『おおかみこどもの雨と雪』の海外の反応?!声優がとても良いとの声が多い!!

細田守

細田守の長編オリジナル作品第2作の『おおかみこどもの雨と雪』。

海外でも人気の細田監督だけに、海外でも話題になっています。

『おおかみこどもの雨と雪』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『おおかみこどもの雨と雪』の海外の反応

長編アニメーション映画賞を受賞したことを喜んでいます

昨日この映画を見ましが、非常に楽しめました。そして今、『おおかみこどもの雨と雪』が、第45回シッチェス国際ファンタスティック映画祭(スペイン映画祭)で、長編アニメーション映画賞を受賞したことを喜んでいます。『時をかける少女』と『サマーウォーズ』の監督である細田守の作品であることを考えると、これは驚くことではありません(どちらも以前のシッチェスフェスティバルで同じ賞を受賞しました)。

自然体のキャラクターによって助けられています

物語はシンプルでエレガントで、若い家族の感情をダイナミックで魅力的な方法で描いています。喜びとユーモアで物語を彩り、適度な憂鬱と苦痛をうまく組み合わせたプロットで構成されています。これは、現代のアニメのトレンドからはかけ離れていて、多くの場合、かわいらしい、そしてさわやかなで自然体のキャラクターによって助けられています。

雨と雪の物語に何かを感じるでしょう

子供たちはオオカミの子供であるにもかかわらず、彼らの物語は人間の若者の話です。社会と調和して人生を歩みたいという欲求と獣の本能との間で、2人の兄弟は揺れ動き、彼らがぶつかり合うと物語に大きな深みを加えます。私たちが若さゆえに親の苦労と喜びを知らない場合、または若くして配偶者や親の喪失を経験しなかったとしても、私たちは雨と雪の物語に何かを感じるでしょう。

絶妙なアニメーションによって完全に補完されます

プロットの巧みさとストーリーの深みは、絶妙なアニメーションによって完全に補完されます。そのアニメーションの効果は、スタジオジブリや細田守の他の作品にのようなシンプルで馴染みのあるアートスタイルに加えて、少し深みがありより豊かで審美的です。そのため、ビジュアルを最大限に活用したシーンが多く登場することがこの作品の醍醐味です。 アニメーションの素晴らしさが作品全体をより完成度の高いものとしています。さらに物語をより印象深くしているのがサウンドトラックであり、素晴らしいサウンドデザインです。花が行方不明の夫を探す最初のシーンでは、雨の音の微妙なクレッシェンドで彼女の絶望がリアルに表現されており、悲痛であると感じました。

私がこれまでに観た中で最高のアニメーション映画

エジンバラで開かれたスコットランドラブズアニメフェスティバルで『おおかみこどもの雨と雪』を観ましたが、先週ロンドンですでに放映されていたため、このフェスティバルの賞の対象外でした。もしそれがあったなら、この作品が受賞したであろうことは疑いの余地がありません。個人的にはスタジオジブリのクオリティには及ばないにしても、私がこれまでに観た中で最高のアニメーション映画の1つです。この映画がまったくあなたの心を温めることができないならば、私は非常に驚いて、恐ろしくなります。

すべてが非常に繊細でいて豪華

『おおかみこどもの雨と雪』のアート技術は素晴らしいです。すべてが非常に繊細でいて豪華で、観ていて文字通り吹き飛ばされたように感じる場面がいくつかがありました。アニメーションの大部分は手描きの感じがして、 3Dアニメーションも存在しましたが、壮大な効果には使用されていません。3Dは雨滴によってできた水の波紋など、日常のシーンで使用されています。

雨と雪の声はとてもすばらしかった

野生の小さな生き物の音から、空の雷鳴まで、それぞれがあなたの目の前に広がる世界で繰り広げられます。『火垂るの墓』をご覧になった方はご存知のように、セツコの声優(白石綾乃)が信じられないほどリアルな(最近では珍しい)女の子の声を届けました。これは『おおかみこどもの雨と雪』にも当てはまります。雨と雪の声はとてもすばらしかったです。特に雪の声、私は彼女の声の小さな不機嫌さが大好きでした。映画の3分の1程度で、「この作品の声優たちは信じられない」という声がもれていました。

花の力強さと苦悩の様子

私はシングルマザーではありませんが、子供を一人で育てるということは精神的および肉体的な不屈の精神を必要とする仕事であることは、十分に理解しています。したがって、花の力強さと苦悩の様子は私の心を打ちました。

親切さを物語る心温まる描写

最初の部分は母親の強さと近隣の人びとの親切さを物語る心温まる描写でした。父の喪失、母の闘争からの感情の蓄積は、田舎で生活する家族の団結を生みました。簡単に言えば、それはあなたが知ることのできる心温まる物語の一つのようです。

特定のシーンが完全に無音になることが本当に好きです

前作の『時をかける少女』や『サマーウォーズ』のように、アニメーションは鮮明で詳細でした。声優の仕事も完璧でした。高木正勝さんの音楽は、アニメが初めての人にとっては驚くほどよくできていると感じられるでしょう。また、特定のシーンが完全に無音になるようにタイミングが合っていることが本当に好きでした。これは、シーンの強調とその後の音楽の盛り上げました。

経験が唯一教科書です

私はいつも子育てに翻弄されていますが、それはアニメではめったに描かれないトピックです。皮肉なことに、親であることは、人が経験できる最大の課題と困難の1つです。主な理由の1つは、子育てで具体的にどのように対処するかを正確に教わっていないことです。従うべき段階的なプロセスはありません。一人の子供を育てるということは、決して他の子と同じではありません。そして、経験が唯一教科書です。

先入観や疑問は打ち消されました

この映画には幻想的な要素が含まれていますが、決してこれにがっかりしないでください。私自身はファンタジーの専門家ではありませんが、登場人物が非現実的であり、我々とはかけ離れているため感情移入できないのではないかとの懸念がありました。私が持っていた先入観や疑問は、物語の非常に早い段階で打ち消されました。

私の期待を上回りました

アニメ映画には大きな期待があります。キャラクターやプロットをシリーズに依存していないため、これらの要素をすべて組み合わせた傑作を作成することは非常に困難です。『おおかみこどもの雨と雪』は私の期待を上回りました。

日常生活の美しい小さなものが集まっている

「すべてが暖かく、あいまいに感じるような物語。」この映画を見終わったとき、私はそう考えていました。この気持ちが、私が以前持っていた自分の質問に答えたことは興味深いことです。子育てについての話は、どうして多くの人にとても面白くて愛されるのだろうと、かねてから思っていました。今、私は子供の物語を愛らしいものにするのはプロットやストーリーではなく、日常生活の美しい小さなものが集まっていることを理解しています。子を育てる親は、親と子の間にあるものよりも良いラブストーリーはないと喜んで答えます。一方で、子供の物語は馬鹿げている、または子供っぽいと始めから目を背ける人もいます。100%批判のないストーリーはありません。本を表紙で判断するべきではないように、この映画を見る前に判断しないでください。

スポンサーリンク

おわりに

『おおかみこどもの雨と雪』の海外の反応をお届けしました。

  • 長編アニメーション映画賞を受賞したことを喜んでいます
  • 自然体のキャラクターによって助けられています
  • 雨と雪の物語に何かを感じるでしょう
  • 絶妙なアニメーションによって完全に補完されます
  • 私がこれまでに観た中で最高のアニメーション映画
  • すべてが非常に繊細でいて豪華
  • 雨と雪の声はとてもすばらしかった
  • 花の力強さと苦悩の様子
  • 親切さを物語る心温まる描写
  • 特定のシーンが完全に無音になることが本当に好きです
  • 経験が唯一教科書です
  • 先入観や疑問は打ち消されました
  • 私の期待を上回りました
  • 日常生活の美しい小さなものが集まっている

などの声が聞かれています。

細田守
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました