【海外の反応】『テルマエ・ロマエ』は海外だからこそ共感できる?!

ノイタミナ

古代ローマ人が日本の風呂文化を体験するという奇抜な設定の『テルマエ・ロマエ』。

日本人のみならず海外の人々の間でも面白いと話題になっています。

『テルマエ・ロマエ』の海外の反応を集めてみました。

スポンサーリンク

『テルマエ・ロマエ』の海外の反応

『テルマエ・ロマエ』はローマ人が風呂入って日本にタイムスリップするアニメです。作風はちょっとお金のかかった鷹の爪という印象で原作初期のトンデモな雰囲気が出てると思います。DLEのメディアミックスの中では良い方ではないでしょうか。主人公ルシウスはFROGMANが演じているのでローマ人補正されたDXファイターに見えてきますがゲスト陣が大塚明夫や稲田徹、東地宏樹など濃ゆいメンバーで固めている所がアツいです。

アニメ、『テルマエ・ロマエ』は、ヤマザキマリ原作の漫画をアニメ化した作品です。古代ローマ人と日本人の共通の趣味である公衆浴場(温泉)をテーマにした作品で、非常に斬新な切り口だと思いました。主人公ルシウスの浴場にかける思いが、日本人の温泉にかける思いと通じる気がして、何とも見ていてほほえましい。生真面目なルシウスが、何に対しても大真面目に返すのが、何とも言えず滑稽です。古代ローマが一番栄えた五賢帝時代のハドリアヌス帝時代は、実際に自分も見てみたい世界なので、ルシウスのように、時空を超えてみたいなと思いました。なにせ、時代設定とか、出てくる建物とか、ちゃんと調べられているので、臨場感があります。とにかく、一見の価値あり!

『テルマエ・ロマエ』大好きです。上戸彩のなまりがとてもかわいいくて、大好きです。阿部さんもキャラが濃くて、おもしろいです。至る所に、笑いのポイントが、あるので観ていて飽きません。楽しいです!!顔の濃い俳優さんたちが、たくさん出ているのも、印象的な映画だと思います。また、住んでいる県の温泉がロケで使われていたので、それも嬉しかったです。久しぶりに温泉に行きたいな〜と、この映画を見るとよく思います笑。

世界史オタクなのでローマ文化が忠実に再現されていることに驚きました。「ローマの平和」と呼ばれた五賢帝時代を舞台として描かれており、技師ルシウスも皇帝も実在の人物で、ここからストーリーを広げたい『テルマエ・ロマエ』の原作者ヤマザキマリさんは本当にすごい方だと思いました。私はラストに近いシーンで現代の日本からタイムスリップした力士たちがルシウスが夢見るユートピアの温泉を掘り当てる場面が大好きです。ルシウスが日本の風呂に感動して涙を流すシーンは見ものです。

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

映画版、アニメ版共に好評の漫画原作版です。『テルマエ・ロマエ』は読み切りの形式で週刊誌上スタートしました。あらすじとしては、21世紀の日本にタイムスリップした古代ローマ帝国時代の建築技師ルキウスが、巻き起こす珍騒動をえがきます。異色なのは、来るだけでなくまたローマ時代へ帰還して、21世紀の日本で得た知識を古代ローマで再現しようとするところです。彼にとってはタイムスリップしたという意識は全くなく、日本人を「平たい顔の種族」と呼んで、その知識と習慣を持ちこんだだけなですが、周囲の同時代人にとっては、斬新かつ奇抜なアイデアマンとして大変に評価されています。元ネタを知っている彼は「私など大した事はしていません」と表明するのだが、かえってそれが謙虚な姿勢と取られてしまい、最終的には古代ローマ皇帝の浴場を任されるまでに至ります。そこらへんの面白さとおかしさが、作者の腕の見せ所であります。

『テルマエ・ロマエ』の主人公のルシウスは、紀元前128年のローマ時代の浴場設計技師ですが、不幸なことに職を失ってしまい、これからどうしたらいいんだろう…というところでタイムスリップして日本の銭湯にやって、少しずつ成功を収めていくサクセスストーリーに胸が躍ります。また、日本の銭湯文化を取り入れることで、ルシウスがローマで浴場設計技師として成功していく姿に、日本の文化がローマでも受け入れられたような疑似体験ができました。そして、日本人のことを「平たい顔族」と表現する点にも面白さがこみあげてきてます。

『テルマエ・ロマエ』のアニメ版は人物が切り貼りした映像から始まって驚きましたが、全てではありませんでした。現代の日本へタイムスリップしたルシウスが公衆浴場や近代文明に衝撃を覚え、戻ったローマで再現します。一つ一つ大げさに驚くのが面白いです。ただ、行き帰りだけではあそこまで色々と気づきません。良い物、新しい物を常に追求していたので戻ってから再現できるのです。真剣に視聴した中で感動し、時には落胆するから色々な点に気付けることを思い知らされる作品でした。

ひたすらお風呂開発する情熱に、笑っちゃう作品でした。『テルマエ・ロマエ』というと、映画もありますが、アニメは全く違ったユルい感じです。ローテンポに繰り出される、おじいちゃん達のネタや、ルシウスのお風呂考察が笑いを誘います。とにかく、ルシウス真面目すぎないかな??と思うくらい、お風呂バカです。あと、『テルマエ・ロマエ』と言えば濃い顔みたいな所ありますが、アニメは色素薄い外国人です。笑 外国の人が日本文化満喫してるなぁって、微笑ましくなるアニメでした。

古代ローマと日本を行き来し、時代や国の違い、時代を越えた友情を、共通の文化である“お風呂”で表現するという観点が斬新でした。それをコメディで伝えることによって、真面目な内容や難しいこともすんなり身体に入ってきました。お風呂自体は共通文化なのに、こんなにも違うのかということをアニメを通して学ぶ事が出来ました。他のアニメでもそうですが、この『テルマエ・ロマエ』から学ぶ事は特に多いと実感したと共に、普段さりげなく入っているお風呂のありがたさも改めて実感しました。

一瞬、あまりの作画の動かないさに学生作品かな?と見間違えてしまった印象を持っていたのが『テルマエ・ロマエ』です。しかし、このアニメは、見れば見るほど味が出る、スルメのような作品です。実写化もされた『テルマエ・ロマエ』ですが、主人公の古代ローマ人、ルシウスのリアクションが面白い。彼は紀元前の人間でいわゆるタイムスリップをして現代日本の温泉、銭湯にやってくるのですが、カルチャーショックの嵐です。しかもローマ人なので日本語なんて分かるはずもありません。平たい顔族(日本人)のジェスチャーで道具を使うたびにショックを受けるルシウスは思わず笑ってしまいます。

スポンサーリンク

おわりに

『テルマエ・ロマエ』の海外の反応でした。

日本独特の文化を体験するようすが、海外の人々にも共感されるようです。

ノイタミナ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました