『この世界の片隅に』の海外の反応は?!戦争を描かない戦争映画と話題に!!

未分類

第二次世界大戦中の庶民の生活を描いた『この世界の片隅に』ですが、海外でも高い評価を受けているようです。

特にフランスでは批評家の評価も軒並み高かったとか。

特に戦争を扱った映画なだけに、海外の人々にとっても日本人とはまた別の感じ方をするのではないでしょうか。

というわけで、今回は「この世界の片隅に」の海外の反応を調べてみました。

『この世界の片隅に』の海外の反応

電車の中でも泣き続けました

空襲シーンは本当に恐ろしいものでしたが、血まみれになったり残酷さを過度に強調したりはしていません。戦争を強調するのではなく、あくまでも日常生活を淡々と送る主人公たちを描いており、戦時中でも慎ましく暮らす庶民の暮らしを垣間見ることができます。原爆の影響は、その後の短い恐ろしい場面(主人公が広島から30-40km離れた呉にいたため)を除いて直接示されていませんが、間接的な悲しみとして描かれています。涙を流すだけでは感情をコントロールするのに十分ではなかったので、劇場でうめきました。映画が終わった後、私はクリスマスライトと家族や友人の間で幸せな顔で街にいました。世界はごく普通でありながらも非常に脆弱であると感じました。私は家に向かう電車の中でも泣き続けました。

映画館が緊張感で包まれていました

映画の最初から、劇場の緊張を感じることができました。私たちは聴衆として、戦争がどのように個々の日本人に影響を与えたのかほとんど知りませんでした。この映画で私達は戦争や原爆が、特に広島にとって何を意味するのかについて知ることになりました。映画が進み、ますます時間が経過するにつれて、部屋の緊張が強くなりました。なぜなら、私達アメリカ人は皆この先に何が起こるのかを知っているからです。このようなことが劇場のすべて人々に起こっているのを見ることができました。

何度でも立ち上がる日本人を描いたアニメ

戦争は多くの場合、映画、本、漫画、アニメなどの多くの媒体で説明されており、戦争自体の残酷さを示しています。そして、日本はしばしば戦時をテーマにしたアニメをリリースしました。特に、第二次世界大戦、日本が負けた戦争です。第二次世界大戦の時代は、さまざまな視点で描かれています。2人の兄弟が生き残った「火垂るの墓」、または航空技術者のほろ苦い生活を視点にした「風立ちぬ」。そして「この世界の片隅に」。これらの映画では、彼らは第二次世界大戦中の物語を伝えるためにいくつかの興味深い視点を持っています。ハリウッドの戦争映画は、愛国心と誇りを持つ栄光に焦点を当てていますが、日本の映画やアニメは、この時代を描くために別のアプローチを取ります。より多くのドラマに包まれて、彼らは感動的な感覚を通して、または何度も何度も立ち上がる精神でそれを伝える傾向があります。これからの世代に本当に強力なメッセージを伝え、戦争が短い勝利の背後に悲劇と悲しみをもたらすことを常に伝えます。強力なメッセージに包まれながら、視聴者がすすり泣くようなテーマを提供します。このテーマが、日本の戦争映画を本当に特別なものにしています。

普通の家族の普通の物語

これは「火垂るの墓」のアナザーストーリーではありません。これは「はだしのゲン」のアナザーストーリーではありません。これは広島の映画ではなく、第二次世界大戦に関する映画ですらありません。この「この世界の片隅に」にあるのは、ある女性の普通の家族との普通の生活のスナップショットにすぎません。ちょうど第二次世界大戦中に広島県で起こります。宣伝資料から、それは、損失、死、戦争の恐怖のテーマを扱った単なる涙ぐましい物語のように思えた。もちろん、映画にはこれらのテーマがありますが、ランタイム中に付随的にすべて自然に導入され、スクリプトがそれを意図しているため、突然前面に表示されることはありません。この映画は、適応、調整、変化、そして時間とノスタルジアの夢のような性質に焦点を当てています。

広島訪問は、血を流すような体験

私は2016年5月に広島を訪れました。それは血を流しているかのような体験でした。現在の都市は活気に満ちた大都市であり、1945年の過去とは劇的な対照をなしています。他の巨大な日本の都市と同様に忙しない広島は、特に平和記念碑地域では、まだ厳かな雰囲気に包まれています。平和の鐘が聞こえ、平和の炎が消えず、最後の核兵器が破壊されるまで続きます。広島では平和記念資料館を訪れることができます。平和記念碑には、多くの日本の学童がいました。多くの外国人訪問者が博物館に来て、入場直後に最初の展示を見たときに本能で頭をそらし、写真を見て出口でキャプションを読んだ後、希望を取り戻しました。 新しい芽を出し、それが生き返りました。焦げた廃墟の中で、人々は生きている希望と勇気を取り戻しました。ですから、ここで小さな主張をしたいと思います。広島を訪れなければ、「この世界の片隅に」に描かれた破壊の規模を想像することはできません。ここに視聴者がいたとしても、第二次世界大戦を生き抜いた人はほとんどいません。この映画、広島と長崎は、戦争の破壊、核兵器の脅威を決して忘れないでくれます。そして、これは二度と起こらないはずです。

一生忘れられない映画

このレビューは私にとって少し個人的なものです。昨年4月7日にこの映画の上映がありました。アニメ映画は私の国で歓迎されているので、私は映画を見に行くことにしました。その日がようやく来たとき、私は、私の町でテロ攻撃が発生したことを知りました。これはまた、他の攻撃を恐れて公共交通機関が閉鎖されたことを意味します。仕事が終わった後、私はその小さな映画館への長い道のりを歩きながら、いつものように私の日常生活を送ることでテロリストに屈しない決意をしました。映画を運営する人々もテロリストには屈しませんでした。私の周りで起こったすべてのことで、第二次世界大戦中に苦労している日本の女性である鈴がどのように関連しているかを感じました。鈴と彼女の家族や友人のために何かが起こったとき、私は笑いと泣きの両方に来ました。この映画は、戦争の中でも日常生活を送っているという物語で、私にとって一生忘れられない映画になりました。

戦争を描いた作品ではありません

この映画自体は第二次世界大戦を描いたものではありません。ミッドウェイの戦いやサンゴ海の戦いについては描かれていません。当然のことながら、戦争の進行に関する情報は、当時日本の民間人には厳重に隠されていました。キャラクターは、空が爆撃機と戦闘機で一杯になるまで、アメリカ海軍と空軍が急速に接近していることに気づきません。このように、視聴者は、ある種の素朴さで鈴の体験を通して繰り広げられる恐怖を見ることができ、第二次世界大戦とそれがどのように終わるかについての事前知識と組み合わせると、全体の出来事がさらに悲劇的な気分になります。

おわりに

『この世界の片隅に』の海外の反応でした。

戦争のさなかでも慎ましく生きる鈴に、海外の人々も胸を打たれているようです。

また、戦争の血なまぐさい悲惨な側面をあえて強調しないところも、海外の人々には、色々と考えさせられると話題になっていました。

↓海外で人気のアニメランキング↓

【海外の反応】海外で人気のアニメランキングTOP20!!
海外で人気のアニメランキングTOP26!! 26位 モブサイコ100 25位 ハイキュー!! 24位 銀河英雄伝説 23位 3月のライオン 22位 コードギアス 21位 鬼滅の刃 20位 デスノート ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました