『はじめの一歩』の海外の反応は?!ボクシングファンじゃなくても楽しめる?!

テレビアニメ

『はじめの一歩』はボクシング作品として、長きにわたって人気を誇っています。

それは海外でも同じで、作品の長さにも関わらず『はじめの一歩』のファンはたくさん存在します。

しかも、多くが特にボクシングに特別な思い入れがないといいます。

そんな『はじめの一歩』の海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『はじめの一歩』の海外の反応

気づいたらジャブしている

最初に、私はボクシングのファンではないということを言わせてください。実際、私はスポーツ自体が大嫌いです。正直なところ、人々が顔や体を打つのを見るのが好きですか?とはいえ、このシリーズは見事です。コメディ、ロマンス、そしてたくさんの、たくさんの、たくさんの葛藤があります。一歩が人として、プロのボクサーとして成長する姿を見ていてください。あなたはおそらくいろいろな場面でで泣きます。私はボクシングが好きでもないという事実は、邪魔をすることはありませんでした。あなたはおそらくショーを見ている間にあちこちでジャブをしていることに気づくでしょう。

一歩の対戦相手のサイドストーリーも見もの

このアニメを特別なものにしているのは、間違いなくキャラクターです。各キャラクターがいかに親しみやすく、独創的で、完全に作られているのかを理解すると、思いやりが生まれ、そして最後に応援することになります。エピソード続くにつれ、主人公の一歩はもちろんのこと、一歩の対戦相手でさえも、メインヒーローに敵対するくらい詳細なバックストーリーを与えられます。そして、これらのキャラクターが自分の人生に非常に真剣であり、あなたがそれを本当に感じ、そしてあなたはそのような世界が実際にそこに存在する可能性があると信じてしまいます。

最期まで飽きません

アニメを愛し、叫び、息を止め、席から飛び出そうとするとき、あなたはアニメを愛しています。あなたは、スリルが背筋をひりひりさせるほどアニメを愛していることを知っているので、あなたは積極的に根を張り、応援し、勝利の空気を感じます。ある夜に15エピソードを視聴し、翌朝目を覚まして観戦を続けるとき、あなたはそれを愛しています。そして、76のエピソードと2つのボーナスの後でも、手放すことはできません。彼らはすでにあなたをその世界に包み込みました、それらのキャラクター、彼らの人生、彼らの野望、そして突然…突然、あなたはただ去らなければなりません。

【PR】人気のアニメが見放題!!「dアニメストア」

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

現実のボクサーを取り入れている

このアニメの心と魂に取りかかりましょう。今日のいくつかのアニメで見られる反復アクションに耐えられない人には、このアニメは間違いなく爽快です。すべての現実的な動きと戦闘スタイルを描くことにより、ボクシングの実際のスポーツの技術、興奮、および激しさを本当に正確に描写しているアニメです。最初の例は一歩です。彼はマイク・タイソンに基づいており、覗き見ブーイングスタンスを使用し、身体を動かし、内側に入ったら効果的なジャブを持っていました。千堂武士は、カミソリのラドックをベースに、フックとアッパーカットをミックスしたスマッシュパンチを使用しています。そして羽柴はトーマス・ハーンズに基づいており、彼の奇妙なリーチを使ってクレイジーなジャビングシステムを使用しています。速水、彼のショットガンは非現実的だと思いますか?アリが現役の頃は、彼は信じられないほどのスピードを持っていました。3秒で15回パンチを当てたアリのビデオがあります。

ありきたりだが効果的

はじめの一歩は、ボクシングの純粋な本質を捉えることができる非常に面白いアニメシリーズで、いくつかの本当に記憶に残る試合があります。ハードワークで壁を乗り越える」ことが少年のジャンルでよく展開されていますが、それでもこのシリーズの効果的なプロットデバイスであることが証明されました。このシリーズ(76エピソード)の長さに圧倒される人もいます。それにもかかわらず、このタイプの戦闘少年アニメを楽しむタイプの人なら、間違いなくあなたは作品を楽しむでしょう。

私が見た最高のアニメの1つ

私の友人がこのアニメを勧めてくれましたが、はじめはボクシングについて何がそんなに素晴らしいのか理解できませんでした。さらに、75エピソードでどのように面白いものになり得るのかわかりませんでした。私はこのアニメに与えられた肯定的なレビューとスコアを見た後に作品を試してみることにしました、これは私が見た最高のアニメの1つであったと言わざるを得ません。これほどまでにメインキャラクターに現実感が根付いているアニメはほとんどありませんが、私はしばしばスクリーンへ叫び、空中にパンチを繰り出していることに気づきました。

作品を構成する公式がわかってしまう

その長さにもかかわらず、無駄な時間はあまりないので作品は楽しめます。物語は戦いごとに確実に進行し、一歩の対戦相手を1つずつ紹介し、一歩のボクサーとしてのランクを着実に上げていきます。ただし、作品のすべてが一歩自身に関するものではく、このルーチンはすぐに古くなっています。2回目または3回目の戦いで、森川ジョージが使用している公式が何で構成されているかはすでに明らかです。一歩の次の敵は彼の最後の敵よりも強いので、通常は新しいテクニックを習得するなど、何らかの形でこれに適応する必要があります。そして戦い自体が始まると、それはすべて一歩が彼の純粋な粘り強さで勝つことに帰着します。敵が彼に向けたものに関係なく、彼はただただあきらめません。観客は、各ラウンドの間に終わることのないスタミナについてコメントする必要性を感じることになるでしょう。

『空手キッド』と『ロッキー』の合いの子

『はじめの一歩』は、一般的なスポーツ映画の公式を使用して開始します。いつもいじめられており、学校で負け組として見限られている一歩という問題を抱えた子供が主人公です。彼は貧しい漁師の家族出で、魚の餌のにおいがします。ある日、ボクシングチャンピオンが通りかかって、いじめっ子じから一歩を救ったとき、必然的に、チャンピオンは一歩の賢明な指導者となり、一歩は強くなり、自分自身のために訓練するようになります。『はじめの一歩』は基本的に、1984年の『空手キッド』と『ロッキー』シリーズの合いの子として始まります。ただし、『はじめの一歩』は、人々がノスタルジックなイメージを持っている古い映画を単に真似するだけではありません。作者は実際に、現実的な動機を持つキャラクターを生み出しました。戦いは楽しく、作者は実際にボクシングについて十分に知っており、シリーズをむしろ教育的にしています。

スポンサーリンク

おわりに

『はじめの一歩』の海外の反応をお届けしました。

  • 気づいたらジャブしている
  • 一歩の対戦相手のサイドストーリーも見もの
  • 最期まで飽きません
  • 現実のボクサーを取り入れている
  • ありきたりだが効果的
  • 私が見た最高のアニメの1つ
  • 作品を構成する公式がわかってしまう
  • 『空手キッド』と『ロッキー』の合いの子

などの声が聞かれていました。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました