『化物語』の漫才のような掛け合いが海外でウケている!!【海外の反応】

テレビアニメ
js_koyomi_3dvdigi_o_c

驚異的なDVDセールスを誇るアニメ『化物語』。

海外では『化物語』の漫才のような掛け合いが、日本のスタンドアップコメディだと話題になっています。

『化物語』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『化物語』の海外の反応

伝統的な日本のスタンドアップコメディ

メインのコンビ面白くしているのは、戦場ヶ原ひたぎはしばしばとぼけているが、それを阿良々木暦はツッコミで返しています。

 

伝統的な日本のスタンドアップコメディのコンビで構成されています。片方は愚かなことを言う「ボケ」の役割を担い、「ツッコミ」の役割は、しばしば頭に暴力的な平手打ちで、ボケの欠陥を指摘します。

 

そうです。ボケは本質的にマゾであり、しばしば知的ではないことを言います。ツッコミは本質的にサディストであり、多くの場合より注意深いです。

 

一方、このシリーズの主役は交代で役割を果たします。サディストで賢い戦場ヶ原が意図的にボケ役を演じ、ツッコミを圧倒するのは特に興味深いです。

 

コメディーの役割の切り替えは非常にうまく描かれ、コンビ間の相互作用は、この作品の魅力です。

 

『化物語』では言葉のパフォーマンスが大きな役割を果たしているため、このシリーズでは声の演技がまったく新しいレベルに引き上げられています。

 

すべてのキャラクターの声は完璧にフィットし、それだけでなく、明瞭なトーンとスピーチのニュアンスがすべてのキャラクターに個性的な印象を与えます。

 

このシリーズでは、登場人物は非常に速く話しますが、声優のキャストはうまく合わせるために素晴らしい仕事をしました。このシリーズの演技を叙事詩と表現するのは誇張ではないと思います。

このアニメのすべては鮮明で美しいです。

いつものように、スタジオシャフトは芸術性に溢れていました。これは間違いなく高解像度で楽しむべきシリーズで、できれば室内灯を消してください。

 

アニメの良さは、すべてのカットがアニメーション化されているため、現実の傷、不明瞭さ、様々な制限を曖昧にすることです。

 

あまりにもリアルにしようとするアニメアートスタイルは、アニメの良さを失うことは避けられず、当然、同等のビジュアルを特徴とする実写作品と比較すると見劣りします。

 

そのようなアニメは、しばしば気を散らし、現実から切り離されているように見えることがあります。

 

キャラクターからわずかな風景の細部まで、このアニメのすべては鮮明で美しいです。

 

人々は頻繁に現れる写真や抽象的な図のカットについて不満を言っています。

 

しかし、それらのすべてが実際にアニメーション化された場合を想像してください。

 

それは不格好で、会話から気を散らしていたでしょう。この制作にどれだけの予算が費やされたのかはわかりませんが、余分なものを根本的に最小限に抑えることに成功しています。

素敵な」音声で聞く必要があります。

テーマ曲の「君の知らない物語」と「staple stable」はかなり絶賛されており、これらは本当にキャッチーでアニメにマッチしなオープニング/エンディング曲です。

 

さらに過小評価されているのは、このアニメのありふれた環境音です。『化物語』の良さを最大限楽しむためにも、少なくとも「素敵な」音声で聞く必要があります。

 

残念ながら私は申し分のないオーディオマニアというわけではないので、ヘッドフォンでシリーズを見ましたが、誰もが少なくとも質のいいスピーカーまたはまともなヘッドフォンで『化物語』を見るべきです。

 

これは、視聴者がそれに没頭している場合にのみ十分に評価できるシリーズであり、ラップトップスピーカーでは良さが伝わりません。

声優の演技はトップクラスです

声優の演技はトップクラスです。阿良々木暦の声優は、いい感じに真面目で内省的です。

 

私は特に、暦が利己的/倒錯的/愚かな考えを抱いているシーンを楽しみました。

 

優れたサウンド設計により、暦の声が私の頭の中で本当に鳴っているように聞こえ、彼のキャラクターがよりリアルに感じられました。

 

戦場ヶ原の演技は、最初は少しもろくて吐息が多いように見えましたが、声優のせいではなく、キャラクター設定の一部であることが明らかになりました。

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

「まあまあ」という感じです

音楽やアニメーションなど、視聴中に気になる他の要素は、「まあまあ」という感じです。

 

テーマ曲は私に何の印象も残さず、私はこの作品のアニメーションスタイルが時々少しおかしいことに気づきました。

 

『絶望先生』やスタジオシャフト全般に精通している人にはおなじみかもしれませんが。

 

性格描写、人間関係、興味をそそるストーリーがあり、ユーモアが多少わずらわしく、愚かな静止画がマイナスです。

DVDの売れ行きの良さで人々を驚かせました

『化物語』は西尾維新による一連のライトノベルに基づいており、後にシャフトによってアニメ化されました。

 

主人公の阿良々木暦に関連するさまざまな短編小説が特徴です。『化物語は』、その素晴らしい描写とアニメーション、そして物語を私たちに提示する際のユニークな表現で知られています。

 

それに加えて、『化物語』は日本でのDVDの売れ行きの良さで多くを驚かせました。これはBD販売の分野で明白であり、初動売上22,000枚で販売された『マクロス・フロンティア』の記録を破り、『化物語』は初動29,000枚で史上最高枚数を記録しました。

 

また、2008年10月26日から11月11日にかけて、DVD売上で1位になり、『銀魂』、『涼宮ハルヒ』、『東のエデン』などの他のタイトルを破りました。

 

化物語の第3巻も多く販売され、DVDとブルーレイの販売で再び1位になりました。

すべてが作品を素晴らしいものにする

『化物語』が長い間売れた理由は明らかです。『化物語』は原作がライトノベルであり、すべてが作品を素晴らしいものにする独自の特徴と側面を備えています。

 

これらのさまざまなストーリーは、通常3〜4エピソードで展開され、一部のキャラクターの設定と背景ストーリーが見られます。

 

それぞれの物語は異なるヒロインとなりますが、これらの物語は互いに関連していると言うことができます。

 

これは、まだアニメ化されていないライトノベルの後半の段階で明らかになります。ストーリーは魅力的であり、視聴者は毎回新しい素材に興味を持ち続けます。

個性的なキャラクターがかなり登場します

『化物語』には個性的なキャラクターがかなり登場します。

 

一般的なロマンティックコメディショーでは4人のヒロインが典型的ですが、それぞれのヒロインが深く設定してあり、独自のストーリーを持っているため、『化物語』は他の作品とは多少異なります。

 

キャラクターは熟考されており、作品を輝かせているのは、彼らの心のない暴言と彼らのやり取りです。

気に入らないことは何もありません

『化物語』は、そのプロットとキャラクターのおかげで間違いなく唯一無二の作品ですが、それだけではありません。

 

『化物語』は、ストーリーとキャストと同じくらい優れたユニークなアートスタイルとアニメーションを提供します。

 

そして照明と色の配色は『化物語』の世界を本当に生き生きとさせました。アートは高品質で、キャラクターは非常によく描かれています。背景はユニークで、通常のアニメにはないさまざまなテクニックを使用しています。

 

戦闘シーンも非常によく描かれており、アニメーションはスムーズです。つまり、気に入らないことは何もありません。シャフトの新しいアニメーションの方向性への努力は、傑作を生み出しました。

今まで観た中で最高のアニメの一つ

『化物語』は、私が今まで観た中で最高のアニメの一つです。

 

素晴らしいプロットと面白いキャラクターとの組み合わせ、毎分が本当に楽しかったです。

 

それだけでなく、鮮やかな色で満たされた視覚的に素晴らしい映像、アニメーションは概して滑らかです。オープニングテーマは素晴らしく、常に耳を喜ばせてくれました。

 

『化物語』は間違いなくあなたが見るべきものです。

スポンサーリンク

おわりに

『化物語』の海外の反応をお届けしました。

  • 伝統的な日本のスタンドアップコメディ
  • このアニメのすべては鮮明で美しいです。
  • 素敵な」音声で聞く必要があります。
  • 声優の演技はトップクラスです
  • 「まあまあ」という感じです
  • DVDの売れ行きの良さで人々を驚かせました
  • すべてが作品を素晴らしいものにする
  • 個性的なキャラクターがかなり登場します
  • 気に入らないことは何もありません
  • 今まで観た中で最高のアニメの一つ

などの声が聞かれていました。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました