『ビースターズ』は『ズートピア』よりもテーマが深い?!【海外の反応】

未分類

『ビースターズ』は擬人化された動物たちが、人間社会とそっくりな社会生活を営む様子を描いた作品です。

特に、肉食動物と草食動物の共存というテーマは、海外でも他のマンガ/アニメにはないテーマだと話題になっています。

『ビースターズ』の海外の反応をお届けします。

『ビースターズ』の海外の反応

日本人の外国人に対する恐怖が描かれている?

左翼系のインターネット掲示板では、『ビースターズ』が日本人の外国人に対する恐怖と、ますます多様化する東京の厄介な人種関係についての物語であると書かれていることが多いようです。ただし、この解釈は実際には機能していません。草食動物は肉食動物を恐れる十分な理由があります!草食動物を食べることは肉食動物に深く根付いた性質にあります。日本に住んでいる中国人と韓国人は、日本人を殺して食べるという普遍的な本能を持っていません!多くの人間文明は文化的または宗教的な理由で共食いを実践していますが、ウサギを食べるオオカミの本能のように深く染み込んでいるわけではありません。

動物の特性を利用して、馴染みのあるキャラクターを作り出している

『ビースターズ』は、それぞれの動物の特性を利用して、をうまく私たちに馴染みのあるキャラクターに変えることに成功しています。これは作品のハイライトの1つで、キャラクターの内面がますます見えてきます。彼らは、動物の本能を保持しながら、感情や思考力を持つという側面を与えられています。動物に社会があったらどうだろう?彼らが市長や大統領を立てて、都市や町に住んでいたとしたらどうでしょうか?ライオンからシカ、オオカミからウサギ、ネズミなど、さまざまな種類の動物や鳥がすべて1つの学校に行き、同じ教室で勉強した場合はどうでしょうか。これは面白い話になりませんか?『ビースターズ』はまさにこの興味・関心を満たしてくれます。

獣の性質とどのように向き合うかを描いた物語

『ビースターズ』はさまざまな生き物が「愛」「社会的地位」、そして何よりも自分の獣の性質とどのように向き合うかを描いた物語です。最初のいくつかのエピソードは、動物たちの間の高校のドラマを描写し、一方で表には現れない暗い側面を垣間見せます。しかしアニメ後半には、本当のテーマが浮き彫りになり、メインストーリーが始まったと感じることが出来ます。

『ビースターズ』は一見の価値があります

『ビースターズ』は、他のほとんどの少年アニメがやらないことに恐れず挑戦し、とにかくファンを喜ばせるために作られた作品です。それ自体がプラスポイントであり、これを見るべきかどうか迷っている人にとっては、『ビースターズ』は一見の価値があります。非常にユニークな設定があり、人間のような社会における動物の描写は、単なるコメディではありません。ただし、最後の3つのエピソードでは、より典型的な少年アニメの傾向に傾いていたことを認めますが、これはおそらく私が指摘できる唯一のネガティブな側面の1つです。全体として、『ビースターズ』は堅実なアニメシリーズでしたので、今後も継続して行くことを願います。

遠く離れた日本からやってきたアニメが、私の期待をはるかに超えた

遠く離れた日本からやってきたアニメ『ビースターズ』が、私の期待をはるかに超えていると言わなければなりません。私はその素晴らしいイメージに完全に感銘を受け、驚きました。エピソード4は、その表現力豊かなカラーパレット、注目すべきカメラアングル、驚異的な静止画を備えたシリーズの最高水準点でした。それぞれの素晴らしい画像を、1つのまとまりのある作品としてにつなぎ合わせつ技術には、驚嘆してしまいます。私の意見では、これは素晴らしい映画/シリーズの証です。視聴体験のずっと後に、視聴者の記憶に永続的な画像を残すもの。ミケランジェロの「アダムの創造」と同様に、ルイが腕をレゴシに伸ばしたショットは、本当に素晴らしいものでした。また、ホテルの寝室でのハルとレゴシのシーンは、両者の感情的/性的緊張を表現した感動的なショットでした。レゴシの厄介な悩みにそれぞれが不安に陥り、人間の状態に不気味に関連していると感じた緊張感。画面上の眩しいビジュアルを少しも低減させることはありませんでした。

アニメはどれも動物世界の食料の問題をスルーしています

動物がキャラクターのアニメはたくさんあります。しかし、それらのアニメはどれも動物世界の食料の問題をスルーしています。彼らは何を食べますか?動物たちの世界では、肉食動物と草食動物は平和に暮らしています。唯一の問題は、肉食動物が肉を切望するが、彼らは草食動物と同じ食物を食べる必要があるということです。しかし、肉食動物の本能を抑えきれず、草食動物を食べてしまうこともあります。彼らはこの問題に対して幾分賢い解決策も持っており、それが闇市です。そこで肉を買うことができます。

肉食動物は草食動物と共存できるのでしょうか

レゴシのような人は、他の人よりも自分自身を探索することに時間を費やす性格をしています。それは、視聴者が私たち自身に問うべき質問です。肉食動物は草食動物と共存できるのでしょうか?そうでなければ、草食動物は肉食動物によって狩られる、自然の法則はそう言います。動物園に行って、ライオン、トラ、または肉食動物があなたを見つめているのを見ると、彼らはお腹がすいていて、人間を食べたいと思っているでしょうか。動物園での動物の扱い方は、檻の中に閉じ込められ、自由を奪われ、狩りを奪われることです。しかし、『ビースターズ』の世界において、少なくとも合法的な生活をしている動物たちにとって、肉食動物と草食動物はどのようにして一緒に存在できるのでしょうか?

皮肉にも、アニメ史上最も的確に人間の心理を描いた作品

『ビースターズ』はキャラクター主導のアニメです。そして登場するのは素晴らしいキャラクターたちです。彼らの思考、行動、世界や他のキャラクターとの相互作用、そしてさまざまな個性を持つキャラクターの多様なキャストが一緒になって、信じられないほどの世界を作ります。皮肉なことに、『ビースターズ』はアニメ史上最も的確に人間の心理を描いた作品でもあります。

アニメのCGIを受け入れるターニングポイント

『ビースターズ』は3D CGIアニメーションが驚くほどうまく機能しています。実際にCGIアニメーションの出来は最高です。キャラクターの感情を示すシーンの多くは、とにかく2Dでアニメーション化するのが難しいので、このCGIではキャラクターの感情を非常にうまく描写しています。これはアニメファンが一般的に嫌う類のものではなく、少なくとも一部のファンにとってはアニメのCGIを受け入れるターニングポイントになる可能性があります。

ビジュアルは驚くべきものです

ビジュアルは驚くべきものです。このアニメは、CGIの見事な仕上がりの成功例です。レゴシの姿勢と顔は受動的で控えめな印象を与えますが、肩幅が広いためにやや威圧的に見えます。背景も素晴らしいです。アートの質と照明は常に重要であり、動物の学校であるという事実が上手く描かれ、巧妙な細部で常に満たされています。これのすばらしい例は、クラスに入るときに踏みつけられないように作られた、げっ歯類の小さなドアにも現れています。

動物としての本能に対するレゴシの絶え間ない葛藤

『ビースターズ』を本当に機能させているのはキャラクターです。結局のところ、そこに住む面白いキャラクターがいなければ、面白い世界は作られません。レゴシは、初めての性的欲求に対処する厄介な童貞です。レゴシはハルを愛していると思うが、彼はまた、辛うじて彼女を食べないように我慢しなくてはなりませんでした。レゴシはハルを深く愛しているので、自分の性的欲求を満たすために彼女の人生を危険にさらしたくありません。レゴシは非常に良心的であるため、彼自身の殺人的な本能に自分自身がうんざりしています。動物としての本能に対する彼の絶え間ない葛藤は、彼を説得力のある主人公にしています。

食物連鎖がテーマのの壮絶な物語です

『ビースターズ』の設定は、肉食動物と草食動物、双方の擬人化された動物たちが、人間と非常に似た社会で生活を営む物語です。その意味では、ディズニーの『ズートピア』と本質的に同じ設定を持っています。ただし、『ズートピア』の設定は、動物たちが平和に暮らしていることになんの疑問も持たなくてよい世界です。このように、『ズートピア』は表面レベルの設定のためだけにその前提を使用している映画です。『ビースターズ』は『ズートピア』では決して描かれない、食物連鎖がテーマの壮絶な物語です。

おわりに

『ビースターズ』の海外の反応をお届けしました。

  • 日本人の外国人に対する恐怖が描かれている?
  • 動物の特性を利用して、馴染みのあるキャラクターを作り出している
  • 獣の性質とどのように向き合うかを描いた物語
  • 『ビースターズ』は一見の価値があります
  • 遠く離れた日本からやってきたアニメが、私の期待をはるかに超えた
  • アニメはどれも動物世界の食料の問題をスルーしています
  • 肉食動物は草食動物と共存できるのでしょうか
  • 皮肉にも、アニメ史上最も的確に人間の心理を描いた作品
  • アニメのCGIを受け入れるターニングポイント
  • ビジュアルは驚くべきものです
  • 動物としての本能に対するレゴシの絶え間ない葛藤
  • 食物連鎖がテーマのの壮絶な物語です

などの声が聞かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました