『聲の形』の海外の反応は?アニメは短すぎるとの声も?!

アニメ映画

『聲の形』は聴覚障害をテーマにした漫画です。2016年にアニメ映画化されました。

全日本ろうあ連盟監修のもと道徳教材化になるなど、障害を持つ人の困難がよく描けている作品です。

しかし、海外では一部厳しい声が聞かれています。

スポンサーリンク

『聲の形』の海外の反応

障害と萌えの融合は不愉快

『聲の形』は偽善的であるため危険です。私はろう者について何も知らないふりをするつもりはありません。この映画では残念ながら、聴覚障害者の心理への理解を深めることはできません。プロットデバイスとして絶えず深刻な問題を利用し、西宮を一元的にします。健常な聴衆に難聴を説明しようとするとき、明らかに西宮のキャラクターが邪魔をします。西宮のキャラクター全体が彼女の病気です。彼女は影が薄く、彼女の唯一の特徴は魚を食べるのが好きだということです。アニメでこのように使われている萌えは不快です。ただ、難聴やその他の障害をアニメに含めることは刺激的なアイデアであり、私はその試みは称賛します。次に性格に深みのない男性キャラクターは、彼が子供の頃に犯した間違いを悔い改めたいと思い、その対象に恋をします。犯した罪に同情するのは難しいので、このトピックにロマンチックな観点からアプローチすることは本質的に疑問です。

何度でも泣ける

漫画を4回読み、毎回泣きながら、私はこの漫画での私の感情的な経験をほとんど済ませたつもりだったので、涙をあまり期待せずに劇場に入りました。しかし、驚いたことに、映画を見ながらさらにとても長い時間泣いたのでした。似たようなアニメ映画 『心が叫びたがってるんだ』と比較しても、引けを取らない作品です。もしあなたが『心が叫びたがってるんだ』が好きなら、あなたは確かに『聲の形』も好きになるでしょう。映画が進行するにつれて、これまでにないほど感傷的な心で映画が観ることになるので、感情的なジェットコースターに備えてください。とはいえ、これは完璧な映画ではありません。ストーリーは短く、2人の主人公以外のキャラクター/プロットの進行に関しては非常に短いです。おそらく、作家がコーナーをカットしなければならなかったのは、物語を2時間のフィルムに詰め込む必要があるという制限のためでした。

結論が弱い

声のカタチは非常によくできた映画ですが、欠点がないわけではなく、複雑な問題を扱っており、視聴者に疑問を残していますが、簡単な結論は残していません。

テーマがうまく機能していない

元のマンガのテーマは、非常に若いマンガ家にとって非常にやりがいのあるものだと感じています。また、一部のテーマが適切に調査または開発されていないことも感じました。いじめ/償いのテーマに加えて、関係のテーマには愛着/別れがあり、その上に男性と女性の友情とロマンスのテーマがあります。これらのテーマは共存し、確実に相互に共鳴していましたが、十分に計算された明確な方法で行われていません。それが連載漫画の主要な問題であり、それらのテーマを探求するために、漫画の作者はキャラクターを少し強制的な状況(映画クラブやテーマパークに行くイベントなど)でお互いに仲良くしてもらう必要がありました。

ステレオタイプな障害のイメージが不快

ステレオタイプの感情と、障害を感情的に操作するプロットに問題があり、それが視聴者に浅い見通しを与えると思いました。しかし、特にこのプロットの長さとコンテンツの密度に関して、これらの重いテーマに正確に取り組んだ映画を期待するのは無理だと思います。一部の人々は、ろう者や自殺者がここでどのように提示されるかに腹を立てています。

精神的痛みを描いている

この映画は、実話が語られるというよりも、「美的」な雰囲気が強すぎます。物語は、自分自身の葛藤に直面している主人公を中心に展開されています。自殺は非常に強力なトピックですが、適切に描写されていません。自殺未遂で悲しい感情を手渡さないでください。映画全体を通して身体的な表現ではなく、精神的な痛みや過去の経験を通じて感じている痛みを描いています。

深いテーマがきちんと描かれている

アートや音楽などの技術的なことを議論する前に、私は本当にこのトピックを伝える必要があります。いじめは、世界中の何百万人もの人々に影響を及ぼし、自殺、うつ病、摂食障害などに関する現実世界の問題です。残念ながら、アニメがこのトピックに取り組むという場合、これまでに悲しい歴史があります。アニメのいじめっ子は、たいていスティーブンキング小説のいじめっ子のようになりがちです。彼らは私たちのヒーローを苦しめ、最終的に彼らの恐ろしい反撃にあうためだけに存在する1元的な存在である傾向があります。このトピックに値するアニメを知ったとき、私は興奮しました!

謝ることは本当に難しい

「愛しています」は誰かに言うのが最も難しい言葉だという人もいますが、それは本当でしょうか?言葉にするのは難しいですか?私の場合、それは難しいですが、しかし最も難しいことではありません。「ごめんなさい」という言葉をはどうでしょう?あなたの心の底から出た「ごめんなさい」、あなたの本当の感情の表現、完全な謝罪、後悔、地獄のようにあなたの内側で燃えるその言葉…それは本当に言うのは難しいです。

謝ることの大切さがわかる映画

最初は、この映画はいじめっ子といじめられた人がお互いを許して、関係を作る映画であると思っていました。実際には、この映画はそれを超えており、この映画が提供するものはもっと深いテーマに関連することだと思います。私は一度、「ごめんなさい」を、これまでに傷つけてしまった人々に伝える必要があると感じました。それを行うときに生きていると燃える感覚があなたの魂を押しつぶしますが、最終的に、あなたはそれが完全に価値があることを知っているでしょう。あなたはそうすることで安心し、この映画を見れば、その理由がわかるでしょう。

スポンサーリンク

おわりに

『聲の形』の海外の反応でした。

海外では、重いテーマなだけに賛否両論が聞かれていました。

原作を2時間という短い時間で描くのは、やはり難しかったようです。

アニメ映画
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました