『東のエデン』の海外の反応は「最後まで一気に観ちゃう」!!

未分類

奇抜な設定と謎めいたミステリが最後まで視聴者を飽きさせないアニメ『東のエデン』。

一度観始めたら最後までやめられないと、海外でも話題になっています。

それでは『東のエデン』の海外の反応を調べてみました。

『東のエデン』の海外の反応

エンディングは一部の人にとっては少し物足りないかも

『東のエデン』は非常に面白いアニメです。ユニークな11回のエピソードはあなたを最後まで飽きさせません。ただし、シリーズ自体は映画なしでは完結しないため、エンディングは一部の人にとっては少し物足りないかもしれません。それでも、このアニメは私の期待を上回り、堅実なプロット、好感の持てるキャラクター、美しいビジュアル、楽しい音楽を探している人たちにとっては素晴らしい作品です。このアニメを試してみることを強くお勧めします。がっかりすることはないと思います。

最大の特徴は美しいアニメーション

『東のエデン』の最大の特徴の1つは、その美しいアニメーションです。背景はすべて淡い水色で統一され、照明効果、特に細部と反射面に多大な労力が注がれています。エレベーターの鏡、空港のガラス張りの床、その他の表面など、それらはすべて細心の注意を払われています。キャラクターデザインはシンプルで完璧なタッチで作られており、とても楽しいです。最後の仕上げとして、エンディングクレジットは、通常とは異なるタイプのアニメーションで行われます。それが好きです。

Production IGのスゴさ

アニメーションの品質自体は非常に滑らかで一貫性があり、美しい明るい色と素晴らしい景色でつくられています。一部の背景は塗装されているように見え、特に水色が美しく描かれています。最も顕著な瞬間は、夕暮れ時または夜になったときです。全体的にアニメーションは優れており、最近のシリーズであることは間違いなくわかります。もちろん、これはProduction IG(私のお気に入りのスタジオの1つ)のスゴイところでもあります。

素晴らしい背景は感情を表現しています

オープニングは英語のロック/ジャズ(オアシスです)で、エンディングは似ていますが日本語です。作中にこれらの曲が時々流れますが、もちろんクラシック音楽もたくさんあります。確かにエンディングソングも良かったです。シリーズにぴったりだと思うからです。個人的にいくつかの音楽は私のお気に入りではなかったですが、ムードやシーンに合っていることは認めなければなりません。すべての素晴らしい背景は、さまざまなシーンの感情を表現しています。

作品はスムーズに進行します

11のエピソードで構成されるこのストーリーは、飽きないペースで進み、パズルのピースをはめるように真相が明らかになるのが楽しいです。最初は何が起こっているのか分かりませんが、すぐにセレソンのゲームとミスター・アウトサイドについて知っていきます。その後、ミサイル攻撃の起源が明らかになり、最終的に滝沢の身元が明らかになります。視聴者を混乱させることなく、作品はスムーズに進行していきます。また、1回のエピソードで視聴者にあまり多くの情報を押し付けないため、気楽に見ることが出来ます。

作品はハリウッドのような感覚を持っている

『東のエデン』は素晴らしいコンセプトで制作されています。たくさんのお金を持った多くの人々に、国を「救う」ゲームをさせます。この創造的な物語は非常に爽やかで、方向性はハリウッドのような感覚を持っています。そのような神秘的な陰謀と記憶喪失の主人公によって、このアニメは素晴らしいストーリーになっています。

このアニメは傑作にはなりません

全体的には、アニメーションは魅力的ですが、キャラクターが貧弱で、作品の進行が一貫しておらず、論理的に矛盾しているため、このアニメは傑作にはなりません。アニメーション、特に詳細な背景は素晴らしく、今まで見た中で最高のものの1つです。OPは非常にクールで、シックなビデオとオアシスの楽曲でマッチしているし、EDも良かったです。悲しいことに、作品が始まるとその良さは失速してしまいます。作品は少女や心理学などのジャンルをより多く取り入れようとしているため、視聴者はかなり混乱した状態になります。ショー全体が11エピソードしかないことを考えると、これは致命的な間違いでした。最後のいくつかのエピソードは爽快で知的で、映画にスムーズに繋がりましたが、これらの素晴らしい映画でさえ、不規則な前半を補うには十分ではありませんでした。

本当に夢中になったのはOPです

このアニメに本当に夢中になったのはOPです。これはこのアニメに最適なOPです。非常にポストモダンな雰囲気があります。OPが「Falling Down」と呼ばれるOasisの楽曲であるため、最高です。 EDもユニークであり、シリーズに最適なEDです。

おそらく女性にも楽しめるでしょう

『東のエデン』は非常に少年アニメっぽい感じがしますが、最初のエピソードから、アニメは主人公の女性キャラクターの視点で語られるので、おそらく女性にも楽しめるでしょう。

『東のエデン』はいままでと違った感じがしました

たくさんのサバイバルゲームアニメを見てきましたが、これまでのアニメを観ても本当に感動しませんでしたが、どういうわけか、『東のエデン』はいままでと違った感じがしました。生きるか死ぬかは、このシリーズの主なテーマではありませんでした。『東のエデン』のテーマはもっと深いものでした。だからこそ、私はこのアニメを多くの観点で非常にオリジナルだと思っています。

OK、だから?

11のエピソードに非常に多くのジャンルが集約されており、混沌としていて本当に楽しかったです。それは悲しくて幸せで、アクションと面白い瞬間に満ちていて、謎に包まれていて、これらすべてがロマンスのリボンで包まれていました。ただし、エンディングはとてもがっかりでした!アキラが再び世界を救う雰囲気全体は本当に素晴らしいものですが、最後のエピソードが終わったとき、私は「OK、だから?」という感じでした。これから咲く準備のできた花をただ見ているように感じましたが、咲くことはなくしおれました。私は映画が続編であることを知っていますが、これはシリーズが終わるのに最適な方法ではなく、視聴者に空虚感を残します。

予想していたものよりもずっと良いものでした

『東のエデン』を観た後、この作品は私が予想していたものよりもずっと良いものでした。ストーリーラインは、時にはついていくのが難しく、注意深く視聴する必要があります。作品には、アクション、ミステリー、コメディがうまくミックスされていました。アキラとサキの関係はもっと深まっていいように感じます。作品の多くの未解決の疑問は、次の映画で解決されました。プロットはいくつかの部分で弱かったものの、ショーの全体的な感触は、シリーズを終えたときに満足しました。

作品の謎を考えさせられます

『東のエデン』は主に、善と悪、社会、権力、責任、陰謀などがテーマです。私たちは、『東のエデン』が投げかけるものすべてが、どういうわけか奇妙に関連しているのを考えさせられます(謎のセレソン、匿名のサポーター・ミスター・アウトサイド、行方不明のニート、月曜日のミサイル攻撃、滝沢の記憶)。視聴者は多くの情報を与えられ、謎めいたパズルを解決しようとします。そうすることで、物事の壮大な計画が最終的にどのようにうまくいくかを想像すると面白いです。

人間はどこまで優しくなれるか

『東のエデン』は新鮮な空気漂う作品でした。最初のエピソードがワシントンDCで始まり、次に何が起こるかわからなかった。このような謎が多い展開は、私は好きです。『東のエデン』は冒険心が強く、記憶喪失なのに妙に自信を持った男の物語です。彼は過去に自分自身に陥ったトラブル知ろうとしており、あなたはともに旅をします。すべてのキャラクターは好感を持て、人間はどこまで優しくなれるかという疑問を投げかけています。まるでハリウッドの謎のようです。そして、それがたった11エピソードであるという事実は、それをアニメシリーズと考えるより、むしろ長編映画のように感じさせます。一気に全部を見てみたいと思うでしょう。

おわりに

『東のエデン』の海外の反応をお届けしました。

  • エンディングは一部の人にとっては少し物足りないかも
  • 最大の特徴は美しいアニメーション
  • Production IGのスゴさ
  • 素晴らしい背景は感情を表現しています
  • 作品はスムーズに進行します
  • 作品はハリウッドのような感覚を持っている
  • このアニメは傑作にはなりません
  • 本当に夢中になったのはOPです
  • おそらく女性にも楽しめるでしょう
  • 『東のエデン』はいままでと違った感じがしました
  • OK、だから?
  • 予想していたものよりもずっと良いものでした
  • 作品の謎を考えさせられます
  • 人間はどこまで優しくなれるか

などの声が聞かれていました。

「ノイタミナ」作品の海外の反応まとめ
コアなファンの多い深夜アニメ枠「ノイタミナ」。 その「ノイタミナ」作品の海外の反応をまとめてみました。 「ノイタミナ」作品の海外の反応

コメント

  1. 匿名太郎 より:

    大好きなんだけど、終わりは残念な感じだったかな…。
    宝くじが当たったら、作り直してもらいたいアニメ筆頭。

タイトルとURLをコピーしました