『ブリーチ』の海外の反応を集めてみました!!

テレビアニメ

ジャンプで大人気だった漫画『ブリーチ』は、アニメも人気の作品です。

その人気は国内にとどまらず、海外でもファンが多い作品となっています。

そこで『ブリーチ』は海外でどれくらい人気があるのかのか、海外の反応を集めてみました。

スポンサーリンク

『ブリーチ』の海外の反応

初めて見たときは、かなり斬新な設定で新しさを感じてみていました。キャラクターなどもBLEACHならではで、かっこよいものも可愛いものもあり主人公の黒崎一護とルキアのキャラクターがとても好きです。ルキアの死神としての力が無くなっている状況で一護の死神代行として任務を行っている状況とそれぞれストーリーからこの二人の関係が今後どのように発展していくのかそれこそ毎回続きが気になって仕方がないと感じる作品でした。

週間少年ジャンプ連載!久保帯人の大ヒット作BLEACHのアニメ化!見所はなんといっても迫力満点のバトルシーン!キャラクターや斬魄刀の動きがとてもかっこいいです。卍解シーンは鳥肌が出るくらいカッコ良く圧巻です。大好きな日番谷冬獅郎の大紅蓮氷輪丸の卍解は見応えありました。シリアスシーンがあるかと思えば突然コメディ調になったりと見ていて飽きず思わず一緒に笑ったりしてしまいます。一護とルキアの掛け合いがリズム良く楽しくて毎回好きなシーンです。漫画にはないオリジナルストーリーもあり漫画派と言う方にもオススメなアニメです!

アニメ『BLEACH』みての感想ですが、まず今思えば結果論的に主人公の黒崎一護があそこまで強くなるとは・・・やばいですね。相手にグリムジョーというとても強い敵がいるのですが、そいつに勝手しまうぐらいですからね。あれはびっくりしました。個人的にはグリムジョーとの闘いが一番ドキドキして面白かったです。あと、意外だったのが石田雨竜が敵になるところでした。最初は仲間でした。石田は黒崎と同じ学校の同級生で仲も良かったのですが、最後らへんに裏切って敵になります。もちろんとても強いです。ここでの戦いも見どころです。

ルキア奪回まではとっても面白かったです!流れもスムーズでテンポも良くて、黒崎一護が死神になり、強くなって成長していく姿がとてもよくわかる感じで良かったです。チャドや仲間たちもいて、一護を中心に尸魂界へと行く。そしてルキアを助けるというひとつの目的をわかりやすく書いてたのが良かったです。それに伴い死神の護衛隊長がどんな人物たちなのか描かれ、その中で一番強いじいさんも出てきたりと、おっ!?と思わせる感じも良かったです。愛染隊長の変わりようはすごかったですね。BLEACHの中でビックリしたできごとでした。

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

アニメBLEACHは、主人公一護が困難にぶつかりそれを強くなりながら乗り越えていく所が魅力的だと思います。濃いキャラの登場人物も多く、特に織姫の絶対に美味しくなさそうなデザートが大好きです。ストーリーも引き込まれるようなストーリーで、ソウルソサエティー編では首謀者が愛染さんだったのには本当に驚きました。映像配信サービスで見たのですが、ついつい続きが気になり徹夜で一気に観てしまいました。特に気に入っているキャラクターがルキアで、声優さんの声も含めて大好きです。ルキアがよく使う破道の三十三『蒼火墜』は何度も真似しました。

原作はジャンプであり中々面白いです。まず主人公の黒崎は霊感が生まれつき強く死神のルキアとあってから死神になります。中盤になって藍染が裏切るシーンは衝撃だったです。そしてアランカル編ではウルキオラとの決闘シーンは逸番だったです。特に暴走破面化はかっこよかったです。BLEACHアニメではオリジナルの話があります。バウンド編は特に面白く最後のシーンは衝撃です。グリムジョーが最終編で共闘して敵を倒したのがかなり納得しました。

アニメ「BLEACH」の視聴後、一番に思った事が批判となります。何が良くなかったか、アニメオリジナル回全部なんですよ。アニメオリジナルになると、ストーリー、キャラデザ、作画、やはり原作に劣ります。それどころか、固定キャラに寄りすぎていて、毎話つまらなかったです。オリジナルをやるより、月一の一時間尺で本編をやっていた方が何倍も良かったでしょう。ここから良かった点を挙げていきます。一番は色使いやエフェクトの類です。血の色を黒にする事で放送規制を上手く避けた上にシックでオシャレな演出が良かった。それと霊圧の表現、これも見ている側に伝わり易い構成となっていてよかったです。最後に、中途半端なところで最終回となったのが残念でした。

BLEACHの死神という存在の設定が凄い好きです。ホロウ化する前に魂魄をソウルソサエティに送りバランスを保つというのも良い設定でした。死神のキャラクターの中では途中から敵になりましたが、藍染惣右介の卍回があまりにもチート過ぎて大好きです。他にも更木剣八のぶっとび具合や、四鳳院夜一と浦原喜助のコンビも信頼しあっていて大好きでした。また、下手なラップばかり言う斬魄刀の産みの親である王悦のチャラいながらも強い所は大好きでした。

BLEACHは高校生の黒崎一護が、朽木ルキアと名乗る死神と出会い力を受け渡され、死神代行となり、仲間と共に様々な困難や強敵と戦っていく物語だ。特に私が好きなのは、藍染惣右介というキャラクターだ。元五番隊隊長で、とても優しくていつも笑顔で振る舞っているが、本性は残虐でかなりの野心家。そんな彼は数々の名言を残している。「憧れは、理解から最も遠い感情だよ」や「勝者とは常に世界がどういうものかでは無くどう在るべきかについて語らなければならない」など、最恐の敵キャラではあったがそのカリスマ性には見惚れてしまった。

「BLEACH」は主人公の一護をはじめとして、刀で戦うというスタイルのアクション作品なので、なんとなく「るろうに剣心」を彷彿とさせる感じがあり、格好良いと思います。そして、登場するキャラクターが特殊技能を駆使して戦うので、とてもスリリングで引き込まれます。また、あの世とこの世を行き来しながらストーリーが進んで行くのも見所だと思います。また、朽木ルキアをはじめとして美少女キャラクターが多いというのも、魅力的だと思います。

スポンサーリンク

おわりに

『ブリーチ』の海外の反応でした。

アニメならではのアクションシーンの迫力が魅力との声が多く聞かれていました。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました