『エヴァンゲリオン序』の海外の反応!驚くほど映像が良くなったと話題に?!

エヴァンゲリオン

新劇場版4部作のうち、最初の映画です。

世界にもファンの多い『エヴァ』ですが、上映当初から話題になっていました。

『エヴァンゲリオン序』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『エヴァンゲリオン序』の海外の反応

衝撃的なほど興味深いものでもない

はい、これは基本的には元のエヴァンゲリオンの改作であり、4つの映画の最初のものです。この最初の映画は、元のシリーズの最初の6つのエピソードをカバーしているため、まったく革新的ではなく、物語について衝撃的なほど興味深いものでもありません。しかし、『エヴァンゲリオン序』では、シンジのいじけた姿のほとんどを削除したので、それは間違いなく元のシリーズからの1つの改善です。

注目されるべきはCGの導入

映像はとても素晴らしいです。元のシリーズには制作された年代の優れた映像技術がありましたが、今作ではさらに最新の技術で改善することができました。 CGは間違いなく素晴らしい動きであり、シーン、特に戦闘部分をさらに良くしました。彼らは使徒ラミエルでのシーンを完全に作り直し、伝統的な手描きのラミエルをCGデザインに置き換えました。言うまでもなく、そのシーンは私の目を楽しませてくれました。CGの他のシーンでは、機器類、コンピューターチャート、および背景に導入するなど、より絶妙でした。人間のキャラクターのデザインはオリジナルから少しシャープにされましたが、それ以外は変更されませんでした。しかし、やはり注目されるべきは、このリメイクでのCGの導入でした

この映画を見るのは間違いなく楽しいものでした

この映画を見るのは間違いなく楽しいものでした。彼らは基本的に元のシリーズを踏襲し、いくつかのマイナーな変更を加えてより良いグラフィックで作り直しました。そのため、元のシリーズと同じであると感じながら古臭さは感じられず、昔からのエヴァファンも納得の出来です。これは間違いなく、年配のファンから懐かしい気持ちを取り戻すと同時に、視聴者が見たり賞賛したりする新しい驚きを与えます。

目を見張るような映画

予告編を観るだけで、この映画は絶対に豪華であることを確認できます。アニメーションは絹のように滑らかで、細部への注意は息をのむほど豊かで、CGは(公開前のいくつかの噂とは対照的に)大部分がうまく組み込まれており、キャラクターデザインはこれまで以上に美しく、表現力豊かで絶妙です。エヴァの姿から戦闘機、ミサトのランジェリーまで、すべてが、数百万ドル規模の予算が許す限りの骨の折れる細部で表現されています。これは視覚的に目を見張るような映画です。目を見張るものといえば、これはPG-13(13歳以下は保護者と同伴)なので、映画の衝撃的な最も記憶に残るファンサービスショットに加えて、シンジとレイ(そしてカヲル)の裸の多くの新しいテイクを見ることが出来ます。

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

虹は再生の新しいシンボル

私たちが知っているように、プロットを大幅に改変することに加えて、「再帰」というテーマが新たに盛り込まれています。冬月とゲンドウの対話には、「運命」「再発」「再生」のモチーフが頻出しています。さらに、多くの人が指摘している新しい視覚的モチーフの1つは、虹です。虹は多くの重要なシーンに現れ、私が見る限りでは、再発と再生の新しいシンボルです。

手を繋ぐシーンは、どんな言葉よりも多くを語ります

映画のかなりの部分について言えば、「エヴァンゲリオン」でさえもう私の心に届かないのではないかと思いました。かつて、私はシンジのすべての葛藤と苦難を分かち合ったと感じていました。しかし、18歳になった私は、まだ14歳ままののキャラクターと同じようにわかり合えるかどうかわかりません。私は他の人から疎外されていると感じる同じ理由で、映画からとても疎外されていると感じました。私の感情、すべての恐怖と悲しみ、そして、私でさえも見つけることができない場所で、私は扉の鍵を捨てました。私はもはやそれほどオープンになれないので、シンジと同じように沈み込んでいます。しかし、映画の中で非常に重要な部分があり、最終的には私が本当に望んでいることを思い出すことさえできました。シンジが映画の終わり近くにあるミサトとレイとの親密さと、優しい興味をそそる瞬間は、人と人との相互作用について本当に美しく描かれています。これは、非常に非常に必要な思い出です。手をつなぐというシンプルなモチーフは、どんな言葉よりも多くを語りました。

これは「エヴァンゲリオン」ではありません

これは「エヴァンゲリオン」ではありません。「エヴァ」のように見えるかもしれませんが、「エヴァ」であると主張するかもしれませんが、そうではありません。映画はエピソード1から6までをカバーし、シリーズとほぼ同じ方法で始まり、5番目の使徒で終わります。忠実に再現されたシーンの多くを、できる限り早く話を進めます。会話は速く、シリーズの多くを1本の映画のスペースに詰め込み、非常に薄く描かれています。量の調整のために品質を犠牲にすることで、物語の進行ペースが完全に破壊されます。前シリーズでは、作品の雰囲気を整えるのに役立つ、長い、雰囲気のあるショットがたくさんありましたが、今作では無くなりました。

古いファンにも価値のある作品

古いバージョンのファンは、オリジナルの「エヴァンゲリオン」のノスタルジックな価値に頼り、作品は90年代半ばのバージョンのみが伝説的であると主張するかもしれません。しかし、正直なところ本当は、現代のアニメーション技術、本来語られるはずだったストーリーを伝えるのに十分な予算、そして過去20年間でクリエイターの心の中に成熟した新鮮なアイデアがこの最初の部分で頂点に達したということです。それは再構築の始まりであり、間違いなく、古くて少数のファンにとっても価値のある優れた映画になりました。

スポンサーリンク

おわりに

『エヴァンゲリオン序』の海外の反応をお届けしました。

  • 衝撃的なほど興味深いものでもない
  • 注目されるべきはCGの導入
  • この映画を見るのは間違いなく楽しいものでした
  • 目を見張るような映画
  • 虹は再生の新しいシンボル
  • 手を繋ぐシーンは、どんな言葉よりも多くを語ります
  • これは「エヴァンゲリオン」ではありません
  • 古いファンにも価値のある作品

などの声が聞かれていました。

エヴァンゲリオン
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました