海外では『新世紀エヴァンゲリオン』は好きと嫌いがハッキリと分かれる?!【海外の反応】

未分類

日本で大ブームを巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』。

日本では熱烈に受け入れられましたが、海外ではどうなのでしょうか。

海外の反応を調べてみました。

『新世紀エヴァンゲリオン』の海外の反応

結局エンディングはどうなりましたか?

オリジナルの『エヴァンゲリオン』シリーズの最終エピソードを見て、本当に困惑しました。すべてがシンジの心の中で起こっていることは理解しましたが、結局エンディングはどうなりましたか?本当に何が起こったのですか?

音楽を聴くだけでキャラクターの心象を把握できます

『エヴァンゲリオン』について私がいつも楽しんでいたことの1つは(他にもたくさんありますが)、音楽です。音楽は多くの場合、キャラクターの心象を非常によく描写しているため、多くの場合、音楽を聴くだけでキャラクターの心象を把握できます。しかし、『エヴァンゲリオン』で使用される音楽はしばしばキャラクターの心象や展開する出来事と大きな対照をなしてます。これは通常の方法で使用されるどの音楽よりもより場面をもり立てます。

シンジは「ハリウッドのヒーロー」よりもリアル

キャラクターは素晴らしいです。これは重要なポイントです。このアニメは、使徒やNERVよりもむしろサードチルドレンである彼らについてのものだからです。シンジは、アニメにこれまで登場した中で最も普通で、本当に同情的なキャラクターです。シンジは明らかに感情的で、イライラさせられると不満を言う人もいますが。しかし、最終的にシンジが「ハリウッドのヒーロー」になり、笑顔で世界を救うことを望む人は誰もいません。そのような人間は現実には存在しないため、シンジの弱さは「ハリウッドのヒーロー」よりもリアルに感じられます。スタジオのガイナックスはこれを理解しており、シリーズに完全に適用します。シンジの精神的な闘争は、複雑な独白と大成功を収めた実験的な映画技術の使用を通じて、庵野によって効果的に描写されています。他の選ばれた子供であるアスカとレイは、シンジとはまた違う人物であり、独創的なキャラクターです。

最も影響力のあるアニメの1つ

『エヴァンゲリオン』は、1990年代に作成された最も影響力のあるアニメの1つであると広く見なされています。ロボットアニメのジャンルを飛び出そうとする勇敢な試み、深いキャラクター開発、型にはまらないなストーリー展開で知られています。スタジオGainaxによって制作され、賞賛された(そして時には嫌われた)作家の庵野秀明によって作られた『エヴァンゲリオン』は、アニメファンから大傑作と呼ばれています。

ファンの心の中で生き続けることを願っている

『エヴァンゲリオン』は、これまでに制作された最強のアニメの1つです。パワフルなキャラクター、深い物語展開、そして型破りな心理描写、それらが作品の寿命を長く保っています。今でもEvaGeeksなどのサイトで人々がこのシリーズを分析し、それについてすべてを知ろうとしています。『エヴァンゲリオン』がファンの心の中で生き続けることを願っています。ファンは、『エヴァンゲリオン』が深い、比喩的な物語であることを評価し続けます。『エヴァンゲリオン』が、いつの時代も大切なアニメになることを願っています。

これほど議論を呼んだシリーズはありません

『新世紀エヴァンゲリオン』は観客を二分することで知られています。そして、巨大なロボットの戦いと決してファンサービスが十分とは言えない状況にも関わらず、『新世紀エヴァンゲリオン』は間違いなく、現代アニメで最も影響力のあるアニメの1つです。アニメの歴史の中で、『エヴァンゲリオン』ほど議論を呼んだシリーズはありません。アメリカでは、古典的なアニメアクション、複雑な哲学、心理的描写、宗教的なイメージが混在していることに魅了されているファンがいる反面、それが大げさで嘘くさいと感じる人もいます。

エンディングが作品を台無しにした

このアニメに関する私の絶対的なお気に入りは、古い宗教的なシンボルやキャラクターの葛藤をうまく物語に盛り込んだことです。そして、それらはとても上手くいきました。ガイナックスは平凡なストーリーに奇抜な演出でシリーズを唯一無二の作品にしました。他のアニメシリーズでは観たことがないユニークな雰囲気を与えてくれます。物語自体は純粋な素晴らしさで構成されています。ロボット(もちろんアクションを含む)、わずかなロマンス、心理的要素、特に後者が際立っています。エピソードが経過するにつれてより多くのバックストーリー、より多くの心理的闘争、そして多くの戦闘を見ることになります。しかし、ストーリーを台無しにしたのは、最後の2つのエピソードです。非常に混乱しています。今ではエンディングの多くの要素を理解することができますが、半年前にこのシリーズを見たとき、私はそれをまったく理解できませんでした。また、それは終わりに向かっていくつかの奇妙な瞬間、主に何も起こらないシーンが1分間ほど発生します。まったく無駄なシーンで、ハッキリと興ざめしました。

アメリカでは大きな反発もあった

1990年代半ばに戻って、最後の四半世紀で最も影響力のあるアニメの1つを評価する時間です!かつて『エヴァンゲリオン』は、これまでで最も深いアニメとして歓迎されました。グノーシス主義キリスト教、ユングの心理学、十字形の爆発、クラシック音楽の使用、アニメにおける知性のトップと見なされていました。最終的にこれは大規模な反発を引き起こし、90年代の他のアニメクリエーター、アメリカンコミックスのファン、インターネット批評家が『エヴァンゲリオン』を王座から引きずり落とそうと試みました。

庵野「最も過大評価されたアニメ」

一時期、エヴァを大げさに語ることが大流行しましたが、作家/監督の庵野秀明は、象徴主義のほとんどはまったく無意味だと言った。庵野は、ファンの分析の大部分を嫌っていて、「エヴァは歴史上最も過大評価されたアニメになった」と述べた。もちろん、庵野はうつ病に苦しんでおり、彼の主人公シンジのように極端に自己評価が低いという傾向があります。現在かつてのようなバッシングは落ち着き、エヴァは現在、アメリカのアニメファンによる肯定的な再評価を受けています。

Studio Gainaxの凄さを感じます

オープニングテーマはアニメ史上最高のランキングにランクされており、サウンドトラックの残りの部分も非常に優れています。それは本当に雰囲気に合い、ドラマをもり立てます。これは特に、『銀河英雄伝説』のようなアニメで以前に行われたクラシック音楽のかなり素晴らしい使用にも当てはまりますが、1995年には一般的でもメインストリームでもありませんでした。シリーズの前半のアートとアニメーションは壮観で、Studio Gainaxの凄さを感じます。『エヴァ』は技術的な観点から非常によくできた作品であり、20年経った今でもアートとアニメーションで非常に印象的です。

最も論議されたアニメ

『新世紀エヴァンゲリオン』は、1990年代の最も有名なアニメの1つです。誰かがあなたにそれを勧めたにせよ、偶然あなたがその名前を知ったにせよ、『エヴァンゲリオン』はあなたがアニメコミュニティの一員であるなら逃れることができない名前です。しかし、その名声には論争もあります。『エヴァンゲリオン』はこれまでに作られたアニメで最も論議されたアニメの1つです。多くの人がそれを愛し、1990年代に登場した最高のアニメの1つであると考え、反対に他の人はそれを単なる気取った作品であると考えています。

観やすいアニメではありません

『新世紀エヴァンゲリオン』、観る人が哲学的なタイプであろうとなかろうと、観やすいアニメではありません。そのアイデアとメッセージは非常に複雑であり、あなたが完全にそれを理解したいと望むなら、バックグラウンドの研究を行うのが賢明です。また、視聴者は、自分自身の解釈も考慮する必要があります。簡単に観ることはできません。しかし、それは決して作品の質をおとしめるわけではなく、辛抱強く何度も何度も繰り返し観ることで、作品の奥深さに気づけるでしょう。

心理的葛藤と成長は最も重要な側面

アニメの最も重要な側面は、シリーズが進むにつれて起こるキャラクターの心理的葛藤と成長です。シンジの精神状態が完全に安定しているわけではないことは最初から明らかです。彼はエヴァを操縦し続けていることで精神的に成長します。誰も彼を気にかけず、シンジは自分のしていることが誰にも認めてもらえないと感じていました。彼の父親への憎しみはまた、彼の精神状態と発達への大きな転換点でした。

おわりに

『新世紀エヴァンゲリオン』の海外の反応でした。

  • 結局エンディングはどうなりましたか?
  • 音楽を聴くだけでキャラクターの心象を把握できます
  • シンジは「ハリウッドのヒーロー」よりもリアル
  • 最も影響力のあるアニメの1つ
  • 無料でアニメを見る方法をご紹介!!
  • ファンの心の中で生き続けることを願っている
  • これほど議論を呼んだシリーズはありません
  • エンディングが作品を台無しにした
  • アメリカでは大きな反発もあった
  • 庵野「最も過大評価されたアニメ」
  • Studio Gainaxの凄さを感じます
  • 最も論議されたアニメ
  • 観やすいアニメではありません
  • 心理的葛藤と成長は最も重要な側面

などの声が聞かれています。

コメント

  1. 匿名太郎 より:

    庵野氏が何と言おうと、様々な考察に耐える設定しかり、メタなメッセージのために作り上げられた作品世界の見事すぎる関係性は圧倒的であり、

    そして、好きであろうと嫌いであろうと、その存在がのちのアニメやオタク文化に与えた影響はとてつもなく大きい。アニメファンがなんとか日向を歩けるようになったのもここから。
    タイミングというか時代にも恵まれていただろうけど今の大ブームの比じゃない、(漫画やアニメにとっての)本当の社会現象だった。

    はい、信者です。

  2. ウンジェヌ より:

    正直外人にエヴァは早すぎるんだよ
    アニメを山ほど見慣れてる日本人ですらハードルが高い作品なのに外人が簡単に理解出来るはずがない
    翻訳の問題や引用作品の知識、日本人独特の感性などもあるし外人はこの作品を半分も理解出来ない

タイトルとURLをコピーしました