『ハンターxハンター』の海外の反応は?!富樫ワールド全開で海外も絶賛?!

少年ジャンプ

『ハンターxハンター』は『幽遊白書』でおなじみの富樫義博先生の作品です。

王道少年漫画の設定ながら、富樫ワールド全開の作品にファンも多いです。

それは海外でも同じで、海外の富樫ファンも大いに絶賛しています。

そんな『ハンターxハンター』の海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『ハンターxハンター』の海外の反応

悪役が非常によく描かれている

キャラクターに関して強調したいことが1つあるとしたら、それはシリーズのメインの悪役です。シリーズを通してキャラクターが作品を輝かせています。特に『ハンターxハンター』の悪役は非常によく描かれています。それらの特性は独立して印象的であるだけでなく、互いに違いが明確化されています。この明確さは、シリーズ内だけでなく、シリーズ外でも適用されます。他のアニメでは、ヒソカ、クロロ、またはアントキングを見つけることはできません。これが『ハンターxハンター』の悪役を非常に魅力的なものにしているだけでなく、非常に印象的な特性を備えていることに加えて、彼らはオリジナルです。すべての『ハンターxハンター』の悪役には共通点が1つあります。各悪役は観客に恐怖を与えます。このシリーズは、これらのキャラクターが物語と私たちの主人公にもたらす危険を煽り立てるのに役立っています。

富樫さん、ありがとう!

結論として富樫さん、私は何よりも感謝しなければなりません。あなたは素晴らしいです。ユニークなキャラクター、傑出したプロットを作成できます。あなたはまだ漫画の休載を続けており、誰もが(私さえ)多くの不満を言っていますが、あなたが私たちに与えるものは待つ価値のあるものです。素晴らしい傑作をありがとう。まだ見ていない人のために、最初のいくつかのエピソードやあらすじにだまされてはいけません。どちらも、一般的な少年を見ようとしているという印象を与えます。これは、エピソードが進むにつれてどんどん面白くなるアニメです。ストーリー、設定、キャラクター、全てが最高です。

飽きないストーリー

なんらかの目的のために冒険に出かけることを決め、友達に会い、強くなり、最終的には強力な敵を倒す、そんなありきたりなストーリーと同じにしないでくだいさい。148のエピソードは飽きずに観られます。

【PR】人気のアニメが見放題!!「dアニメストア」

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

『ハンターxハンター』のストーリーは少年漫画でありきたりのように見え、新しい要素やトピックは特にないように感じていました。私の考えは第10エピソードの前に完全に消えました。少年のゴンがハンターになろうとして父親を見つけるというメインアイデアは非常に単純ですが、物語は徐々に深く複雑になっていきます。物語は全体にわたって壮観であり、目標を達成するために主人公がとる道は信じられないほど創造的で予測不可能です。結論として、『ハンターxハンター』は私が今まで見た中で最も長く楽しめるアニメです。

ストーリーは高速で進みます

『ハンターxハンター』のストーリーは非常に高速で進みます。マンガのエピソードの量と比較して、アニメのエピソードの量を比較してください。つまり、無駄なエピソードがない、愚かなファンサービスはなく、まっすぐ進むストーリーです。 アニメーションはほぼ完璧で、マッドハウスアニメーションの一般的な良さを示しています。この長いシリーズ全体の一貫したアニメーションは、私を本当に驚かせます。キャラクターデザインは一流であり、背景はほぼ毎回風景と雰囲気に適合し、表情は正しく描かれます。

『進撃の巨人』にもひけを取らない

作品の素晴らしさは何ですか?魅力的なストーリーですか?面白いキャラクターですか?ショーが生み出す没入感ですか?私はシリーズを始めるたびに、いつもこれらの質問をしていることに気づきます。『ハンターxハンター』も例外ではありませんでした。観始める前に『鋼の錬金術師』や『進撃の巨人』にもひけを取らないと聞いていました。どちらも私のお気に入りのアニメです。それでも、私には疑問がありました。「148エピソードもあって飽きずに観られるでしょうか?」すべてのエピソードを観た今、私はこう答えます。「148エピソードでは不十分です」。

沈黙をうまく活かしています

注目に値することの1つは、ショーは明らかに静寂の価値を非常に認識しているということです。いくつかの場面で、音楽はまったくありません。これは、これらのシーンの影響を大幅に高めると感じています。今では非常に頻繁に、音楽が常にバックグラウンドで再生されている必要があるかのように見える作品があります。でも、沈黙をうまく利用すると、素晴らしいコントラストが生まれます。『ハンターxハンター』は沈黙をうまく活かしています。

作品に対する作者の敬意を感じる

キャラクター自体は他に類のないものです。これは、一部には、その個性とキャラクターデザインの独自性によるものです。しかし、それはまた、作品に登場するすべての人々に対する、作者の敬意によるものです。『ハンターxハンター』の世界は寛容であり、暗殺者がヒーローになり、連続殺人犯が尊敬を集めてトップに立つことができます。しかし、それはまた、人々の誤解が悲惨な結果をもたらす可能性があり、美徳が両刃の剣になる可能性がある厳しいものでもあります。

革命的で非正統的なアニメ

『ハンターxハンター』は、特に『ワンピース』、『ブリーチ』、『ナルト』など他の人気少年漫画と比較した場合、予測不可能で知的であるという意味で、革命的で非正統的なアニメと言えます。それは単純な戦闘アニメとして始まったように見えるが、人間の心理、死、そして希望を深く掘り下げる予測不可能な展開の物語です。

スポンサーリンク

おわりに

『ハンターxハンター』の海外の反応をお届けしました。

  • 悪役が非常によく描かれている
  • 富樫さん、ありがとう!
  • 飽きないストーリー
  • ストーリーは高速で進みます
  • 『進撃の巨人』にもひけを取らない
  • 沈黙をうまく活かしています
  • 作品に対する作者の敬意を感じる
  • 革命的で非正統的なアニメ

などの声が聞かれています。

やはり冨樫先生の、王道漫画なのにマニアックな世界観が海外でも高評価のようです。

↓海外で人気のアニメランキング↓

【海外の反応】海外で人気のアニメランキングTOP20!!
海外で人気のアニメランキングTOP26!! 26位 モブサイコ100 25位 ハイキュー!! 24位 銀河英雄伝説 23位 3月のライオン 22位 コードギアス 21位 鬼滅の刃 20位 デスノート ...
少年ジャンプ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました