鬼塚先生がいてくれたら…『GTO』の海外の反応

テレビアニメ

型破りな教師として憧れる人も多い『GTO』ですが、海外ではどのような人気なのでしょうか。

『GTO』の海外の反応を調べてみました。

スポンサーリンク

『GTO』の海外の反応

当時の感想としては小学生だったという事もあり、いじめや自殺、日曜日ゴールデンなのに卑猥な表現描写、暴力など今ではとても同じ時間帯で放送できるものではないなと思っています。しかし、自分が小学生だった時の学生問題が今でも深く根付いていて、今こそ見て頂きたい作品だと思います。学生からの視点と大人たち、主に先生からの視点で生き方や考え方の違いからくる問題点を見る事ができる作品です。

湘南純愛組の鬼塚英吉が『GTO』GREAT TECHER ONIZUKAとして活躍する学園マンガだがこれまでの学園ストーリーマンガとは一線を画す過激な描写や言動がある種革命的に感じます。鬼塚が生徒達から当初信頼されていなかった頃から生徒達と真摯に向き合い破天荒ながら相談にのり、背中をおしてあげたり、時には学校から離れ家庭問題までにも踏み込む鬼塚の姿は驚異的で憧れます。生徒達の人間的に成長していく過程もとても楽しめます。

このアニメ『GTO』は原作の内容を忠実に再現されていて、違和感なく楽しく観ることができました。主人公・鬼塚英吉を高木渉さんが演じ、他にもメインキャラクターの声優陣も適任でした。序盤で鬼塚に罠を仕掛けようとゴシップ写真を駆使した菊池善人が、すぐに鬼塚の味方になって鬼塚のピンチを救出したり、いじめの被害者・吉川に協力したりするなど、鬼塚とは正反対のタイプである菊池の活躍は、いつも面白みがあって見どころがあります。その他、トロ子こと野村朋子が鬼塚によってアイドルの才能を見出されて活躍するシーンなども気に入っています。

この作品で扱われている問題は我が国でもよく起こり、そしてその解決策がない問題ばかりです。そのような問題を超人である主人公が解消するというありえないアニメですが、このアニメというのはアニメを見た後にスカッとして嫌な現実を忘れさせてくれるというのはこのアニメの一番の魅力ではないでしょうか。もちろん、現実にはこのようなスーパーマンのような教員はいませんが、それでもこのアニメは心地のいいアニメだと感じます。

学園モノアニメの最高峰『GTO』に心を揺さぶられた人はたくさんいるに違いない。なんて言ってもあの伝説の教師、鬼塚先生の型破りな授業は毎回見ていてハラハラドキドキの連続だった。あんな先生ほんとうにいたらヤバいな〜と現実ではないのをわかっていてもアニメの世界に引き込まれてしまってました。それぞれ個性的な生徒たちもまたこのアニメを面白ろおかしく展開してくれている。喧嘩あり、涙あり、恋愛あり、完璧な学園アニメです。

鬼塚のアバンチュールな指導に毎回驚かされてしまいましたがアニメ化された中でも下ネタ系はなかなかアニメに採用されていなかったのがちょっとだけ残念でした。ただ壁をぶっこわしたり暴走族のようなスタイルがあったりとゴツゴツした雰囲気はしっかりと再現されていたのでそれなりに楽しめました。他の教師系のアニメっていろいろあると思いますが個人的には『GTO』が一番刺激的で常軌を逸した展開になっているのでスリルを感じながら観れました。

もともと原作は湘南純愛組から見ていて、鬼塚英吉の超人的な強さが、『GTO』ではさらに鬼ががかっているように思いました。あの鬼塚が教師になるということでどんなことになるのかと思っていましたが、想像以上に破天荒な教師で、自分が学生の時にこんな先生がいたら楽しかったのになと思う一方で、かなり現実にいたら大変なことになるだろうなと思います。顔もカッコよくて喧嘩も強くてかなり面白いのにいつになっても彼女が出来る気配がないところも笑ってしまいます。

アニメ版『GTO』に関して、漫画版やドラマ版にも劣らず面白い内容になっています。ドラマ版ではどうしても実際に人が演技や演出するのに無理な面がありますが、アニメ版ではそれを気にせずに描くことができるので漫画版を忠実にそして迫力のあるものが描かれるのが良いです。最初の場面で言えば、校舎から飛び降りて車の上に落ちて車が破損する場面やバイクで橋と橋の間を飛び越える場面はアニメならではで見応えがあると思います。鬼塚英吉の破天荒でありながらも色んな問題を解決をしていくのは見ていて憧れをもってしまいます。

コミック原作そのまま、正にグレートな鬼塚の活躍が見られます。モンスターペアレントという言葉もあり、教師が保護者や子供に気を使い過ぎています。『GTO』のような教師が本当にいればいいのに、もやもやとした気分をすかっとさせてくれて楽しめます。かなりのご都合主義ですが、思い通りにならない世の中には暴走族リーダー出身教師みたいな強烈キャラクターによる切込みは必要かもしれません。

『GTO』は現代ではあり得ないほど熱く面白い学園アニメだと思っています。とにかく鬼塚の考え方や行動には驚かされるばかりで、不良やいじめをする生徒たちを改心させるのが極めてユニークです。また一方で鬼塚自身も元々ガラが悪く、欲望にも忠実で甘いため、騙されたりハメられたりするシーンも爆笑できます。一番好きなのは、やはり相澤雅を追い詰めるところで、四面楚歌状態からの逆転は見てる側としても気持ちが晴れました。もっぱら、教育界はリアルで恐ろしいです。アニメ版では声優さんたちもぴったりで、それぞれのキャラや役に相応しかったです。

スポンサーリンク

おわりに

『GTO』の海外の反応をお届けしました。

型にはまらない主人公の鬼塚が作品の魅力のようです。

テレビアニメ
スポンサーリンク
アニメの海外の反応まとめブログ|ニホンの歩き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました