『となりのトトロ』は海外でも人気か?!海外の反応を調べてみた!!

未分類

海外進出の際に過度な改変をされた「風の谷のナウシカ」の失敗。

その失敗を受けて宮崎駿は、『となりのトトロ』の海外版には一切の改変を許しませんでした。

たとえ文化的な違いがあっても、宮崎は『となりのトトロ』をそのままの形で海外へ送り出したかったようです。

それでは、文化の違う海外の人々は『となりのトトロ』を観てどのように感じたのでしょうか。

海外の反応を調べてみました。

『となりのトトロ』の海外の反応

感情をリアルに感じられる

アニメーションには、各シーンが生き生きとリアルに見えるようにする多くのディテールにこだわって作られています。例えば子供たちが泣いているシーンですが、普通アニメでは泣いている姿をリアルに描こうとします。しかし、トトロでは、子供が泣き始めたとき、私は彼女が経験した感情をリアルに感じ、その年齢の子供がそうするのと同じように現実的に反応することができました。

子供の想像力に命を吹き込んだ作品

『となりのトトロ』は簡単に言えば、子供の想像力に命を吹き込んだものです。現実をもとにした空想的な物語は、魔法と神秘を明らかにする絵のような不思議に満ちています。大人の目から隠れ、この魔法は純粋な心の人だけにごほうびを与えます。森の精霊と神秘的な守護者は、子どもたちの創造性と率直さを体現しています。人生のシンプルな喜びと自然の美しさを体験するコンテンツです。現実的な特徴を備えたサツキとメイは、映画の世界に素晴らしいレンズであり、彼女たちの楽観と熱意がすべての小さな発見を聴衆に共鳴させます。子供のための冒険であり、大人のための子供時代を再訪する機会になるはずです。

細やかな部分にも最新の注意を払っている

ジブリの評判に忠実に、『となりのトトロ』のビジュアルは、非常に細かな部分にも細心の注意を払って巧みに制作されています。ボディーランゲージと顔の表情に富んでおり、キャストの行動や相互作用にニュアンスとリアリズムを伝えるだけでなく、見せることの芸術にも成功しています。大人も子供も年齢に応じた行動をするため、これらの絶妙さがキャラクターに印象的な信憑性を与えます。物理的な環境も鮮明に詳細に描かれ、キャストとファンタジーの融合の舞台を作り上げています。

子供時代の美しさをカプセル化した作品

子供向けの物語でありながら、あらゆる年齢の視聴者に適した映画である『となりのトトロ』は、子供時代の美しさをカプセル化した素晴らしい物語です。サツキとメイの想像力の素晴らしい描写は、ほとんどの子供たちに存在する本当の感覚を伝えます。その写実性を超えて、映画は自然の現れとの超自然的な出会いによって見事な魔法の体験を私達に提供します。しかし、これは非常に穏やかに発生するため、夢のような物語であり、幸福な始まりと終わりの両方であると考えることができます。真の古典『となりのトトロ』は、最も純粋で最も美しい思い出の一つである心温まる経験として、多くの人の心に残ります。

もう一度子供時代に戻りたくないですか?

「あなたはもう一度子供時代に戻りたくないですか?」物語の背後にある基本的な原動力はこれです。あなたの唯一の責任が、学校へ行き、時間通りに家に帰ることであった時代に戻りたくありませんか?毎日新しいことを学び、見つけ、発見するのを楽しみにしていたあの時代に。この普遍的でありながら永遠に人々を魅了し続けるテーマは、『となりのトトロ』がヒットした理由です。ストーリーは非常に細かく作成されているため、子供たちはこの映画を2人の姉妹の冒険と見なし、大人は大人のアニメを、永遠の無邪気な子供時代を思い起こさせる時代を超越したクラシックだと感じています。

キャラクターが素のままでいられる

物語の肯定的な側面は、それがキャラクター主導であることです。キャラクターを成長させたり難しい決断をさせたりするのではなく、この映画のキャラクターはシンプルでリアルな魅力があるため、ダイヤモンドの原石です。彼らは、同じ年齢の好奇心旺盛で元気な子どもたちと同じように考え、行動し、振る舞います。二人の姉妹、サツキとメイは、子供たちに刺激を与え、彼らの甘くて愛すべき態度で大人に勝つはずです。彼らは自分の役割に必要なすべてのエネルギーと感情を引き出すのです。

すべての年齢のための物語

『となりのトトロ』は、楽しさとエンターテインメントにあふれている映画です。トトロを存在をうまく引き立たせているのは、映画がそのシンプルで子供らしいスタイルをいかに公然と認めているかです。時々、過度に楽観的なタイトルは、非現実的で不必要な幸福で視聴者を圧倒します。ここには幻想的なものの中にリアリズムがあり、そのリアリズムは喜びと笑いを与えます。『となりのトトロ』は、すべての年齢のための物語です。

魔法はキャラクターにあり

『となりのトトロ』は、小さな子供たちと、年配の視聴者のかなりの割合が必ず楽しめる楽しい映画です。特に深い映画でも、特に刺激的な映画でもありません。物語の中心にあるのは、田舎に移住する家族と、奇妙で 素晴らしい生き物に出会う子供たちについての簡単な物語ですが、それだけではありません。魔法はキャラクターにあります。なぜなら、『となりのトトロ』はアニメで最もかわいい、最も象徴的なキャラクターで満たされているからです。これらの忘れられないキャラクターの中で、ショー彩るのは大きくて愛らしいふわふわのトトロ自身であるため、ミッキーマウスがディズニーのセレであるかのように、トトロはスタジオジブリのマスコットです。幻想的に奇妙な人間以外のキャラクターは、宮崎映画の特徴かもしれませんが、『となりのトトロ』はこれらの特徴を継承しています。人間のキャラクターは、他の宮崎映画のキャラクターの親族であるかのように、見慣れた外観を持っています。それから、よく使われているおてんば娘と、宮崎が使いたがっているセットアップと友達を作りたい男の子がいます。しかし、これらのリサイクルされたキャラクターの中で、私はメイが好きです。メイは誰もが大好きな愛らしい妹のようです。

おわりに

『となりのトトロ』の海外の反応を調べてみました。

  • 感情をリアルに感じられる
  • 子供の想像力に命を吹き込んだ作品
  • 細やかな部分にも最新の注意を払っている
  • 子供時代の美しさをカプセル化した作品
  • もう一度子供時代に戻りたくないですか?
  • キャラクターが素のままでいられる
  • すべての年齢のための物語
  • 魔法はキャラクターにあり

との声が聞かれていました。

やはりメイやサツキなどの純粋なキャラクターたちは、海外でも受け入れられているのですね!

↓ジブリアニメの海外の反応まとめ↓

【海外の反応】海外で人気の「ジブリ映画」7選!!
日本のアニメを世界に知らしめたジブリ映画。 文化や言語の違いを越え、世界中で愛されています。 そんなジブリ映画のなかでも、海外で人気の映画はどの作品でしょうか。 海外で人気のジブリ映画を集めてみました。 海外で人気の「ジ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました