『バクマン。』は知られざるマンガ家の世界を知れると海外で大人気!!

未分類

漫画についての漫画/アニメの『バクマン。』は、海外のアニメファンにも大人気です。

海外ではなかなか漫画家の生活が想像できないので、貴重な体験になっているようです。

『バクマン。』の海外の反応を調べてみました。

『バクマン。』の海外の反応

王道の中の王道

『バクマン。』は、少年アニメの観点では「王道の中の王道」です。夢、インスピレーション、深み、エンターテイメント性、ライバル、そしてもちろん他の追随を許さない笑いと感動を持っています。これはまた、漫画についての漫画であり、アニメについてのアニメであるという独自性を持っています。アニメ業界への貢献という点では、これは今世紀でこれまでに放送された最も重要なシリーズです。

漫画は世界中で人気のある日本の文化遺産

『バクマン。』によると、漫画の作成には、ネーム、下絵、インク、塗りつぶし、効果、スクリーントーン、ホワイトアウトの7つの主要なステップがあります。私は漫画のドローイングの専門家ではありませんが、このシリーズは(実際に連載された)漫画に関する漫画なので、これが正しいことは間違いありません。もちろん、このアニメだけでは漫画の描き方を覚えるのに十分ではありませんが、私のようなカジュアルな視聴者を楽しませるには十分です。作品はまた、漫画を描くプロセスの難しさを強調します。中途半端に成功することは望めません。キャラクターが最初のエピソードで言及したように、「漫画は世界中で人気のある日本の文化遺産」です。

日本人以外のアニメファンにも、もっとおすすめしたい作品

これは私の国で高い評価を得たアニメでしたが、『バクマン。』をアニメで初めて視聴する場合は、この作品についてあまり期待しないでください。これはあなたが期待する典型的なアクション満載のアニメではなく、アニメ/マンガ業界に関するアニメです。これが、多くの人が(私を含めて)、このアニメを愛した理由です。もちろん、多くのアニメ愛好家は、マンガ/アニメが母国である日本でどのように受け入れられているのかについてもっと知りたいと思っています。このアニメは、そんな日本人以外のアニメファンにも、もっとおすすめしたい作品です。

BAKUchiuchiとMANgaka

タイトルの意味を知りたい場合は、少しネタバレします。BAKUchiuchiとMANgakaの組み合わせだと思います。主人公は常にマンガカ(漫画家)をバクチウチ(ギャンブラー)とみなしていたためです。日本語の知識が少しあれば、最初のシーズンの初期のエピソードで「博打」という言葉をよく聞くかもしれません。

彼らは情熱的です

彼らは若いです。彼らは情熱的です。彼らは自分の人生に乗り出す寸前です。『バクマン。』は、10代から成人に人生を移行している私のような視聴者にとって、その性質にピッタリ合っています。そして、それはまた、あなたが普段マンガ/アニメで見ない「マンガ家自身の生活」という主題を扱っているので、面白いです!

マンガの世界へのツアー

私が実際に原作の漫画を読んでいないということについては、全く気になりません。『バクマン。』は楽しいだけでなく、非常に有益でした。それはあなたにマンガの世界へのツアーを提供し、あなたは多くを学ぶでしょう。物語はとてもよく書かれており、とてもリアルに感じます。作家が私の目の前で自分の人生と世界を描いているように感じました。それがおそらくとても良かった理由です。

作中の物語や漫画にさえ没頭する

私が驚いたのは、作中の物語や漫画に没頭するようになったという事実です。これは本当によくできていて、彼らが作ったアイデアやストーリーのいくつかは、「ああ、私は実際にこれを読んだり見たりしてみたい!」と感じさせてくれました。

マンガについて色々と学べます

絵の描き方、ストーリーの作り方、編集者について、そして編集者がどのような役割を持っているか、結末など、マンガについて色々と学べます。非常に多くのことを扱っていますが、それらはすべて簡単な方法で説明されています。私はそれのほとんどを理解したと思います。

私の国で最も視聴されているアニメ

マンガ家の大場つぐみ(ストーリー)と小畑健(アート)がまたやってくれました!彼らは(本物の)戦いのない非常識な少年物語を作りました。彼らは本当に少年のジャンルを広げました!知らない人には、彼らは『デスノート』の作者と言えばわかってもらえるでしょうか。『デスノート』は私の国で最も視聴されているアニメであり、『バクマン。』と共通点があります。いくつかのことをよりよく理解してもらうために、それを参照するのが適切だと思います。しかし、あなたが『デスノート』を見ていなくても心配しないでください。誰もが楽しめる作品です!

物語の本当の目的はあなたの夢を追うことです

物語の本当の目的はあなたの夢を追うことです。日本語で「夢」という言葉は、ここでの翻訳の夢としての意味をはるかに超えています。多くのアニメや漫画がそのテーマを扱っています。なぜなら、それは日本人の文化の中で最も語りやすく美しい言葉の一つだからです。『バクマン。』がそれをどのように使用したかをご覧ください。キャラクターたちは、夢、特にそれを追い求めることは良いことだと教えてくれます。あなたの夢を現実にする唯一の方法は、一生懸命努力することだとわかります。『バクマン。』のセカンドシーズンのオープニングの歌詞を読んだら、私が言っていることを完全に理解するでしょう。私はその歌を聞くたびに鳥肌が立ちました。プロのマンガ家になるのが大変だということがわかるのは、本当に良いことです。漫画を作る秘密が明らかになるので、あなたがすでに漫画/アニメの大ファンであれば、この作品は非常に興味深いです。

未来についての話です

ストーリー自体は『デスノート』とはかなり異なりますが、いくつかの類似点があります。両方とも夢を達成しようとしているというところが(それは『デスノート』ではより理想的ですが)、共通している点です。もう一つは、物語のまさに始まりです。どちらも、人生に対する見方から始まります。『デスノート』ではこの世界がどれほど腐敗しているかについてでしたが、『バクマン。』は未来についての話です。

夢を達成するために一生懸命努力する姿は、とても美しいです

主人公とライバルを除いて、彼らは基本的にそれほど特別ではありません。彼らが夢を達成するために一生懸命努力する姿は、とても美しいです。『デスノート』と同じように、私はライバルが好きです。エルはきっと特別な人です。私は新妻エイジがエルに匹敵すると思っています。彼らは両方ともそれぞれの方法で特別です。私がエルの特別な習慣と彼の考え方が好きなように、私は特別な習慣と彼が描く方法で新妻英二が好きです。彼が描くとき、​​とても活発です。彼がマンガを読んだり描いたりするのを見るのはとても面白いです!私が主人公よりもライバルが好きだという事実(あなたはまだ主人公が好きなのですが)は、デスノートを見た人はわかってくれると思います。

最も例外的な少年アニメ

バクマンは、私が見た中で最も例外的な少年アニメのタイトルの一つです。私は著者が『デスノート』を描いたことを知りませんでした。「夢」は数多くのアニメや漫画で試みられたテーマですが、バクマンは漫画の作成に基づいてエキサイティングで魅力的なストーリーを伴います。

おわりに

『バクマン。』の海外の反応をお届けしました。

  • 王道の中の王道
  • 漫画は世界中で人気のある日本の文化遺産
  • 日本人以外のアニメファンにも、もっとおすすめしたい作品
  • BAKUchiuchiとMANgaka
  • 彼らは情熱的です
  • マンガの世界へのツアー
  • 作中の物語や漫画にさえ没頭する
  • マンガについて色々と学べます
  • 私の国で最も視聴されているアニメ
  • 物語の本当の目的はあなたの夢を追うことです
  • 未来についての話です
  • 夢を達成するために一生懸命努力する姿は、とても美しいです
  • 最も例外的な少年アニメ

などの声が聞かれていました。

海外では『少年ジャンプ』のアニメって人気なの?!【海外の反応まとめ】
日本では大人気の『少年ジャンプ』作品ですが、海外でも人気の高い作品はアニメの放映がされています。 そこで今回は、海外でも『少年ジャンプ』作品は人気なのか、海外の反応をまとめてみました。 『少年ジャンプ』作品の海外の反応まとめ ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました