『3月のライオン』の海外の反応!!人間が深く描かれていると話題に!!

未分類

将棋を題材にしながら、人間ドラマを色濃く描いた『3月のライオン』。

日本では人気のアニメですが、海外ではどうなのでしょうか。

そもそも、将棋文化がない海外では、将棋アニメである『3月のライオン』は受け入れられないのでしょうか。

ところが、海外でも『3月のライオン』はとても人気のある作品なのです。

なぜ海外で人気なのか?

海外の反応を調べてみました。

『3月のライオン』の海外の反応

絵画のような背景

アートスタイルは非常に素晴らしいです。プロデューサーがこの傑作をどのように作成したかを賞賛します。色は水彩絵の具のようで、線はボールペンのようです。特に景色は絵画のようです。

成長と苦悩の物語

各キャラクターの欠点や強み、個性、人生が描かれています。特に、サイドキャラクターの葛藤がメインキャラクターの葛藤と同じくらい深く描かれ、全員が人間的です。桐山だけでなく、私に人生の教訓を教えたキャラクターを忘れることはありません。私たちが見るのを楽しみにしているすべてのアニメのように、これは本当にキャラクターの成長と苦悩の物語です。

桐山が幸せになって本当に良かった

桐山がこのシーズンでようやく幸せになったことを本当にうれしく思います。彼は徐々に自分自身と周りの人たちを愛するようになりました。彼は高校時代を楽しんでいて、彼が立ち止まっていたところからゆっくりと開放されています。このシリーズは非常に記憶に残るものであり、今後のアニメでこのようなアニメスタイルが見られることを期待しています。ただし、オリジナルが常に最高です。

零の心からの笑顔に感動

2シーズン目は真に心温まる方法で始まり、零がどれだけ成長したか、そして学校で楽しもうとする友人や川本家の家族を見つけることができた幸運を感じます。彼の心的外傷や不安に起因する陰鬱な性格と将棋以外に無気力な少年であった彼の以前の自己と比較すると、零は驚くべき方法で人として成長しました。彼はまだ欠陥のある存在であり、まだ探索中ですが、彼は個人的な問題のほとんどをゆっくりと克服し、自信をつけ、他の人を信頼し始め、彼らと有意義な関係を築き始めました。そして最も重要なことは、彼は心の底から笑顔で正直に笑えることです。エピソード16の終わりでの彼の純粋な笑いは、単純なことのように聞こえるかもしれないが、今シーズンで最もパワフルなシーンの1つでした。

キャラクター間の化学反応が見どころ

三月のライオンは、複雑で、深く、現実的なキャラクターを提示し、それらを肉付けするのに並外れた仕事をします。彼らの性格、バックストーリー、欠陥、思考、心配、感情は人間的であり、親しみやさを感じています。アニメはそれらのいずれかも決して忘れません。観客にそれらを見せ続け、それらを発展させ続けますが、それらはすべて障害としてであっても、零の人生に関与しています。キャラクター間の関係と相互作用も非常に人間味があり、それらの間の化学反応は本当に素晴らしいです。

心の琴線に触れます

『3月のライオン』は、日常のキャラクターの冒険を追うだけでなく、成熟した人間的なタッチで描かれます。アニメのストーリーテリングは、その重い特徴付けと非常によく使用される心理描写に本当に興味をそそられます。人生で出くわすさまざまな問題に関する人生の教訓と、キャラクターの成長は視聴者に影響を与える可能性さえあります。シンプルな日常をパワフルに感じさせ、説得力のあるドラマを提供するシリーズです。美しいアートワークと音楽に加えて、ドラマチックなシーンと軽快なシーンの両方で、視聴者の感情を刺激し、心の琴線に触れます。三月のライオンを見るのは息をのむような体験であり、視聴者の期待を超え、心を捉え続ける真の傑作です。

真の悪役は登場しない

登場する各キャラクターは肉体化されており、欠陥だけでなく強さもあります。憎むためだけに作られた憎むべき悪人のような悪役のキャラクターはいません。すべてのキャラクターには、それらの良い部分と悪い部分が描かれます。いじめっ子であろうと将棋の対戦相手であろうと、各キャラクターは自分の問題や対処しなければならないことを抱えている本物の誰かのように描かれます。彼らは良くないことをするかもしれません。そして、他の作品では、彼らをありえない悪役として描きますが、『3月のライオン』は、彼らをこのような存在にした人生の他の側面が描かれています。誰もがこのように探検され、それはショーをとてもリアルに感じさせます。

世界を理解する手助けになる

『3月のライオン』は私が今まで見た中で最高の作品の1つであるだけでなく、登場人物の言葉に本当に重要なものがあるように感じます。誰もが苦労しています。誰もが善と悪です。人は敵であるかもしれないし、誰かが不利に見られるかもしれないが、おそらく彼らがそうしなければならない理由があります。そして、周囲がそれを理解できたなら、私は世界がはるかに良くなると思います。『3月のライオン』は、その要素のすべてが見事であるだけでなく、誰にとっても有益だと思う世界についての理解を深めることにもなります。私が誰かに推薦する作品があったら、それは『3月のライオン』でしょう。これはアニメーションが提供する最高のものであり、私は大好きです。

カテゴライズできないジャンル

正直なところ、このアニメはジャンルを定義する必要があります。「ファンタジー」、「コメディ」、「ロマンス」、「サイエンスフィクション」、「少年アニメ」のカテゴリに分類されないため、残念ながらかなり見過ごされており、高い評価にもかかわらずあまり話題になっていません。このアニメはとても感情的でパワフルで、息をすることはできませんでした。ビジュアルをじっと見つめ、音楽を聴くだけでした。それは現実的で関連性があり、キャラクター開発、ストーリーテリング、美しい音楽と芸術的な象徴性、すべてがこのアニメを真の宝石にします。さて、これは私が今まで見た中で最高のアニメです。

おわりに

『3月のライオン』の海外の反応でした。

  • 絵画のような背景
  • 成長と苦悩の物語
  • 桐山が幸せになって本当に良かった
  • 零の心からの笑顔に感動
  • キャラクター間の化学反応が見どころ
  • 心の琴線に触れます
  • 真の悪役は登場しない
  • 世界を理解する手助けになる
  • カテゴライズできないジャンル

などの声が聞かれています。

将棋のルールが分からない海外の人も、作品の人間ドラマに惹かれているようでした。

↓海外で人気のアニメランキング↓

【海外の反応】海外で人気のアニメランキングTOP20!!
海外で人気のアニメランキングTOP26!! 26位 モブサイコ100 25位 ハイキュー!! 24位 銀河英雄伝説 23位 3月のライオン 22位 コードギアス 21位 鬼滅の刃 20位 デスノート ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました