『涼宮ハルヒの憂鬱』は海外でも大人気?!【海外の反応】

テレビアニメ

エキセントリックな女子高生・涼宮ハルヒを中心とした、非日常的な日常を描いたアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』。

京都アニメーションの名前とともに、海外でも話題となっています。

『涼宮ハルヒの憂鬱』の海外の反応を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

『涼宮ハルヒの憂鬱』の海外の反応

京都アニメーションの評判通りの仕事

作品のアニメーションスタイルは優れています。京都アニメーションは間違いなくその評判通りの仕事をしています。彼らが取り組んできたシリーズのほとんどは、優れたアニメーション品質を持っています(優れたとは、必ずしも完璧ではないことも意味する)。キャラクターはとても滑らかに動き、色彩も素晴らしく、細部への配慮もなされています。

ハルヒを見ているのが楽しい

ストーリーはキョンの視点から語られ、彼は時々私を笑わせるようなスタイルでストーリーを語っています。ハルヒの多動性と、長門が言ったように、「普遍的に受け入れられている性格特性の欠如」は、彼女を見るのを本当に楽しくさせ、エピソードごとに何度も大笑いします。

『涼宮ハルヒの憂鬱』はアニメの歴史の節目

『涼宮ハルヒの憂鬱』は、アニメの歴史の節目と言っても過言ではありません。『エヴァンゲリオン』と同じように、『涼宮』は、私たちが知らなかったものに新しい光と輝きをもたらします。天才的なコメディと優れたキャラクターが登場し、夢中になります。

涼宮ハルヒの宗教

『涼宮ハルヒの憂鬱』は何がそんなに面白いのですか?なぜ、このアニメが時代の節目と見なされるほど十分に優れているのか。簡単です。ハルヒズム。ハルヒ自身にちなんで名付けられた宗教です。彼女のキャラクターは非常に強いカリスマ性を持っているので、あなたは彼女に惹かれて楽しまなければなりません。ショー全体の彼女のコメントは、私が知っているどのシリーズのキャラクターにも匹敵しません。彼女と並んで、キョンのキャラクターも信じられないほどうまく完成しているので、エピソードごとに二人がどのように相互作用するかを観たくなります。

物語の語り方に多くの可能性がある

非常に独創的なコンセプトです。宇宙人、未来人、超能力者を探し出して楽しもう、そういったクラブを形成した「神」がいます。しかし、この「神」は、彼女自身がこれらすべての奇妙な人々を集めていたことを知りません。クラブのメンバーの目的は、彼女が世界を破壊しないようにこの神を楽しませ続けることです。私がこのコンセプトについて気に入っているのは、それがユニークであるだけでなく、物語の語り方に多くの可能性があることです。著者は全員の特別な能力を最大限に活用しています。

すべての功績は京都アニメーションにある

すべての功績は、作品のコンセプトの可能性を最大限に引き出した京都アニメーションにあります。この作品のアニメーションの素晴らしいところは、詳細な描写です。各ストーリーはユニークに描かれており、著者が意図したものを実際に描いています。京アニはまた、他のエピソードを反映する微妙なアクションを各エピソードに巧みにはめ込んでいるので、作品を再視聴すると、初めて「ああ、彼女がこの反応をした理由がわかった!」と驚きます。

個性の非常にユニークなキャラクターたち

おそらく、このショーの最も良い点は、個性の非常にユニークなキャラクターたちです。私がアニメの中のすべてのキャラクターを好きになることは、本当に非常にまれです。各キャラクターは、独自の方法であなたにアピールします。そして最大の要因は、キャラクターの微妙な変化と成長です。

既存のカテゴリには収まりきりません

涼宮ハルヒの憂鬱は、2006年の最高かつ最も人気のあるシリーズの1つです。コメディ、サイエンスフィクション、ミステリーなどが盛り込まれ、既存のカテゴリには収まりきりません。おそらくそれをハルヒズムと呼ぶべきでしょうか?コメディーが強めだと言えるかもしれませんが、物語のランダム性は、他のさまざまなジャンルでもこの仕掛が上回っていることを証明しています。それは深く哲学的でありながら概念的には馬鹿げています。実際、コメディまたはSF /ミステリーシリーズに必要な属性を満たしているように見えますが、実際にはこれらのいずれにも適合しないため、涼宮ハルヒをどの型にも合わせるのは困難です。むしろ、まったく別のものです。おそらく、これが作品をとても楽しく、それでいて理解しにくいものにしている理由なのかもしれません。

キョンは物語の良心

キョンはシニカルで、知性の高い主人公であり、シリーズのナレーターです。彼のナレーションは物語を活発なペースで動かし続け、彼の独白は、他のキャラクターに対する彼の本当の感情に関するより多くの洞察を与えます。彼は物語の理性の声であり、他のキャラクターの行動とその背後にあるしばしば不安定な論理、そして時には作品全体に絶えず疑問を投げかけています。

テーマを視聴者に任せるスタイルも新鮮

キャラクターのバックストーリーは、ほとんどの場合、最初に言及された後、実際に拡張されたり、深く探検されたりすることはありません。一部は明示的に記述されず、完全にサブテキストのままになります。これはおそらく小説からアニメへの翻訳で失われたものですが、個人的には、超自然的な要素がバックグラウンドにあり、通常の高校生活を装って非常に隠されているという全体的なテーマを反映しているようです。また、テーマを視聴者に任せるスタイルも少し新鮮です。

全体的に私を驚かせたのは、キャラクターが作る絆でした

全体的に私を驚かせたのが、パズルのピースがぴったり合うように、キャラクターが作る絆でした。本当にそれについて考えるまで、彼らがどれほど近い存在かには本当に気がつきませんでした。しかし、これに対する本当面白さは、そのすべての中心がハルヒかキョンか、ということです。最初に考えたときは、それは実際にはハルヒだと思うかもしれません。誰もがこのサークルにいる理由だからです。しかし、私が思うに、この物語の中心にいるのは実はキョンです。あなたはどう思いますか?

少なくとも最後までシリーズを観終えるのが賢明

注意してください、最初のエピソードは非常に誤解を招きます。この最初のエピソード、はおそらくアニメ史上最大のエピソードの1つであると私は信じていますが、初めて『涼宮ハルヒ』を観る視聴者にとっては、最初はその意図が完全には理解できないおそれがありますそのため、少なくとも最後までシリーズを観終えるのが賢明でしょう。シリーズの本当の意味を理解できます。

エピソードの進行が混乱した物語

このアニメは典型的な高校生活のコメディのように見えるかもしれませんが、それは間違いです。物語は単純なものではありません。なぜなら、これが非常に独創的なのは、エピソードの進行が混乱した物語だからです。エピソードが非時系列的に進行するため、そこでめちゃくちゃになったストーリーは、メインキャラクターのキョンのようにあなたを混乱させます。

ハルヒのことを説明するのはかなり難しい

キョンはある種の主人公であり、たとえ退屈な主人公のように見えても、彼は驚くほど面白いです。彼は物語全体を語りながら、常に機知に富んだ皮肉な発言を繰り返します。ハルヒは、すべての中心となるこのアニメの名キャラクターです。彼女を説明するのはかなり難しいですが、彼女の性格を非常に活発でとてつもなく奇妙であると説明することが最善です。シリーズを通して彼女について知ることは、多くの混乱を意味することがあります。それは彼女をとても素晴らしいものにし、あなたが愛せずにはいられない女性キャラクターになります。

スポンサーリンク

おわりに

『涼宮ハルヒの憂鬱』の海外の反応をお届けしました。

  1. 京都アニメーションの評判通りの仕事
  2. ハルヒを見ているのが楽しい
  3. 『涼宮ハルヒの憂鬱』はアニメの歴史の節目
  4. 涼宮ハルヒの宗教
  5. 物語の語り方に多くの可能性がある
  6. すべての功績は京都アニメーションにある
  7. 個性の非常にユニークなキャラクターたち
  8. 既存のカテゴリには収まりきりません
  9. キョンは物語の良心
  10. テーマを視聴者に任せるスタイルも新鮮
  11. 全体的に私を驚かせたのは、キャラクターが作る絆でした
  12. 少なくとも最後までシリーズを観終えるのが賢明
  13. エピソードの進行が混乱した物語
  14. ハルヒのことを説明するのはかなり難しい

などの声が聞かれていました。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました