『るろうに剣心』は悪役がかっこいい?!【海外の反応】

少年ジャンプ

明治維新を生き抜いた「人斬り抜刀斎」こと緋村剣心を描いた『るろうに剣心』。

日本の革命期を描いたこのアニメは、海外でも大人気となっています。

『るろうに剣心』の海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『るろうに剣心』の海外の反応

アニメーションは非常に優れています

アニメーションは非常に優れています。ただ、制作された時代を考慮しても、色付けは少し鈍く、キャラクターの目や髪の描画スタイルはあまり好きではないスタイルです。それはさておき、動きは非常に素敵で、アニメーションは今日のアニメと比較しても非常にスムーズです。照明効果も良好です。剣の戦いの間に、私は時々がっかりしました。剣が誰かに当たったときに、最後まで描かれているわけではありません。代わりに、青い光線が描かれ、ヒットしたキャラクターは衝撃で飛んでいきます。切り合いの効果ですが、私は本当に好きではありませんでした。

是非、一度観てみてください

『るろ​​うに剣心』は、日本の革命中を描いた素晴らしいアニメです。1994年に和月伸宏によって描かれ、1996年にアニメとして最初に放映された素晴らしい物語です。このアニメを観たことがまだない人は、早く視聴してそれにふさわしい敬意を払ってください。あなたが若いアニメファンで、『るろ​​うに剣心』(アメリカ以外の国では『サムライX』としても知られている)についてあまり知らないなら、私はすぐにあなたの手に渡るようにしたいと思います。是非、一度観てみてください。

最初の2シーズンだけが見る価値があります

物語は深く複雑で、エモーショナルで感動的です。『るろうに剣心』には、ロマンス、アクション、サスペンス、さらにはスリラーも含まれています。『るろうに剣心』には合計95のエピソードがありますが、最初の62のエピソード(最初の2シーズン)だけが見る価値があります。3シーズン目はすべて意味のないエピソードです。最初の2つのシーズンは、「人斬り抜刀斎」としても知られる緋村剣心の物語と、相楽左之助、明神弥彦、神谷薫などの友人たちの物語を描いています。あまりにも多くを語らず、最初のシーズンでは彼が人を殺さないという誓いをどのように守るかがメインとなっています。

少し古いように見えるかもしれません

若いアニメファンにとって、アニメーションは『デスノート』や『鋼の錬金術師』のような最近のアニメのように少し古いように見えるかもしれませんが、それはまだ非常に優れた品質で描かれ、最初のいくつかのエピソードを見れば、あなたはこのスタイルは、ストーリーに完全に合っていることがわかります。

【PR】人気のアニメが見放題!!「dアニメストア」

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

すべての少年アニメファンが観なければならない

『るろうに剣心』は間違いなく、すべての少年アニメファンが観なければならない古典的な少年アニメシリーズの1つです。たくさんのアクション、コメディ、ドラマがあります。それを支える素晴らしい物語やキャラクターもよくできており、いくつか本当に感動的な瞬間があります。ただし、単純な敵や大量の安っぽいシーンなどは、この素晴らしいアニメの全体的な品質を低下させます。シリーズに悪影響を及ぼした別のことは、最終的に無駄なシーンが増えていったことです。これらに煩わされなければ、間違いなく『るろうに剣心』は楽しいアニメでしょう。

どんどん変な方向にアニメが向かっていきました

なにがこのアニメをここまでひどくしたのか?どうやら、それはアニメが「京都編」でマンガに追いついたからだ。その後、材料が不足し、独自のストーリーを作り始めました。シリーズのこの部分のほとんどの物語は、外国の人々に関するものです。剣心の敵は、たくさんの剣士/忍者から、騎士、風水師などの奇妙な混合物になりました。戦闘そのものに関しては、明白な矛盾もあります。アニメは、剣心にとって戦いをより困難にするために、悪役にますます想像力豊かな特別攻撃を導入し始めました。その結果、特に新しい攻撃は不合理で、説明も役立たないため、その攻撃がどのように繰り出されているのかもよくわからなくなっていました。どんどん変な方向にアニメが向かっていきました。

アクションとドラマの完璧な融合

アニメの『るろうに剣心』を伝説にしているのは、まさに「京都編」です。このシーズンは、エピソード28〜63で構成されています。このシーズンは壮大な戦いに次ぐ戦いがメインです。これは、私がこれまでに観たアニメのシーンで、最も熱烈な戦いをしています。私の心が1分間に1マイルも動いているほど激しい戦い。私は実際に戦いを通して無意識に息切れしていました。アクションだけでなく、「京都編」はドラマと優しさ、感動的な瞬間にも満ちています。それはアクションとドラマの完璧な融合であり、私を釘付けにしました。

悪役は卑劣で、共感的で、叙事詩的で、独創的

『るろうに剣心』は、そのキャラクターに関しては傑作です。各キャラクターは独自の方法でユニークでした。彼らは皆自分の個性を持っており、私は目に涙を浮かべたり、恐怖から沈黙したりしました。私は実際に彼らのほとんどが好きだったので、お気に入りのキャラクターを選ぶことは実際に困難でした。彼らは皆、このユニークな個性を形作った独自の劇的な過去を持っていました。たくさんのキャラクター開発があり、興味をそそり、特定の状況でキャラクターが何をするかを推測するのに十分です。「京都編」の主な悪役である志々雄 真実は、今では私の好きな悪役の一人です。彼は本当に悪であり、それはそれは壮大です。各悪役は卑劣で、共感的で、叙事詩的で、独創的でした。

戦士の哲学はしばしば刺激的

『るろうに剣心』のスタイルにはユーモア、アクション、ロマンスがすべて組み込まれており、作品はすべての点で成功していますが、特に優れているわけではありません。アクションは間違いなく見どころであり、作中のキャラクターの戦士の哲学はしばしば刺激的でした。コメディは一貫してユーモラスでしたが、私はそのほとんどが大声で笑うほど面白いとは思いませんでした。ロマンスとドラマの要素は時には感動的なものでしたが、典型的にはメロドラマに向かう傾向がありました。剣心の個人的な葛藤は、最も効果的で最も頻繁に使用されるドラマチックなテーマでした。

最も愛されているアニメシリーズの1つ

『るろうに剣心』は、幅広い視聴者にアピールするさまざまな要素を備えており、その欠陥にもかかわらず、これまでで最も愛されているアニメシリーズの1つとなっています。そのカラフルなビジュアル、魅力的なテーマ、愛すべきキャラクターは、アニメファンに印象を残します。あなたの新しいお気に入りにならないかもしれませんが、その品質と寿命は否定できません。

キャラクターは素晴らしい

アニメのキャラクターは素晴らしいです。剣心がアニメの中で出会うキャラクターの中には、多くの人が面白いだけでなく、歴史的な人物に基づいており、さらに深みを与えています。キャラクターもよく出来ており、アニメ全体を通して各キャラクターの多くの感情が表現されています。ただし、どのアニメにも存在する典型的で予測可能なキャラクターがいくつか登場するため、迷惑になる可能性はありますが、作品の品質を損なうことはありません。

スポンサーリンク

おわりに

『るろうに剣心』の海外の反応をお届けしました。

  • アニメーションは非常に優れています
  • 是非、一度観てみてください
  • 最初の2シーズンだけが見る価値があります
  • 少し古いように見えるかもしれません
  • すべての少年アニメファンが観なければならない
  • どんどん変な方向にアニメが向かっていきました
  • アクションとドラマの完璧な融合
  • 悪役は卑劣で、共感的で、叙事詩的で、独創的
  • 戦士の哲学はしばしば刺激的
  • 最も愛されているアニメシリーズの1つ
  • キャラクターは素晴らしい

などの声が聞かれていました。

海外では『少年ジャンプ』のアニメって人気なの?!【海外の反応まとめ】
日本では大人気の『少年ジャンプ』作品ですが、海外でも人気の高い作品はアニメの放映がされています。 そこで今回は、海外でも『少年ジャンプ』作品は人気なのか、海外の反応をまとめてみました。 『少年ジャンプ』作品の海外の反応まとめ ...
少年ジャンプ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました