『剣風伝奇ベルセルク』の海外の反応は!!まるでシェイクスピアの物語みたい?!

未分類

『剣風伝奇ベルセルク』は1997年に放送が開始された日本テレビ系のアニメです。

実は日本テレビは、このアニメを「世界戦略アニメ」と位置づけ、世界のマーケットに売り込みをかけました。

そんな戦略の成果か、『剣風伝奇ベルセルク』は海外で大人気となりました。

それでは海外の反応をお楽しみください。

『剣風伝奇ベルセルク』の海外の反応

アニメが原作と何ら遜色が無い

私は通常、アニメを見る前に原作の漫画を読みます。そのあとにアニメを見始めると、アニメと漫画でどのように自分の感情が変化するのかを楽しめます。実際、私は『ベルセルク』が、賞賛された漫画と完全に未熟なアニメという勝手な思い込みでアニメを観始めました。驚いたことに、私は『ベルセルク』のアニメが原作と何ら遜色が無いことを知りました。

古いアニメーションが作品に合っている

一部の人々が口にする批判の1つは、時代遅れのアートスタイルについてです。20年以上前に放映されたアニメなだけに、最近のアニメ作品を通じてアニメを知った人(私のような人)にとっては、アニメーションは必然的にラフでシンプルに見えるでしょう。しかし、『ベルセルク』の昔ながらのアニメーションは欠点ではなく、実は作品の雰囲気にとてもマッチしているのです。結局のところ、物語は古い中世の時代に設定されています。古いアニメーションは実際には、作品全体の古めかしい世界観を非常にうまく引き立てています。

音楽は私の注意を十分に引きつけました

私は音楽の熱心なリスナーですが、アニメで演奏される曲にあまり注意を払ったことはありません。しかし、『ベルセルク』の音楽は私の注意を十分に引きつけました。恐怖のシーンでは、恐ろしさにフィットする不吉な音を聞いて、私は何度も背筋が寒くなりました。それに比べて、祭りの楽しい曲、上流階級のダンスの優雅な音楽、そしてよりシーンの感情的な部分、それぞれの状況に合わせて流れる音楽は、その場にあった感情をうまく引き出してくれます。

「叙事詩」というスタイルに最もふさわしい作品です

『ベルセルク』はアニメの歴史の中で「叙事詩」というスタイルに最もふさわしい作品です。日本のアニメーションが好きな人には必須のタイトルです。『エヴァンゲリオン』や『ジブリ作品』、または他のアニメの中でも古典的な要素が強くなっています。

最大の強みはストーリーとキャラクターです

おそらくこのアニメの最大の強みは、ストーリーとキャラクターです。ストーリーとキャラクターが共に発展し、『ベルセルク』の世界が非常に活気づきます。典型的なアニメの決まり文句のほとんどは、このアニメでは必要とされません。そのため、ストーリーとキャラクターの有効性がなおさら強調されます。ユニークで活気のある世界観で、ベルセルクは多くのリアリズムを捉えています。

中世の世界観が新鮮

私は当初、『ベルセルク』に何の期待もしていませんでした。しかし、いくつかのエピソードを見た後、すぐにこのアニメに夢中になりました。私は中世の世界を描いたタッチやストーリーに興味をそそられましたが、これまでにこのようなストーリーラインのアニメを観たことがありませんでした。中世のジャンル自体が私の目には新鮮に写りました(ロードオブザリングやゲームオブスローンズも同じ驚きを与えてくれます)。主人公ガッツのタフな旅が好きで、その強さはほとんど神の域に達しています。

ヴィンテージアニメを観るようです

アニメーションは『ベルセルク』にとって重要な要素ではありません。0年以上も昔のアニメのため、ヴィンテージアニメを観るようです。それはそれで楽しいこともあり、ほとんどのシーンは漫画のようでありながら、色が付いており、より詳細です。さらに、アクションシーンではスピード感もあり、迫力満点です。

シェイクスピアの要素が組み合わされています

シェイクスピアの要素(友情、愛、反逆、死)が完全に組み合わされています。ストーリーが語られると、すぐに中世の魔法の世界にあなたを連れて行ってくれます。

唯一の欠点は静止画を多用すること

このアニメで見られる唯一の欠陥は、一部のアニメーションシーンで、古い水絵画(静止画像の中をカメラが移動するだけ)をよく使用することです。しかし、ストーリーに入ったらそれはもう無視してください。じきに気にならなくなるくらい面白い作品です。

私を大いに満足させてくれます

私は常に中世の物語に興味を持っています。若い頃に中世のフェスティバルに2回か3回行ったのですが、七面鳥の足を食べたり、馬上槍試合を見たり、ナイフ投げのブースで中指に傷をつけたりするのはいつも楽しかったです。世界史で最も興味深い時期の1つは、高中世時代でした。この時代のことを探索するのが私の大の楽しみであることは言うまでもありませんが、私は本格的な戦争物語をさらに好みます。『ベルセルク』はそんな私を大いに満足させてくれます。

レビューサイトの口コミ

原作のマンガとアニメにはいくつかの違いがありますが、キャラクターは同じです。最初のエピソードで怪物を引き裂く大男の主人公を見て、浅い物語になるかもしれないと感じている人がいるかもしれません。私はアニメの『ベルセルク』観た後、他の人の意見を知りたかったので、レビューサイトで口コミを読み始めました。私が見つけたのは、最初の数回のエピソードで視聴をあきらめ、その後に続く壮大な物語に出会うチャンスを逃し、そのことを後悔していると言っている多くのレビュアーの声でした。

すべての声優がうまく演じたと感じた

アニメのアートスタイルは、設定とキャラクターに完全に適合しています。ほとんどの場合、原作の雰囲気は十分にアニメーション化され、ときどき静止画効果になります。これを初めて見たときは気になりましたが、それが雰囲気の一部になり、適切になりました。私は吹き替えを見て、すべての声優が役をうまく演じたと感じました、彼らの声は登場人物たち声にふさわしいです。音楽のいくつかは素晴らしく、実際に私がこのシリーズに期待していたものを超えています。

サウンドトラックは本当に楽しかった

この作品は、必見です。昔の作品のわりにアニメーションが優れており、ノスタルジックな作品が好きなな人は、このアートワークを楽しむことができます。ほとんどのアニメーションは多くの静止画を使用していますが、全体的な品質を低下させることはあまりありません。サウンドトラックは本当に楽しかった。わずかではありますが、アニメーターはサウンドトラックを本来のように使用していないかもしれません。オープニングとエンディングは間違いなく素晴らしいです。次のエピソードの準備ができて、戦闘中の歌は驚くほど、非常にエネルギッシュでユニークです。一方、心理シーンやドラマシーン、またはキャラクターの思考に関するシーンのBGMは、シーンの感触に慎重に追加されるため、視聴者はより記憶に残り、会話からはより大きな影響を受けます。

シェークスピアとマンガの架け橋

物語がシェークスピアからインスピレーションを受けていることは非常に明白です。少なくとも設定では、悪魔や神聖なものだけでなく、性、暴力、嘘、秘密を備えた作品です。それはまさにシェークスピアですが、ほとんどのキャラクターが日本の漫画の文脈で行動するため、日本的なトーンが残ります。したがって、『ベルセルク』はシェークスピアとマンガの架け橋であると示唆することができます。

ストーリーテリングと世界構築の両方で成功

『ベルセルク』の物語は、ストーリーテリングと世界構築の両方で見事に成功しています。ざらざらした、暗い、中世のファンタジーの世界は信じられないほどリアルです。『ベルセルク』の物語のテーマの大部分は、たとえすべてが運命であっても、それに対して闘い、より良い未来へと変えていく余地があります。この気持ちはベルセルクの物語に遍在しており、さまざまな敵や障害物に対するガッツの戦いをうまく描いています。

おわりに

『剣風伝奇ベルセルク』の海外の反応をお届けしました。

  • アニメが原作と何ら遜色が無い
  • 古いアニメーションが作品に合っている
  • 音楽は私の注意を十分に引きつけました
  • 「叙事詩」というスタイルに最もふさわしい作品です
  • 最大の強みはストーリーとキャラクターです
  • 中世の世界観が新鮮
  • ヴィンテージアニメを観るようです
  • シェイクスピアの要素が組み合わされています
  • 唯一の欠点は静止画を多用すること
  • 私を大いに満足させてくれます
  • レビューサイトの口コミ
  • すべての声優がうまく演じたと感じた
  • サウンドトラックは本当に楽しかった
  • シェークスピアとマンガの架け橋
  • ストーリーテリングと世界構築の両方で成功

などの声が聞かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました