アニメ『ベック』の海外の反応は?!「アメリカでも通用する音楽」と話題に!!

テレビアニメ

音楽ファンには知られた名作アニメ『ベック』。

その音楽性も注目され、海外でも大きな話題となりました。

今回はそんな『ベック』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『ベック』の海外の反応

英語のアクセントが気になるかも

もしあなたが英語のアクセントを気にする方なら、会話や歌のいくつかを聞くことは最初は少し耳障りかもしれません。とにかく字幕で見ているので私はあきらめていましたし、私は変なアクセントに慣れていましたが、実際に友人は気になると言っていました。キャラクターが何を言っているのかが気になって、何が起こっているかに集中できないらしいです。

モダンでアメリカナイズされた音楽

『BECK』で演奏される音楽は間違いなく典型的なj-rockではなく、実際にはモダンでアメリカナイズされた音楽のように聞こえます。歌の多くは英語で書かれていましたが、文法にいくつかの間違いがありました(これらの文法的な間違いは、竜介、真帆、そして他の英語を話す場面でも間違いが見られます)。とにかく見過ごされがちで、間違いはほんの小さなものです。私のお気に入りのいくつかは、「Hit in the USA」、「My world coming down」、「Moon on the water」であり、架空のバンド、ダイイング・ブリードによって歌われたと思われます。バンド「The Pillows」が提供する挿入歌も好きです。彼らのカメオは、平の4番目のバンド「ヒーローズ」として作られています。

ハイライトは音楽です

この作品の本当のハイライトは音楽です。曲は非常に頻繁に繰り返されますが、作品にはあまり影響を与えません。音楽は通常のjPopではなく、パンクロックとヒップホップの爽快なミックスです。最も興味深いのは、シリーズを通して音楽が実際に良くなっていくことです。間違いなく、これがシリーズの最強ポイントです。

アメリカでヒットする作品です

私の個人的な経験と推測によると、アニメのセリフは約60%が日本語ではるかに良く聞こえ、アニメの35%がどちらの言語でも同等に聞こえ、そしてまれな5%が英語ではるかに良く聞こえます。BECKはその5%にしっかりと含まれており、それは素晴らしい歌と演技によるものですが、問題があるとすればほとんどは文化的なものです。もちろん、アニメは日本語を話せば日本語のほうがうまくハマりますが、この作品はおそらく英語を話せない声優が担当しており、もちろん日本語のほうがうまいに決まっています。作品ではそれは本当にこれらの声優ががネイティブスピーカーと歌手であるふりをしして作品を盛り上げます。ティーンエイジャーが実際に話すような自然な荒々しさ、そして音楽はクリエイターが間違いなく意図したとおり、英語の歌手のようです。これは本当に「アメリカでヒットする」作品です。

素晴らしいロックアニメに出会いました

ロック音楽のファンである私は、このジャンルに対する私の愛を実証する優れた音楽アニメを見つけたいと思っていました。残念ながら、『けいおん』と呼ばれる作品や他のミュージカルをベースにしたアニメを試してみて、1年間気が狂いました。しかし、私は今『ベック』と呼ばれる素晴らしいロックアニメに出会いました。

挿入歌を大いに楽しんだ

『ベック』のサウンドトラックは、音楽アニメのメリットとデメリットの両方を表しています。ベックの物語の性質上、サウンドトラック、特にシリーズ内のバンドが演奏するトラックは観客の印象に大きく影響します。残念なことに、これは危険な状況です。音楽が嫌いだとシリーズのほとんどが嫌な感じになり、ストーリーの人間性とその中の相互作用が一部無効になるためです。しかし、サウンドトラックはシリーズ全体で見事にその課題をクリアし、私は個人的にシリーズのさまざまなバンドが演奏する挿入歌を大いに楽しんだ。ただし、挿入曲が嫌いな場合でも、シリーズの長所は十分に発揮されます。

英語の吹き替えはかなり良かった

英語の吹き替えはかなり良かった。すべての声は、登場人物と声優に適しています。特に千葉を演じたジャスティン・クックは本当に楽しんでいるように思われたため、声に込められた多くの愛が伝わります。

アメリカが大きく影響したアニメ

ストーリーは素晴らしかった。確かに、「スライスオブライフ」という言葉に忠実でした。ギャングスターや、これほどまでにアメリカが大きく影響したアニメや漫画を見たことはありません。ほとんどのアニメは、日本が唯一の世界であり、そこが最高の場所であり、世界のアニメファンがアニメの流行に夢中になっていて、そのためにいつか日本に本当に行きたいと思っています。しかし、このアニメは、セーラームーンではないことを実際に示しました。この作品にはアメリカがあり、アメリカ人である私達はそのアニメを観ています。私達はアメリカ文化が、日本の文化であるアニメに影響を与えたと誇るべきです。

サウンドトラックが非常に気に入りました

サウンドトラックが非常に気に入り、アニメ終了後まもなく購入しました。日本のパワーポップバンドであるビートクルセイダーズは多くのサウンドトラックを手がけており、本質的にはベックです。彼らは声優と協力して曲を作成しましたが、素晴らしい出来です。「Brainstorm(BIG MUFF)」のような曲は、猛烈で歯ごたえのあるギター、危険なファンキーなベースライン、アドレナリンをポンピングするボーカルで心揺さぶられます。私の人生で聞いた中で最もキャッチーなロックソングの1つである「Spice of Life」は、最後に見たときからまだ頭に残っています。

音楽ファンがこのアニメから共感することは多い

いじめと友情を主な問題とする複数のテーマで、ストーリーは非常によく出来ていますが、音楽自体がメインのストーリーです。このアニメは実際に音楽ファンによって組み立てられました。彼らは、ローリング・ストーンズ、ジミ・ヘンドリックス、カート・コバーンなどの多くのミュージシャンに敬意を表しています。音楽シーンも掘り下げています。コユキと竜介はベックと呼ばれるバンドを結成し、視聴者はそれらを通してアンダーグラウンドミュージックシーンのツアーに連れて行かれます。バンドが曲を作っていくだけでなく、もっとメジャーな存在になることを目標に地元のバーで数え切れないほどの時間を費やしているので、私はリアルに描かれているから大好きです。ストーリーは、元ソングライターの私自身と多くのレベルでシンクロします。特に、コユキが自分の部屋で歌を書いている場面では、彼の指に水ぶくれができています。音楽のファンがこのアニメから共感することは多いはずです。

スポンサーリンク

おわりに

『ベック』の海外の反応でした。

  • 英語のアクセントが気になるかも
  • モダンでアメリカナイズされた音楽
  • ハイライトは音楽です
  • アメリカでヒットする作品です
  • 素晴らしいロックアニメに出会いました
  • 挿入歌を大いに楽しんだ
  • 英語の吹き替えはかなり良かった
  • アメリカが大きく影響したアニメ
  • サウンドトラックが非常に気に入りました
  • 音楽ファンがこのアニメから共感することは多い

などの声が聞かれていました。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました