『暗殺教室』の海外の反応!!海外では過激な教育法が受ける?!

テレビアニメ

「暗殺」と「教育」という正反対のテーマを見事に融合させた『暗殺教室』。

子どもから大人まで大人気の作品ですが、海外でも斬新な教育法として話題になっています。

海外の反応を調べてみました。

ちなみに、アニメ『暗殺教室』を無料で見たい方は、以下の記事の方法だと無料で観ることができます。

1分で登録完了!無料でアニメを観まくる方法!!

スポンサーリンク

『暗殺教室』の海外の反応

アメリカだと物議を醸すかも

残念ながら『暗殺教室』は万人受けするアニメではありません。『暗殺教室』のユーモアの側面がハマる人はいるでしょう。しかし、暗殺を正当化するために、若干無理のある設定になっていることが残念です。特に、今日のアメリカにおいて、教室で銃が乱射される描写は物議を醸すことになるかもしれません。幸い『暗殺教室』はとてもライトな作品で、今日のアメリカの社会問題に挑戦しようなどとは全く考えていません。ですから、『暗殺教室』をコメディ作品として楽しめる方には、おすすめのアニメだと思います。

暗殺と教育という真逆のテーマ

『暗殺教室』はアニメや漫画の中でもユニークで独創的なアイデアを持っている。「暗殺」と「教育」というまったくかけ離れた2つを主要なテーマに置き、友情、階級と差別、失敗や敗北、忍耐の価値などを描いている。

教師の大切さを改めて実感

『暗殺教室』のほとんどのエピソードには、多くの根本的な教訓や道徳的な人生訓が含まれており、殺せんせーは「教育」と「暗殺」の両面から生徒を助けています。生徒は「暗殺」を試みながら、実は殺せんせーから人生で役立つアドバイスをたくさんもらっています。生徒の多くは性格や生い立ちやバックグラウンドにそれぞれの問題を抱えています。殺せんせーはそれらの生徒を個別に支援していきます。「学校で暗殺」という設定は奇抜ですが、教師が生徒に出来うる限りのものを教えるというのは、古今東西変わらぬ教育のあり方だと思います。

サブキャラクターも描いて!

『暗殺教室』は20人以上の生徒と複数の教師が登場するため、主要キャラクター以外の一部のキャラクターに割り当てられている時間があまりにも少ないと感じました。一部のキャラクターの性格やバックストーリーを適切に伝えるためには、やはり時間が足りませんでした。渚やカルマなどの主要なキャラクターの影に隠れているサブのキャラクターたちも、それぞれの背景や成長をもっと描いて欲しいと思いました。なぜなら、サブのキャラクターも含めてクラス全員の成長があってこその殺せんせーが望む「成長」だからです。なので、全キャラクターがフューチャーされることを視聴者も望んでいるのです。

渚は暗殺者に向いている

潮田渚はE組の中心的な人物で、穏やかでフレンドリーな人物です。しかし、実は渚は暗殺者としての素質を持っています。渚は常に冷静で、暗殺を成功させるために、殺せんせーのあらゆる面を調査します。穏やかそうに見えますが、渚の冷静さは、生来の暗殺者としての能力を示しています。

カルマは実はいい奴!

赤羽カルマは、クラスEの潮田渚のほかにもう1人の主要な生徒であり、クラスで最も知的で機知に富んでいるだけでなく、学校全体で最も賢い生徒でもあります。彼はかなりサディスティックな性格を持ち、相手を拷問するのが好きですが、カルマは前向きな考え方を持ち、彼の意図の背後には良い道徳心もあります。彼は学校での非行で面倒な生徒として知られており、クラス3Eに到着する前に最も信頼できる担任の先生に裏切られた後、大人に対する敬意を失いました。しかし、彼は心の思いやりのある性格と道徳的な考え方のために、彼は本館の学生にいじめられている先輩を助けたときに、クラスEに追放されました。彼は非常に頭が良く、暗殺の天才に見えるかもしれませんが、彼は時々自信過剰になる傾向があります。しかし殺せんせーはこれを認識し、カルマがクラスAとの対立で「敗北」した際に、殺せんせーは自信を捨てて改善を受け入れる必要があることをカルマに明らかにしました。敗北は最終的にカルマを成長させ、学生と暗殺者の両方としてのカルマの可能性を解放しました。私は赤羽カルマというキャラクターがとても好きです。

暗殺と教育の融合がすごい

間違いなく『暗殺教室』は通常のアニメとは異なり、オリジナルでユニークな作品です。メインのプロットを通して作品は、暗殺と教育の2つを統合し、キャラクターを成長させ、クラス全体の相互作用を生み出しました。さらに観るものに、多くの教訓的メッセージを送っています。

キャラクターを平等に!

全体として、『暗殺教室』のキャラクターはそれぞれが個性的で私は満足しています。そして、彼らは同じ目標に向かってまとまっていきます。私の『暗殺教室』に対する唯一の不満は、各キャラクターが平等ではなく、サブキャラクターに均一にスポットが当たらないことです。

学校は生徒を虐待している!

『暗殺教室』が「中学生による暗殺」という暗いテーマにもかかわらず、軽快でユーモラスな作品になっていることに驚きを感じる。逆に、いかに学校生活がスキルや知識のテストという名目で、生徒を虐待しているかがよくわかる作品となっている。

学校生活のメタファーとして

正直なところ、私はこの『暗殺教室』という作品に大きな疑問を抱いていた。そのため、視聴し始めたときは、『暗殺教室』という作品の繊細なテーマに、作者はどれだけ適切にアプローチできるのか確信が持てなかった。しかし、観ているうちに、『暗殺教室』は私を予想外に夢中にさせた。殺せんせーは教師という役割の重要性を私に再確認させた。『暗殺教室』はその奇抜な設定のため、すべての人よりも一部の人々にとってより魅力的かもしれないが、学校は私たちの生活のすべてにおいて非常に大きく重要な部分であるため、誰もが『暗殺教室』の環境に少なくとも少し関係があると思う。私は『暗殺教室』を、学校生活のメタファーとして観ることをお勧めする。
スポンサーリンク

おわりに

『暗殺教室』の海外の反応をご紹介しました。

海外の反応では、

  • アメリカだと物議を醸すかも
  • 暗殺と教育という真逆のテーマ
  • 教師の大切さを改めて実感
  • サブキャラクターも描いて!
  • 渚は暗殺者に向いている
  • カルマは実はいい奴!
  • 暗殺と教育の融合がすごい
  • キャラクターを平等に!
  • 学校は生徒を虐待している!
  • 学校生活のメタファーとして

という声が聞かれていました。

やはり「暗殺」と「教育」という相反するテーマに対する意見が多かったようです。

↓海外で人気のアニメランキング↓

【海外の反応】海外で人気のアニメランキングTOP20!!
海外で人気のアニメランキングTOP26!! 26位 モブサイコ100 25位 ハイキュー!! 24位 銀河英雄伝説 23位 3月のライオン 22位 コードギアス 21位 鬼滅の刃 20位 デスノート ...
テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました