『蟲師』の海外の反応は?!静かで美しいアニメ!!

未分類

『蟲師』はギンコという主人公が「蟲師」として旅をしながら、「蟲」が引き起こす不思議な現象と人々との関わりを描いたアニメです。

とても静かな作品で、短編小説を読んでいるような感覚で観られる作品になっています。

アニメファンからの評価も高いアニメとなっています。

それは海外も同じで、海外の反応も好意的な意見が多く見られています。

それでは『蟲師』の海外の反応を見ていきましょう。

『蟲師』の海外の反応

今まで観た最も美しいアニメ

海外の反応で多く聞かれていたのが、物語や映像の美しさです。

『蟲師』は、私が今まで観た最も美しいアニメです。

「蟲」の概念は人間・植物・動物のいずれでもなく、人の生活に影響を与える存在です。

ギンコはこれらの現象を研究し「治療」のように困難を解決していきます。

『蟲師』の物語には、素晴らしい人生の教訓が美しく生き生きと描かれています。

萌えもファンサービスも必要ない

『蟲師』の魅力はその静けさです。

しかし、悪く言えば何も派手な演出のない作品です。

そのことが評価を二分しているのかもしれません。

『蟲師』は、何も特別なものを提供しない。

派手なアクションはないし、過剰な血も流れない。

「萌え」もなければファンサービスもない、よくあるアニメの基準を満たすものではない。

静かで穏やかに物語は進んでいく。

しかし、その静かさが一部の人には不快だと感じられるらしい。

僕にはその静けさが『蟲師』を素晴らしい作品にしていると感じられるが。

もっと世界中の人に観てほしい

物語の世界観は、いつの時代化はわかりませんが、昔の日本のような雰囲気です。

『蟲師』の価値観や哲学は、私達にはどこか懐かしく感じられますが、海外の人には珍しいようですね。

この作品が私を驚かせたのは、西洋文化の影響が全く無いということでした。

多くのアニメは、その作品に西洋文化の影響を大きく受けています。

しかし、『蟲師』は主に東アジアの民間伝承や神話から物語のインスピレーションを得ています。

「蟲」という概念は独創的で革新的で、もっと世界中の人々が観てほしいアニメです。

謎めいた主人公が魅力的

主人公のギンコはとても変わったキャラクターです。

蟲を寄せ付ける体質のため、一つのところにはとどまらず旅を続けて生きています。

そのため、彼の人生や生活には謎が多く残されています。

主人公のギンコは物静かで謎めいたキャラクターです。

彼の存在は物語に深みと洞察を与えます。

ギンコは常に他人のために働きますが、彼の行動にはそれ以上の何かがあります。

実際、銀子の考えや個人的な感情に触れられるエピソードもありますが、1つか2つのエピソードに限られます。

彼の風変わりな習慣とマンネリズムは魅力的で、観ていて楽しいキャラクターです。

ギンコは気さくで、この種のアニメにぴったりなキャラクターです。

穏やかで小川のような物語

『蟲師』の面白さを一言で言えば、、、無理です。

「観てください」というしかありません。

『蟲師』のあの世界観や空気感は、観たひとにしかわからないでしょう。

あらすじだけを読んでも、『蟲師』の魅力は全くわからないだろう。

『蟲師』は、通常のエンターテインメントとは違い、スタイルや美学を通して我々を楽しませてくれる作品だからである。

派手でグロテスクな話はなく、決り文句もない。

物語は穏やかな小川のように流れ、その本質は瞑想的だ。

予測不能なリアリズム

現実と同じで、常にハッピーエンドで終れるわけではありません。

通常、映画やアニメでは主人公は多くの戦いを経験する。

それがどんなにひどく絶望的な戦いでも、私達は最後にはうまくいくことを知っている。

それはもちろん良いことだし、私達もそうあることを望んでいる。

誰もが主人公の活躍を期待して物語を楽しむからである。

しかし、『蟲師』は常にそうであるわけではない。いくつかのエピソーでは上手く終了し、いくつかは残念な結果に終わる。

「蟲」は病気に似ている。病気のように、「蟲」に対して私達ができることはそう多くはない。

治療を試みることはできるが、必ずしも治るわけでもない。

「蟲」の概念は物語を予測不能な状態に保ち、リアリズムの良さを感じさせるだけではなく、深みのある悲しい結末を演出するのに役立っている。

これはとても素晴らしいことだ!

デイビット・リンチの映画のよう

デイヴィット・リンチはアメリカの映画監督で、代表作に『イレイザーヘッド』や『エレファント・マン』があります。

「カルト映画の帝王」と呼ばれ、難解で幻想的な作品を監督しています。

海外の人にも、そのデイヴィット・リンチの作品と比較する声がありました。

ストーリー構造は純粋に偶発的です。

デイヴィット・リンチの映画のように非常に形而上学的に、時には医療ドラマのように物語は進んでいきます。

物語は家族構成やネグレクトのような社会問題にも触れますが、答えを与えるよりは我々に問いかけることを好みます。

おわりに

『蟲師』の海外の反応をご紹介しました。

  • 今まで観た最も美しいアニメ
  • 萌えもファンサービスも必要ない
  • もっと世界中の人に観てほしい
  • 謎めいた主人公が魅力的
  • 穏やかで小川のような物語
  • 予測不能なリアリズム
  • デイビット・リンチの映画のよう

という反応がありました。

海外でも『蟲師』の穏やかな作風が人気のようです。

↓海外で人気のアニメランキング↓

【海外の反応】海外で人気のアニメランキングTOP20!!
海外で人気のアニメランキングTOP26!! 26位 モブサイコ100 25位 ハイキュー!! 24位 銀河英雄伝説 23位 3月のライオン 22位 コードギアス 21位 鬼滅の刃 20位 デスノート ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました