【海外の反応】『攻殻機動隊』はSFが本場の海外でも大人気!!

アニメ映画

日本だけでなく、海外のSFファンをも魅了した映画『攻殻機動隊』。

海外では本格的なサイバーパンク作品として、普段アニメを観ない人々にも愛されています。

それでは『攻殻機動隊』の海外の反応をお届けします。

スポンサーリンク

『攻殻機動隊』の海外の反応

私たちを人間たらしめているものは何ですか

皆さんにお聞きします。私たちを人間たらしめているものは何ですか?それは魂ですか(この映画では「幽霊」と呼ばれます)?それとも肉と骨ですか?iPodの音楽のように思い出を消去して置き換えられるとしたらどうなりますか?あなたの体が完全に機械である場合、あなたはまだ自分を人間と呼ぶことができますか?あなたの意識が活発であるにもかかわらず、あなたの体がどこにも見つからない場合、あなたはまだ存在しますか?『攻殻機動隊』を観終わったあと、そのような哲学的な問いが頭をよぎります。

史上最高の名作

『攻殻機動隊』は史上最高の名作です。サウンドトラックとアートワークのおかげで、すぐに作品に没頭することが出来ます。アクションに関しては、『攻殻機動隊』は確実に描写の方法を知っています。アクション主導の映画ではありませんが、実際に描かれているアクションシーンは傑作にほかなりません。

人間とサイボーグを区別するものは何ですか

あなたがいつも会っている友人は本当に人間でしたか?人間とサイボーグを区別するものは何ですか?私たちを人間にするのは何ですか—生物学的な物質、意識、または記憶?これらは、『攻殻機動隊』が探求する質問です。

満足するまでさらに数回見る必要がある

この映画は、技術用語やフレーズが時々登場する複雑な作品です。これにより、映画の多くの部分を理解することが難しくなり、特に最初に視聴していて、サイバネティックスなどの最低限の知識がない場合は特に、何が起こっているのかわからないことがあります。ただし、十分に集中して視聴する場合、プロット全体を把握するのはそれほど難しくありません。基本的に、映画を初めて視聴する場合は、絡み合っているすべてのパーツを解くのではなく、全体として観る必要があります。綿密な分析を行うには、満足するまでさらに数回見る必要がある場合があります。『攻殻機動隊』はまさにそういった映画です。

あなたはもはやあなた自身のマスターではありません

サイバーパンクが中核ですが、『攻殻機動隊』にはいくつかの哲学的な側面もあります。サイバー化により、ハードドライブなどの外部デバイスにメモリを保存し、共有することができます。パーティーの思い出を友人と共有することができます。見たもの、聞いたもの、さらには感覚さえも共有できます。それでは、他人の記憶にアクセスすることがコンピューター上のファイルやフォルダーを閲覧するのと同じくらい簡単な世界で、「現実」をどのように定義しますか?あなたが持っている思い出が「本物」であることをどのように知りますか?率直に言って、あなたはもはやあなた自身のマスターではありません。そのような未来が、すぐそこまで来ているということを感じさせてくれる映画です。

畏敬の念を抱きます

視覚的には、『攻殻機動隊』は壮観です。映画がもう10年以上前のものであることを考えると、アニメーションとグラフィックは実に注目に値します。アクションシーンは非常によくアニメーション化されているため、視聴者は畏敬の念を抱きます。言うまでもなく、背景、機械、超高層ビル、その他のオブジェクトは非常に詳細であり、映画を近未来の日本として観ることができます。

すべてのSF信者は必見です。

『攻殻機動隊』は上品なSFスリラーであり、人間と機械の間の境界線が絶えず曖昧になる世界への洞察を与えてくれるるだけでなく、近い将来、私たちの精神は何に格納されているかについて考えをめぐらせてしまします。すべてのSF信者は必見です。

キャラクターづくりが十分ではなかった

これはすごいとしか説明できない映画でした。私は今日まで、映画のクリエイターが、すべての人が楽しめるように非常に多くの注意を払っていることに驚いています。この映画に100点満点を与えられなかった唯一の理由は、優れたキャラクターづくりが十分ではなかったという単純な事実でした。

哲学的なタッチなしでは語れません

アニメやサイエンスフィクションのジャンルが好きで、『攻殻機動隊』をまだ観ていない人にはこの作品を強くお勧めします。また、他の『攻殻機動隊』の作品もお勧めします。同じ世界の素晴らしい作品郡ですが、これらも必見です!!私は6年前に『攻殻機動隊』を観ましたが、当初はあまり面白いとは感じていませんでした。6年後にもう一度作品を観ると、それは素晴らしい経験でした。視聴後1週間、私は『攻殻機動隊』が作り出した雰囲気と作品が引き起こした実存的な質問にまだ悩まされています。映画は非常にスローペースで、アクションシーンはほとんどありませんが、映画の売りはアクションではありません。実際、アクションを期待しているなら、あなたは大いに失望するでしょう。私のお気に入りのシーンは素晴らしい音楽を伴っており、私を驚かせました。彼らは何かクールで、雰囲気があり、悲しくさえあります。しかし、『攻殻機動隊』はその哲学的なタッチなしでは語れません。あなたの精神が自分のものでなくなったとき、私たちはまだ人間ですか?人工知能は人間ですか?意識とは何ですか?私たちは人形使いの手の中の操り人形なのでしょうか?すべてを完全に把握できるようになるまで、何度か見直さなければなりません。

『攻殻機動隊』は大人の為のアニメです。

『攻殻機動隊』は、アニメが芸術になる方法を示しているため、これがアメリカやヨーロッパで非常に人気となった理由の1つです。決まり文句や使い古されたアートスタイルに満ちた既製品ではなく、芸術の美しい傑作です。しかし、このアニメは万人向けではありません。アニメ(およびこれまでに作られたほとんどのアニメ)の大部分はティーンエイジャーまたは子供向けであるため、大人の視聴者のために作られてません。『攻殻機動隊』は大人の為のアニメです。

描かれるのは未来の明るい側面だけではありません

『攻殻機動隊』は、サイバネティックに修正された脳を持つ人間、巨大なネットワークを介した脳を備えた未来の世界を現実的に描いています。この驚くべき未来の世界をこの映画で紹介する以外にも、「DNAは単なるコードであり、人工的に再現できるため、ロボットを生きた人間にすることは可能でしょうか?」または「どのように人生を定義できますか?」などの哲学的問を生み出します。『攻殻機動隊』を取り巻く世界は非常に複雑で興味深いものであり、あなたを魅了します。この未来の明るい側面だけでなく、汚い側面、犯罪性、弱点も示します。

キャラクターはかなり好感が持てます

『攻殻機動隊』のキャラクターはすべて非常に作り込まれており、非常に論理的な思考を持っています。キャラクターの相互作用は、主に警察の話や哲学的な会話で構成されています。成熟したキャラクターのみが存在し、キャラクターはストーリーと密接なつながりがあるため、このアニメは成熟した視聴者にアピールすることがわかります。全体的に、キャラクターはかなり現実的で(態度とすべてに)好感が持てます。

これまでに作られた最高のアニメ

あなたが普通のアニメファンなら、このような複雑で深い作品はあまり好きではないかもしれません。全体的には非常に暗く成熟した未来の世界を提供します。会話、暗くて非常に美しいアートスタイル、面白い戦闘、これらすべてで素晴らしい仕事をしています。このアニメはあらゆる面でとても完璧に成功しています。過去に似たような未来の物語が噛んがられたかもしれませんが、明らかにこのクオリティには及ばないので、この作品の独創性は非常に高いです。私の意見では、このアニメは「これまでに作られた最高のアニメ」と呼ぶに値します。

素晴らしい雰囲気が漂っています

『攻殻機動隊』の世界は素晴らしい雰囲気が漂っています。物語は素晴らしく、映像と声優の演技は両方とも、ほぼ20年後でも非常によく持ちこたえています。確かに、それはいくつかの問題を抱えていますが、作品の質を損なうもではありません。サイバーパンクが嫌いでない限り、きっと楽しい経験になるでしょう。

スポンサーリンク

おわりに

『攻殻機動隊』の海外の反応をお届けしました。

  • 私たちを人間たらしめているものは何ですか
  • 史上最高の名作
  • 人間とサイボーグを区別するものは何ですか
  • 満足するまでさらに数回見る必要がある
  • あなたはもはやあなた自身のマスターではありません
  • 畏敬の念を抱きます
  • すべてのSF信者は必見です。
  • キャラクターづくりが十分ではなかった
  • 哲学的なタッチなしでは語れません
  • 『攻殻機動隊』は大人の為のアニメです。
  • 描かれるのは未来の明るい側面だけではありません
  • キャラクターはかなり好感が持てます
  • これまでに作られた最高のアニメ
  • 素晴らしい雰囲気が漂っています

などの声が聞かれていました。

アニメ映画
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました