『うさぎドロップ』のほのぼのとした世界観が海外で人気!!【海外の反応】

未分類

『うさぎドロップ』の海外の反応を調べてみました。

『うさぎドロップ』の海外の反応

『うさぎドロップ』は、フジテレビのノイタミナ枠で放送されていた当時に見ていました。30代の独身男・大吉が祖父の隠し子・りんを引き取るお話です。突然父親になってしまった大吉が、慣れない子育てに四苦八苦するさまがとにかく面白いのです。もちろん面白いだけでなく、親一人子一人の大変さもよく描かれています。大助は衣料品メーカーに勤めているのですが、りんとの時間を確保するために残業の少ない、しかし給料は安い出荷部に異動するなど涙ぐましい努力を続けます。子育ては大変だけれども、どこか微笑ましく温かい、そんな2人の日常を丁寧に描く良作です。

『うさぎドロップ』は心に残るアニメの一つです。三十路独身彼女無しの大吉は、祖父の葬儀で見知らぬ6歳女児、りんに出会います。実は祖父の隠し子で母親は行方不明と何かと複雑な生い立ち。幼くも祖父の死を悼むりんの前で、引取りを押し付けあう親類たちに静かに腹を立てた大吉は、勢いでりんを引き取ることになりました。毎日のりんのお世話に保育園探し、育児のために部署替え、保護者として仕事を終え走って迎えに行く様子は、すでにワーママであった私には共感する所ばかりでした。でも大吉は一人で抱え込まずに、両親、いとこ、ママパパ友にオープンに相談し、助けあいつつりんを育てていきます。中盤に登場する、りんの実母である正子のダメ母っぷりには腹が立ちっぱなしです。
それとは対照的に2人を取り囲む人々の温かいこと!りんのあやとりを大吉の母親が見守るシーンは心がじんわりほどけていきます。育児中の方に息抜きに見て頂きたい作品です。

アニメに興味がないという人でも、ぜひこの『うさぎドロップ』 は見てほしいです。ストーリーとしてはほのぼのとしヒューマンドラマが繰り広げられ、その中でも笑いもあり時にはシリアスな展開もありますが、決してドロドロとしてものではなく心温める内容となっています。画像に関してもまるで絵本を読んでいるかのような優しいタッチで、疲れた心を癒してくれます。突然親になることの葛藤や苦悩、喜びなど揺れ動く人間の心理を丁寧に描いていると思います。

『うさぎドロップ』は、河地大吉の祖父の鹿賀宗が亡くなって、葬式に行くと見知らぬ子がいて、その子が祖父の隠し子らしいと知った大吉の驚きは相当なものだと思いました。親戚一同が施設に入れようとしている事に反対して、自分が引き取り育てると宣言したのはカッコ良かったです。独身で子育て経験もない大吉が、悩みながらも一生懸命に奮闘する姿に応援したくなりました。うちに木を植えると、小さなうさぎと大きなうさぎが出てきて木を飛びこえるのですが、大きなうさぎは大吉で小さなうさぎはりんを表現していると思いました。2人が共に成長していく姿が反映されているようで、とてもジーンとしました。とても優しい気持ちになれる作品でした。

『うさぎドロップ』のストーリーは、30歳で独身のだらしない男性の大吉が、身寄りのない6歳の少女のりんが二人で生活を始めるところから始まります。大吉がリンを育てるために、職場を変えるなどして努力するのですが、大吉とりんが協力しあって生活していく様子が見ていて気持ちが良かったです。また、後半になるとりんは大吉のことを男性として見始めます。これまで、二人が家族のようになっていく過程が爽やかに描かれていたのですが、後半になると禁断の近親相姦がテーマとなり、意外性がありました。

『うさぎドロップ』大好きです!!おじさんとりんの生活が可愛いくて、応援したくなります!!ほのぼのとして、観ていて癒されました!!りんの明るさ、素直さ、かわいさに癒されます。自分の取り巻く環境を子どもなりに感じつつも、日常を楽しんでいるりんの姿が微笑ましく、少し切ないです。毎週観ていました!!大好きなので、ストラップも持っています!!アニメでは語られなかったストーリーも、原作の漫画の方で読んでみたいです!!

この『うさぎドロップ』という作品は、放送当時にかなり衝撃を受けました。まず母親が娘を捨てるという暴挙を平然とおこなっている事に驚き、娘のりんはどうなるのかとひやひやした記憶がある。結局は、独身の大吉がりんを引き取り、共に生活するのだが大吉の苦悩と子育ての苦労は大変な思いをしていると感じた。子育ての経験もない、ましてや独身の男が娘を育てるのはかなり難しいと思うし、世間からの目も冷たいのではないかとも思った記憶がある。

『うさぎドロップ』を観た感想としては、こんな主人公のような行動が、自分がもし独身であったとしても出来るであろうかという感想を率直に思いました。自分の祖父の隠し子と一緒に生活をするという事は、思っている以上に大変な事で、自分自身にも仕事があり、プライベートがありと、様々な事情がありながら、ただかわいそうというだけでは、その隠し子を引き取る事は、自分には出来ないなと、率直に思いました。だからこそ、この主人公の行動には、尊敬させられる部分が多々あり、とても感動しました。

『うさぎドロップ』のいいところは主人公の男性と暮らすことになった女の子が大人の女性になる前にアニメが終わってしまったところがいいところだと思います。なぜならば、この女の子が小さいうちは本当の父親でもない男性と女の子と一緒に暮らしていてもそれほど難しい問題には直面しないからです。しかし、彼女がある程度成長してしまうと様々な問題が出てくるのは必然なので、そのような部分を描かないでアニメをきれいなアニメとして終わらせたのはいいと感じています。

『うさぎドロップ』は、キャラクター達はみんな魅力的で、りんの時折見せるおませさんな言動には思わず目を細めてしまいますし、パッとしないが男らしくかっこいい大吉との掛け合いは見ててほのぼのします。突如として訪れた生活の変化に翻弄され、不器用ながらも、時に周囲の助力を得ながら困難に対処していく大吉。とても大変なはずですが、りんを第一に考える姿勢だけは崩さない生き様には感動します。ストーリーに起伏があり、視聴者を飽きさせることはありませんが、ユーモアを随所に散りばめることでシリアスさが前面に出すぎない作りになっており、日常系特有の暖かさが強く表れています。やや偏見まじりかもしれませんが、この作品の主人公が「働き盛りの独身リーマン」である、という点も、男性アニメ視聴層の主たる部分に感情移入しやすい作りにしているということで、魅力の一つかもしれません。

おわりに

 

『うさぎドロップ』の海外の反応でした。

ほのぼのとした世界観が海外でも人気の理由のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました