『進撃の巨人』は本当に海外で人気なの?!海外の反応を調べてみた‼︎

海外の反応

日本が誇る世界的アニメ『進撃の巨人』。

日本では大人気となっていますが、海外ではどうなのでしょうか。

海外のレビューサイトを見てみますと、やはり絶賛する声が多く聞こえてきます。

その中でも印象的な海外の評価や反応をいくつかご紹介します。

海外ではアニメはいつ放映されていた?

英語版の『進撃の巨人』は FunimationとCrunchyrollという2つの海外のアニメサイトで、2014年にストリーミング放送をはじめました。

この英語版のおかげで、海外の人は『進撃の巨人』を観ることができるようになったのです。

日本では2013年に初放映されているので、海外と日本では約1年のブランクしかないことになります。

最新作の『進撃の巨人 Season3』の第1話は、日本の放映が2018年7月23日で、英語放映が2018年8月18日と1ヶ月も立たないうちに視聴できるようになっています。

その後も英語版とオリジナルの放映は、約1ヶ月のブランクしか空かずに放映されています。

海外の人々も、ほとんどリアルタイムで観ることができていたようです。

『進撃の巨人』の海外の評価

『進撃の巨人』は日本だけでなく海外でもたくさんの評価を得ています。

まずは、『進撃の巨人』が海外でどのように評価されているかを見ていきたいと思います。

アメリカ

アメリカでは『進撃の巨人』の英語版は、2015年の時点で250万部以上売り上げています。

ニューヨーク・タイムズは、マンガのベストセラーリストに81週連続で『進撃の巨人』をリストに乗せていました。

アメリカの有名書店Nielsen BookScanでは、2013年10月のトップ20グラフィックノベルのリストの第1位を獲得しています。

アメリカのヤングアダルト図書館サービス協会は、2013年の「高校生のための偉大なグラフィックノベル」の一つに『進撃の巨人』を選んでいます。

アメリカでは有名な新聞や図書協会などからも、好意的に取り上げられています。

さすがエンターテインメントの国ですね。

アジア

2013年5月27日に香港の無料新聞am730のフロントページに、『進撃の巨人』のアニメの情報が掲載され、香港や中国本土で話題になりました。

しかし、韓国では『進撃の巨人』の内容が、安倍晋三首相の軍国主義につながるとして批判しています。

また、2015年6月12日に中国文化省は、未成年者が閲覧する可能性がある暴力・ポルノ・テロ・などの犯罪シーンを含む作品として、38のアニメと漫画を禁止にしていますが、その中の一つに『進撃の巨人』が含まれています。

アメリカでは好意的に受け入れられていますが、アジアでは否定的な意見もあるようですね。

『進撃の巨人』の海外の反応

人間だけが特別なわけじゃない

まず海外の反応でよく見られたのが、巨人に追い詰められる人類の姿を動物や家畜と重ね合わせる意見です。

この作品にいくつかテーマがあると思うが、その一つが自由を求めているということだ。人類は常に狭い世界に閉じ込められている。しかし、それは他の動物たちとどう違うというのだ。人間も家畜をその家族から引き離し屠殺して食べている。巨人に食べられる人間と何も変わらないじゃないか。人間が食物連鎖の頂点にいないというだけだ。この作品は、そういった意味ですごく考えさせられる作品だ。

日本のアニメファンや漫画ファンは、おそらく作品と現実を分けて考えることになれているんだと思います。

だから日本人には、巨人に食べられる人類を、人間に食べられる動物に重ね合わせる人は少ないのだと思います。

そういった意味では、海外の人は日本人より、現実と作品を重ね合わせて観ているということがわかります。

絶妙な心理描写

続いてみられるのが、『進撃の巨人』を心理劇として観る海外の反応です。

この作品は優れたプロットがフォーカスされるが、それだけじゃない。『進撃の巨人』は心理描写がすぐれているんだ。彼らはただ空虚なぶつかり合いをしているわけじゃない。人間の精神の最も暗い側面を描き出している。全員が最善の行動を取ろうとしているのに、そう思い通りにできないもどかしさ、人間の弱さがよく描かれている。『進撃の巨人』にはヒーローはいない。みんな自分の弱さと戦っているんだ。悪を勇敢に倒していく、そんなヒーローは出てこない。

日本で『進撃の巨人』が人気なのは、おそらくプロットが面白いからだと思います。

伏線と回収が絶妙なのです。

しかし、海外の人はプロットよりも心理描写に関心が向く傾向にあります。

その傾向は、さらにエレンというキャラクターへの関心へと向かっていきます。

ヒーローらしくない主人公エレン

『進撃の巨人』は非常に暗い物語です。特に心臓の悪い方は観ないほうが良いでしょう。この作品のユニークなところは、主人公がめったに戦いに勝利しないことです。エレンはアメリカのヒーローとは全くかけ離れた存在です。しかし、他の作品のようにのっぺりとした存在ではないのです。私達は、エレンの心の叫びに常に心揺さぶられながら物語を追っていくことでしょう。
エレンは伝統的なヒーローではありません。戦闘的には圧倒的に弱く、それがエレンというキャラクターを立体的にしているのです。

アメリカの典型的なヒーロー像とはかけ離れた存在であるエレンという主人公。

海外の反応では、戸惑いつつもエレンという存在に魅力を感じている様子がみてとれます。

このような反応も海外ならではという感じがします。

そのほか、オモシロイと思った反応を取り上げてみました。

面白いのは最初だけ

物語のはじめ、ストーリーの加速的な展開に私は心を踊らせていた。しかし、それもすぐに終わってしまった。ほかのアニメ作品と同じように、すぐに弾薬を使い果たしてしまったようだ。
プロットは面白いんだけど、ストーリーの展開が遅すぎる!

少し否定的な意見ですね。

最初の設定だけで、肝心のストーリーには満足がいかなかったのでしょうか。

オープニングテーマが作品にマッチしている!

最後に初期のオープニングテーマ「紅蓮の弓矢」に関してです。

「紅蓮の弓矢」が最高すぎる!すごいカッコいい!
“Sind sie das Essen?Nein、wir sind derJäger!” このドイツ語のフレーズはおそらく「お前は獲物か?いや、ハンターだ!」という意味だ。このアニメを観た多くの人が知っているフレーズだろう。はじめは意味はわからなかったが、今ならわかるよ。マーレが出てきた今、エレンはまさにマーレ人を狩るハンターだ!

おわりに

いかがだったでしょうか。『進撃の巨人』の海外の反応をまとめてみました。

特に海外ならではという反応を集めてみました。

やはり、菜食主義者の多い海外ならではという感じですが、食物連鎖の頂点に人類以外の存在がいるという設定に関心が集まっていました。

それは作品と現実重ねて観る海外ならでは反応ではないでしょうか。

さらに『進撃の巨人』をプロットの面白さやアクションの凄さではなく、心理描写が優れていると評価しているところ。

ステレオタイプなヒーローとは一味違うエレンの魅力に惹かれている様子もあります。

このようにしてみると、やはり日本と海外では『進撃の巨人』という作品の捉え方も違ってきていますね。

話題のアニメを無料で見る方法

話題のアニメを無料で見る方法はいくつかあります。

その中でも一番簡単で確実なのが、アニメ見放題のサービスの無料期間を利用する方法です。

特に観たいタイトルが決まっている場合は、無料期間でそのタイトルを観てしまえばいいので、かなりお得です。

例えば【dアニメストア】は登録するだけで31日間無料でアニメが見放題になります。

【dアニメストア】オススメする理由は、

・アニメの作品数がNo.1なので、観たいタイトルがきっとある
・たった月に400円
・2.5次元アニメも豊富
・31日間無料でお試しができる

やはり一番のメリットは、作品数がNo.1なので、他のサービスでは観られないタイトルも観ることができるかもしれません。

もちろんdocomoユーザー以外も利用できます!

↓↓↓まずは無理でお試しから↓↓↓

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

コメント

タイトルとURLをコピーしました