間違いなく、マッドハウスによって最適な形で制作されたことをうれしく思います。

私がどれほど間違っていたことか….

正直に言うと、私はかなり長い間アニメに飽きています。確かに、私はいくつかのアニメを見てきましたが、それはすでに終了したタイトルか10歳未満の頃に観たのアニメがほとんどです。だから、当然『ワンパンマン』のことを聞いたとき、私は過去5年間放映されてきたものと同じ古いものとしてそれを鼻で笑いましたが、私がどれほど間違っていたことか….

コミカルなものから壮大なものまで

戦闘シーンには、コミカルなものから壮大なものまでさまざまな素晴らしいアニメーション品質とテーマが含まれています。私は最初はオープニングソングが好きではありませんでしたが、数回のエピソードの後、楽曲がキャッチーなので、私はそれをスキップすることを止めました。エンディングの歌も嫌いだったが、それは主に、次のエピソードを一週間待たなければならないことが頭にあったからだと思う。

「アニメの救世主」であると言っている人々もいます

このシリーズを他のアニメファンに観てもらいたいと心から言うことができます…しかし、「アニメの救世主」であると言っている人々もいますが、まあそれほど「救世主」という感じではありません。そして今シーズン放送する最高の作品というわけでもありません。とにかく、私はこのシリーズが大好きです。

シリーズ全体で感じた圧倒的な「喜び」

シリーズ全体で感じた圧倒的な感覚、それは「喜び」です。アニメは一緒になって、何度か大声で笑ってしまうほどの素晴らしいコメディを特徴としています。基本的にすべてのエピソードで私は口をポカーンと開け、鳥肌を立て、笑いや悲鳴を上げました。既に述べたように、アクションは非常によくできています。

刺激的で、良いメッセージがあります

『ワンパンマン』は単なる楽しいショーではありません。刺激的で、良いメッセージがあります。ヒーローになるとはどういう意味ですか?人々が絶望的な状態にあるとき、どのようにそこから復活することができますか?すべての人間は完全に堕落していますか?勇気の本当の意味は何ですか?人間の本質は何ですか?モンスターと人間の違いは?『ワンパンマン』は、これらのすべての質問に、登場人物間の大げさなセリフ無し、シンプルなストーリーで明確に回答しました。

独自の魅力を持っています

『ワンパンマン』は、ユーモアと非常によくできたアクションシーンを、今まで見たことのない方法で絶えず組み合わせています。このショーは、戦闘中またはそれ以外の場面でのジョークまたは衝撃的なシーンであなたを襲います。ジョークはやや微妙です-ユーモアは時々暗示されるだけです。しかし、それは独自の方法で独自の魅力を持っています。

重要で予測不可能なテーマに焦点を当てています

ワンパンマン』はあまりにも予測可能であると言う人が多いようです。しかし『ワンパンマン』は権力闘争のいじめをなくし、より重要で予測不可能なテーマに焦点を当てています。サイタマは常に勝つことを知っていますが、彼の周りの世界はどうですか?人々の心の中で何が起こっているのでしょうか?社会の構造と行動に対する彼の反応は?混乱の時代における他者の役割は?ヒーロー間の人間の相互作用?権力闘争をやめ、『ワンパンマン』はこれらのアイデアに集中することができますが、作品は純粋な娯楽です。

アニメに対する私の関心も復活しました

私は最近あまりアニメを見ていません。多くのユーザーのように、私は20代前半はアニメの熱心なファンでしたが、30歳に近づき、興味が他に移るにつれて、アニメの視聴時間は着実に低下しました。数年前、私は『進撃の巨人』を観ましたが、それは恐ろしく、しかし見逃してはいけないという印象を持ちました。 そしてある夜、『ワンパンマン』のことを知りましたが、特に観たいという望みはありませんでした。ところが実際に視聴してみると、それは素晴らしいシリーズであることが判明しただけでなく、アニメに対する私の関心も復活しました。

スポンサーリンク

おわりに

『ワンパンマン』の海外の反応をお届けしました。

  • 再び私を興奮させてくれた
  • シンプルでありながら素晴らしい
  • 100点中1000点をあげたいです
  • すべてのエピソードで間違いなく楽しめます
  • 【PR】アニメ・漫画・ゲーム好きの恋人と出会える!!
  • 実際にアニメ化される日まで待ちきれませんでした
  • 私がどれほど間違っていたことか….
  • コミカルなものから壮大なものまで
  • 「アニメの救世主」であると言っている人々もいます
  • シリーズ全体で感じた圧倒的な「喜び」
  • 刺激的で、良いメッセージがあります
  • 独自の魅力を持っています
  • 重要で予測不可能なテーマに焦点を当てています
  • アニメに対する私の関心も復活しました

などの声が聞かれていました。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました