『弱虫ペダル』の海外の反応は?!王道スポーツアニメと海外では好意的!!

テレビアニメ

競技ロードバイクでインターハイ制覇を目指す高校生たちのアツいドラマが繰り広げられ『弱虫ペダル』。

海外でも人気の作品となっています。

『弱虫ペダル』の海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『弱虫ペダル』の海外の反応

『弱虫ペダル』にはたくさんのキャラや学校がでてきます。同じ学校のチーム内での支え合いや友情、先輩後輩のあつい関係はもちろん、他校とのライバル関係や友情もすごく感動します。私が特に好きなのは、総北の巻島と箱学の東堂のライバル関係です。普段は巻島は東堂からのメールや絡みをウザがっていますが、山でのレースの時にはよきライバルであることを認め、互いに負けられないライバルとして全力でぶつかり合います。このような関係は見ていてとても胸が熱くなりました。

『弱虫ペダル』というアニメは平凡なオタク高校生である小野田坂道くんが高校生活で、新しくロードバイクを始めて仲間と共に成長していく姿を見て、自分自身が体を動かしていきたいなという気持ちになります。王道スポーツアニメではありますが、主人公やその仲間たち、ライバルたちが個性的で見ていて非常に感情移入してしまいます。また主人公が飛び抜けたスーパーマンという感じではないためすごく親近感が持てて自転車やロードバイクにはじめ興味がない人でも見ていきやすいアニメだと感じます。

オタクの小野田坂道の優しさと情熱がとても伝わるアニメ『弱虫ペダル』です。友達もいない彼を受け入れるメンバーと、彼の良さを引き出す先輩や仲間たちの感動が1話ずつ伝わってきます。見るだけで本当に勇気がもらえて何度見たかわかりません。ラブヒメのおちゃらけたメロディーと歌詞がどれだけみんなが助けられたことか、いつのまにか口ずさんでしまう感じがたまりません。人を恨むことなく真っ直ぐ戦い続ける総北メンバーが大好きで、特に巻島は王子にしか見えませんでした。

見た目完全にオタク男子の坂道が自転車競技で活躍するという奇想天外な作品です。タイトルの『弱虫ペダル』もピッタリな感じです。ママチャリで自転車部の選手と山登りレースしてます。出てくる登場人物が個性的で非常に良いです。同じ1年の今泉や鳴子も個性的ですが、何と言っても3年生が濃いです。ひょろ長い巻島や図体のでかい田所、暑苦しい主将の金城が大好きです。レースシーンがまた迫力満点です。アニメだとスピード感が非常にでていて良かったです。対戦相手の箱根学園や御堂筋など強烈なキャラクターばかりの対決がすごかったです。最後のゴールまで目が離せませんでした。

『弱虫ペダル』坂道くんが1年生の時が特に好きなのですが、御堂筋翔のエピソードが好きです。特に母親について語られるところ、坂道と御堂筋が夜にロードバイクで走るところがとても好きです。御堂筋くんがなんで勝ちにこだわるのか、何故そこまでストイックになれるのかに感情移入します。また坂道と話す時、不思議とザクの話で盛り上がるところのアニメの描写が細かく、御堂筋の素の表情と声にキュンキュンします。御堂筋くんが勝つエピソードがすごくみたいな、と思いました。叶わないのが辛いです。

一気見をするのがこんなに楽しいアニメは久しぶりでした!自転車競技の臨場感をうまく表現した映像作りが、勢いとストーリーの加速を生んでいて・・熱く、激しく、純粋に!!競技にかける想いが視聴者を興奮させてくれます。少年チャンピオン連載らしい、熱血バトルをしていて、登場人物はいたって真剣なんですが、思わず笑ってしまうほどベタだったり、感動するやり取りが『弱虫ペダル』には沢山あります。本当に面白かったです。

アニメ『弱虫ペダル』は、主人公、小野田坂道の成長ぶりがとにかくすごいです。数々の至難を乗り越えていき、そのなかで出会っていく同年代のライバル、先輩達のキャラも魅力的です。特に、小野田坂道の高校の先輩、3人の3年生達のサイドストーリーは涙無しではみられません。その中でも小野田坂道に直接指導する立場になる、巻島裕介という先輩の魅力は無限大です。独特な口調と派手な外見で一見近寄りがたいですが、小野田坂道が成長していくにあたり欠かせない存在になります。その巻島裕介には、永遠のライバル、他校で3年の東堂尽八という人物がいるのですが、この2人の、高校生活最後のインターハイでの戦いのシーンが一番好きです。『弱虫ペダル』は、登場人物一人一人に壮絶な物語があるので、飽きることなく最後まで楽しむことが魅力的です。

感想ですが、様々な対決を繰り広げ熱い友情に心打たれました。特に自分は主人公の小野田坂道が好きですが鳴子や今泉なども好きです。それぞれの得意、不得意な部分を補い助け合いながら走っていく姿に感動しました。『弱虫ペダル』自体初めてみたときは面白くはないんだろうなと思っていましたが読んでみるとどんどん次が気になり、読んでいました。このアニメを見てロードバイクもほしいと思い、友人からもらってたまに走ってます。

アニメ『弱虫ペダル』は一言で表現するなら『友達のいないアニメオタク』と『友達のいないロードバイクオタク』の友情物語から始まります。主人公の小野田はアニメが大好きな高校生で、本来ならば運動とは縁遠い人間だった男の子です。彼が何気なく通っていた学校は、プロのロードレーサーでも苦労するような坂道があり、それを小野田は「近道」と言いながらママチャリで行けるようなポテンシャルの持ち主だったのです。それを『ロードバイクオタク』である今泉に「お前はすごいやつだ」と自転車部に誘い、小野田は「友達になってくれるから」とロードレースの世界に入り込んでいきます。とにかくストイックなキャラクターが多いなか、争いごとの苦手な小野田の異質さが際立つ、とても熱くも主人公の成長に身震いさえする作品です。

アニメ『弱虫ペダル』を最初に見たのはアニメでした。アニメの1期を見終わった際にどうしても続きが気になり、漫画を一気読みしたのを覚えています。主人公の小野田坂道くんの純粋さや、同じオタクとしての親近感なのか、どんどん惹かれていくのが分かりました。坂道くんの先輩や同級生、ライバル校も魅力的なキャラクターが多く、成長していく過程や試合のハラハラ感もあり、気がつくとどっぷりハマっていました。また、声優さんもとても豪華なため毎回アニメが楽しみでした!

スポンサーリンク

おわりに

『弱虫ペダル』の海外の反応をお届けしました。

王道スポーツアニメで、さらに魅力的なキャラクターがたくさんとの声が多く聞かれていました。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

  1. なお より:

    ジャンプっぽいけどジャンプでやるにはちょっと古い感じなので受けないかもしれない
    月1にはちゃんとロードレース(100km以上)に参加し、映画やミュージカルがあればキャストや裏方さん全員に描き下ろし色紙まで渡す
    作者の体力や精神力、サービス精神には脱帽ものです
    あと1年(MTB編が始まってるのでたぶん開始は2年度くらいw)インハイがありますけど、がんばってほしいですね

タイトルとURLをコピーしました