異色のグルメアニメ『食戟のソーマ』の海外の反応は?!

グルメ

異色のグルメアニメ『食戟のソーマ』の海外の反応をしらべてみました。

スポンサーリンク

『食戟のソーマ』の海外の反応

『食戟のソーマ』は最初のアニメからずっと見ていましたが、最近少ないグルメアニメの中で食事シーンや料理がちゃんと表現されていて一番面白いと思いました。料理の美味しさを表現するのにキャラクター達の服が脱げたりいろいろな表現のされかたをしていて面白いです。料理のメニューも幸平が作る料理は身近に帰る食材で作っていて、食べてみたい、今度やってみようかなと思うような料理のメニューがとても良いと思います。

『食戟のソーマ』は主人公の幸平創真が料理の名門「遠月茶寮料理学園」に編入して父親を超える料理人になる為に料理の腕前と大胆不敵に学園の生徒同士で競い合う食戟を通して成長して行くところが面白いです。神の舌を持つ薙切えりなやイタリアの大衆食堂のタクミ・アルディーニ、イサミ・アルディーニ兄弟や卒業生の四宮小次郎、堂島銀など個性的な登場人物も魅力的です。料理対決で料理を食べた時のリアクションも独特で楽しいです。丼物対決で肉のスペシャリスト水戸郁魅との食戟(丼物料理対決)など様々な料理対決が楽しくて面白く美味しそうです。

とても再現度の高いアニメだと思います。『食戟のソーマ』といえば、お色気シーンですが、アニメ版は絵もすごく綺麗で、パワーアッブしたお色気がムンムンしています。毎話趣向を変えていて、楽しみの1つです。あと、お話のテンポがすごく良くて、ぐいぐい引き込まれます。『食戟のソーマ』の名前になっている食戟は、描写もすごく丁寧で、鬼気迫る調理がまるで本当に起こっているみたいに臨場感あります。声優さんもばっちり合っていて、最高のアニメの1つだと思います。

アニメ『食戟のソーマ』は一言で言うとお腹が空く作品です。主人公幸平創真の作る大衆向けの料理から始めり、薙切えりなの完璧な料理、田所恵の郷土料理、タクミ・アルディーニのイタリアン、その他、肉料理、寿司、ラーメン、中華、燻製、薬膳など出てくる料理すべてが本当に美味しそうに描かれています。食べている人があまりにも美味しすぎて服が脱げるという演出は人によっては好き嫌いがあると思いますが、私個人の意見としては少年漫画なので全然ありだと思います。

dアニメ
dアニメ

アニメ作品数No.1の「dアニメ」は、

月額400円でアニメが見放題です!

しかも初回31日間無料でお試しできます。

↓↓↓まずは無料でお試し↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

『食戟のソーマ』は王道的展開がありとても面白かったです。主人公の幸平創真は負けず嫌いでもありどんな相手にも強気で挑み世間にも流されない鋼の精神を持ってたりと主人公キャラとして相応しい感じがかっこいいなと思いました。そして料理に関しても料理家が監修されたメニューということもあってかとても美味しそうな料理ばかりで正に飯テロでした。個人的にはシャリアピンステーキ丼はマネしてみたいなと思いました。また、料理の美味さを表現している服がはだける所も男女平等に裸になっているので媚びている感じが少なくて良いと思いました。

『食戟のソーマ』の面白いところは、料理対決で服が脱げてちょっとエッチなシーンがあるところです。食戟では、審査員が3人いて実食シーンでそれぞれ感想を言っていく。そして表現の仕方がほとんど裸で大事なところは料理の材料や具材で隠れていますが、それでも露出シーンが多いマンガだと思います。自分の好きなキャラは、恵ちゃんです。落ちこぼれで落第寸前のキャラだけどソーマと出会い成長していく姿がとても感動しました。

『食戟のソーマ』は、今は珍しいグルメアニメです。が、一番の見所は、食戟シーンでグルメ対決をするのですが、その食事を食べた審査員が脱ぐ、脱ぐ!体全体で美味しさを表現する違う次元のシーンといってもいいのでしょうか?多分笑うシーンではないと思うのですが、ついつい笑ってしまうのです。そして、出てくる食事が本当に美味しそうです!食戟(対戦)シーンだけではなく、学園ものなので、ストーリーもありますし、キャラクターたちに個性もあり、見ていて飽きないアニメです。

『食戟のソーマ』はやはり調理シーンが一番印象に残っています。特に印象に残っているのは、葉山アキラとのカレー対決です。類まれな嗅覚を持っている葉山に対してカレーで勝負する大好きなお話だったのでアニメでも楽しみにしてました。お互いが創意工夫をしたカレーは漫画でも美味しそうだったのですが、アニメなってより一層香りたつ美味しそうな描写になっていて、葉山の作ったフィッシュヘッドカレーの香りがキラキラ光って会場に広がる場面はきれいだし、またカレーの絵もきれいで本当に美味しそうだったし面白かったです。

これまでの現実味のある料理アニメといえば、美味しんぼくらいしかありませんでしたが、あれは、作中のシーン、舞台さえも現実的過ぎて静かな展開しかありませんでしたが、『食戟のソーマ』に関して言えば、料理や、知識に対してのリアルさがあり、想像しやすいものでした。ただ、その中でも、日本ではまぁあり得ない非現実的な料理学校を舞台にする事で、この後どうなるんだろうと、胸を高鳴らせる瞬間も多く、これまでになかった料理アニメの展開に感動しました。神の皿以降ももう一シーズンありそうな、そんな最後で再度見返す必要があります。ざっくりまとめると、人生をかけて卒業を目指すといった斬新な料理アニメで、面白い以外の言葉が見つからない、そんなアニメでした。

『食戟のソーマ』を観て、私が思ったこと、面白いと思った点は、まず主人公の「幸平創真(ゆきひらそうま)」が世界一の料理学校「遠月学園」に父親に行けと言われ、料理を極めるべく仲間たちと切磋琢磨することにカッコ良さを感じます。遠月学園には、十傑と呼ばれる、十人の料理人が存在しており、幸平創真はその十人に「食戟」と呼ばれる料理勝負をなんの躊躇いもなく挑む自信家であります。しかし、自分の料理が通用しない相手がいたとしても、そこで燻ることなく、失敗を経験値としてさらに料理を極めんとする姿を見て次の展開がワクワクする気持ちでいっぱいになります。また、仲間思いでもあり、極星寮と呼ばれる幸平創真の下宿先が取り壊しなされそうになった時も、仲間を信じて、1人で料理の戦場に向かい守ろうとするシーンもあります。そして、「食戟」を通して戦った相手とも分かり合い、同じものを極める仲間になる青春を感じられる作品です。

スポンサーリンク

おわりに

『食戟のソーマ』の海外の反応をお届けしました。

グルメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

  1. 匿名 より:

    ネットでの評判は良くないけど、大好き。第4シーズンの11話は神回で何回も何回も繰り返してみた。

    どこまでいっても定食屋メニューでの勝負をしてしまうのはちょっと残念。
    ルーツが感じられるくらいで良かったんだけど。

タイトルとURLをコピーしました